2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

飲食店は分煙ではなく完全禁煙にしたほうが儲かる??? 

嫌煙家の永江一石氏が主張する「完全禁煙にすると飲食店は儲かる」

嫌煙家の永江一石氏が、分煙ではなく完全禁煙にすると飲食店は儲かる、という研究論文データを引用して飲食店の完全禁煙を強く主張しています。前半はデータに基づいた主張でしたが、後半はドトールがヤニ臭くて云々と半分グチのようになってしまっています。





タバコ議論は宗教戦争

わたしは、タバコに関する議論は宗教戦争のようなものだと思っています。嫌煙家と愛煙家は決して相容れません。犬や猫が好きな人と、嫌い・苦手な人との間の議論も似たようなものでしょう。 思想・信条に近いようなものがあるので、客観的に語ろうとしてもどうしてもバイアスがかかってしまいます。愛煙家の前で、完全禁煙のメリットを説いたとしてもどうにかして反論してこようとする…議論はどうやっても並行線に終わってしまいます。

 

まぁ、今の時流でいくと嫌煙家の方が優勢ですから、必死になってデータを並べてドヤ顔しないでも、徐々に完全禁煙の方向に近づいていくんじゃないでしょうか。

 

タバコのにおいが嫌いだから、完全禁煙にしろ。ここまでは分かります。しかし、本当にタバコが苦手な人は、「ヤニのにおいプンプンするから店に入ってくるな」とグチることもしばしば(実際言われたことあります)。

 

「NONSMOKERS ONLY」は問題になる?

ここまで来たら、浦和レッズの「JAPANESE ONLY」の横断幕に近いなにかを感じてしまいます。「NONSMOKERS ONLY」。これって、飲食店の入り口に掲げたとしたら、問題になるんでしょうか?今の時流だと、そこまで問題にはならない気もします。 ワキガの人お断りってなると、おそらく差別でいけるような気もしますが…

 

わたしは喫煙率が高い田舎に住んでいますので、わたしの周囲に嫌煙家はほとんどいません。中学校の同級生10人と集まったら、10人中10人がタバコ吸っているという幸せな環境の中で生きてきました。公共交通機関で移動するとなかなかタバコが吸えないので、基本自家用車で移動するようにしています。 このまま、嫌煙家と交わらずに生活できたらお互い幸せなんだろうなぁと感じます。実際にはそうもいかないんでしょうけど。

 

都市部なら完全禁煙で儲かるんじゃない?

ところで本題。完全禁煙にすると店は儲かるのか…業種や客層によるとは思いますが、都市部なら儲かるんじゃないでしょうか。 都会に行くと、喫煙所が本当になくて…島を渡り歩くような感覚を味わいます。嫌煙の流れって本当にあるんだなぁと実感して、なかなか戸惑ったものです。 田舎だったら厳しいかなぁとは思います。

 

記事引用

ブロゴス:分煙では無くて完全禁煙にすると飲食店は儲かるの研究論文キター!から引用

面白い研究論文が発表されたようです。朝日新聞の医療サイトです。

《142》 研究:禁煙にすると飲食店の収入は減るか?

この研究は「某ファミリーレストラングループにおける客席禁煙化前後の営業収入の相対変化 未改装店,分煙店の相対変化との比較」(大和浩ら、日本公衆衛生雑誌 2014; 61(3) 130-135)という論文として発表されました。全国に展開するチェーンレストランにおいて、老朽化による改装を行う際に、全席禁煙化した52店舗と、喫煙席を壁と自動ドアで隔離する分煙化を行った17店舗の、改装前後の営業収入を比較しました。疫学で言えば観察研究に相当する研究です。結果は、禁煙化した店舗では営業収入は統計学的に有意に増加したのに対し、分煙化した店舗では有意な変化は認めませんでした。
具体的な数字で言えば、2007年1月を100%として、禁煙化店舗の改装前の1年間の営業収入は81.6%が、改装後の1年間では84.9%になりました。一方で、分煙化店舗では改装前が82.4%が84.1%になりました(増えていますが有意差はなし)。1年間の営業収入で比較しているのは季節性変化を補正するためです。

来たね!!来た来た!!

分煙化ではだめで、禁煙にするとはっきりとした効果がでるわけです。で、わたしのエントリーに書いたロイヤルホストは昨年11月からどうなったのかと調べてみました。もっとも外食産業は気候に大きく左右されるので長期的に見ないとだめなんだが、とりあえず5ヶ月分。

12 飲食店は分煙ではなく完全禁煙にしたほうが儲かる??? 

ロイヤルホストはメニューや業態の建て直しに成功しているらしいので、禁煙の影響だけで売り上げが上がるわけもないのだが、全国的なドカ雪に苦しんだ1月〜2月を除いて前年比プラスであった。欲目で(笑)よかったことにしよう。特に目立つのが客単価の上昇です。メニューの入れ替えもあるんだが、ここらへんに禁煙の影響が出てると思いたい。

禁煙化によって考えられる効果

さて、この研究論文では、禁煙にするとどうして売り上げが上がるのかの理由として

「わが国の成人の喫煙率は19.5%であり非喫煙者の割合の方が大きいこと、とくに,ファミリーレストランは子どもを含む家族連れの利用が多いため,非喫煙者が多く着席できる全席禁煙の店舗のほうが有利であることが考えられる」

と、しているわけですが、わたくしはもちろんこれもあるが、以前から紹介している厚生労働省の調査データによるこの反比例グラフを猛烈に押したい。

2 飲食店は分煙ではなく完全禁煙にしたほうが儲かる??? 

所得が下がるほど喫煙率は上がり、世帯年収200万円以下の男性の37.3%が常時喫煙者なのにたいし、600万円以上になると27%まで減少するという顕著な相関関係が見られるため、煙モクモクの喫煙0Kにすると、タバコを嫌う高収入の人間は去って行くという仮説を打ち立てております(そんなにたいそうなもんか!)。

もっとも喫煙については地域差が大きく、喫煙ベストスリーは青森、和歌山、鳥取(ちなみに飲酒のベストスリーにも青森と鳥取が出現)で、青森県なんざ44.8%も喫煙者がいます。一番喫煙率が少ないのが福井と群馬、熊本で、高年齢者が多い県が喫煙率が高いというのでも無さそうです。東京も少なくて下から6番目。
青森とか鳥取で禁煙の飲み屋にしたら閑古鳥鳴きそうだわ・・・

数ヶ月前、たまたまやむを得ず水道橋のドトールにて打ち合わせをした。なんと大型店なのに全席喫煙OKで、店内はもうもうと煙が立ちこめ、テーブルはヤニ臭が漂う。1時間半いたら鼻の中までタバコの匂いが染みつき、あとでコートもクリーニングに出したほど。客層は競馬新聞持ったよれよれのトレパンの爺さんとか、そういう方々が一杯いて、明らかにスタバとは違う趣であった。ドトールには以後、死んでも行かない。あそこまでとは思ってもいなかった。いまブログを書くのに調べたら閉店していた。祝!

どこもかしこも完全禁煙にしたら客がくるわけではない。ガード下の一杯飲み屋とか、競輪場前の屋台とか、むしろ喫煙大歓迎でしょう。しかし客単価の向上を狙うなら、飲食店に限らず「完全禁煙化」はひとつの有効な手段であるのは間違いないと思われる次第です。そう思ってiTuneストアで「禁煙を探す」というのを検索して見ましたら、ひとつもございません。Google Playでも「禁煙 探す」で出てきません。出てくるのは禁煙するためのアプリばっかり。

どなたか「近くの完全禁煙のレストランとかカフェを探す」っていうアプリ創りませんか??
自分なら月100円くらい課金されても使うよ、マジで。いい客が来るから広告も入りやすいよ。

こういうサービスがあると教えてもらいましたけどスマホ対応してないし、アプリも無い・・・どこか投資してあげなさいよ。将来花開くかもよ。と無責任に言ってみたり。

 

via: 分煙では無くて完全禁煙にすると飲食店は儲かるの研究論文キター!

 

関連記事

 

3769defcfc537fd81458362ba438317b 飲食店は分煙ではなく完全禁煙にしたほうが儲かる??? 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 4月 13日

    喫煙者だけど、飲食店の禁煙に賛成!

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る