2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

トランプ大統領もいよいよ待ったなし、中国に北朝鮮への石油供給ストップを強く要請

北朝鮮がなぜこれだけ強気に動き続けているのか。その理由は、ロシアと中国という後ろ盾があるから。アメリカに対してこの2つの大国は難しい態度を見せています。



 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を再開したのを受け、トランプ米大統領が中国の習近平国家主席に対して石油供給の停止を要求した。

 国連安全保障理事会の決議を無視しつづける北朝鮮には、一段の制裁強化で臨むしかない。その鍵を握るのは、石油の供給源となっている中国である。トランプ氏の要求はしごく妥当なものといえよう。

 中国は米国が軍事的緊張を高めていると批判してきた。だが、石油の供給停止は軍事的解決を回避するためのものだ。中国こそが事態の打開を妨げてきたのであり、その姿勢を転換すべきである。

 中国による石油供給が止まれば、北朝鮮の産業、軍事は先細りとなり、核・ミサイル開発の継続は困難となろう。

 国連安保理の緊急会合では、ヘイリー米国連大使が「2003年には、中国が石油を止めるとすぐに北朝鮮は交渉のテーブルに着いた」と指摘した。

 ヘイリー氏は北朝鮮のICBM発射について「戦争に一歩近づいた」「戦争になれば、北朝鮮の政権は完全に破壊される」といった厳しい認識も一方で示した。

 制裁による圧力を強め、核・ミサイル開発を放棄させる。戦争とは異なる「別の選択肢」とは、そこから見いだすしかあるまい。

via: 【主張】北への石油供給 事態悪化は中国の責任だ(1/2ページ) – 産経ニュース

rdn 4f8f853a177ec トランプ大統領もいよいよ待ったなし、中国に北朝鮮への石油供給ストップを強く要請

 

中国が持つ重い責任

筆者の言うとおり、中国が持つ責任は極めて重いものであると言わざるを得ません。地球規模で北朝鮮が混乱を招いているのは紛れもない事実ですし、特に核兵器を持とうとしていることに関しては多くの非核保有国からするとアンフェアであることこの上ありません。まさにならず者国家の名にふさわしい北朝鮮を、中国のような大国が支援するというのは倫理的にも許されないものがあります。

 

北朝鮮と地続きの中国が支援を続ければ、いくら国際貿易レベルで北朝鮮を封じ込めようとしてもそう簡単にはいきません。物凄い国土と人口を持つ中国ですから。その上、中国だけではなくロシアもまた北朝鮮問題には絡んでいる。この2国が北朝鮮を裏からサポートする限りそう簡単に北朝鮮を本格的に追い詰めることは出来ません。

 

そもそもこの2国がなぜこれほど北朝鮮に肩入れしているのか、という観点から考えてみるとある程度スッキリ構図が見えると思います。彼らの狙いは、アメリカのパワーをくじくことであると私は考えています。

 

アメリカv.s.中ロ

どういうことでしょうか? 環太平洋地域、つまり日本も含んだアジアとアメリカとの間の広範な空間にアメリカは一定程度のパワーを持っています。アメリカ大陸とアジアが遠くはなれていることを考えると恐ろしい制圧力であると言えるでしょう。そしてそれは、中国やロシアのような軍事国家にとっては全く嬉しいことではありません。

 

そう、まるで北朝鮮とアメリカの戦いが緊張を持っているようにも見えますが実際はそんなのは彼我の戦力差がありすぎて勝負にはならない。中国やロシアからすれば、北朝鮮はアメリカと戦うためのコマの一つにすぎないのです。アメリカが北朝鮮に対して、つまりアジアに対してより強い影響力を持つことは大国にとっては全く嬉しくないこと。

 

うまく国際協調しつつも、決して二国の不利益にならない形で今後も交渉を進めていくのでしょうが、それにしたって大国の責任というものが問われると思います。使えるものはならず者国家であっても使うというのは、徹底したリアリズムですが、もし戦闘になれば少なくない人間が死ぬわけですから、人道的な観点からも中国やロシアは北朝鮮の核開発だけは少なくとも早急に止める方向に進むべきだと私は考えます。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る