2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「ジャングルで一番クールな猿」と書かれた服を着た黒人少年モデルは差別か

最近差別問題がどんどんニュースを騒がせていますが、今回は海外のケースです。黒人少年モデルが着るパーカーに書かれた「ジャングルで一番クールな猿」は差別なのか?



【1月14日 AFP】黒人の少年をモデルに起用したスウェーデンのアパレル大手「へネス・アンド・マウリッツ(H&M)」の広告が人種差別的だと非難されている問題で、南アフリカでは13日、抗議する人々がヨハネスブルク(Johannesburg)および近郊のH&M店舗に押しかけ、一部では店舗を荒らしたり商品を略奪したりしたため警察が制圧に乗り出す事態となった。

 問題となっているのはH&Mがウェブサイトに掲載した「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE(ジャングルで一番クールなサル)」とプリントされた緑色のパーカーを着た黒人少年モデルの写真。これにソーシャルメディアを通じて世界規模で怒りが広がった。

 これを受けてH&Mはこの写真を削除したが、南アフリカでは野党「経済的解放の闘士(EFF)」の主導でヨハネスブルクおよび周辺の複数のH&M店舗をターゲットにした抗議デモが行われた。

 南アフリカ警察は、ヨハネスブルク周辺の複数のH&M店舗で抗議デモがあり一部でデモ隊が店舗に侵入して略奪が発生したため警官隊が介入しゴム弾での制圧を余儀なくされたと、ツイッター(Twitter)で明らかにした。

 動画には、一部の店舗でデモ隊が陳列された商品を手当たり次第に荒らしたり、ハンガーラックを壊したり、マネキンを倒したりする様子が捉えられている。

 EFFのフロイド・シバンブ(Floyd Shivambu)氏はツイッターで「あの愚かな服屋(H&M)は今、自らの人種差別の報いを受けているのだ。理性ある人間なら誰でもH&Mに南アフリカ国内での営業を許すべきではないということに同意するだろう」と投稿し、H&Mに対する抗議行動を正当化した。

 EFFは与党・アフリカ民族会議(ANC)を除名された元ANC青年同盟指導者が立ち上げた急進左派政党。

 

via: H&Mの黒人差別広告、南アで抗議デモ 一部店舗で略奪も 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

h and m ad 「ジャングルで一番クールな猿」と書かれた服を着た黒人少年モデルは差別か

服を略奪する正当性は無いだろ

正直、今回のニュースを読んで一番最初に抱いた感想はこれです。「いや、差別に対して怒るのはまだわかるとして、暴動を起こしたくなるのもまあわかるとして、そんな憎い店の商品を略奪するなよ」というものです。

 

今回の事件が差別的かどうかということとは全く別次元の話になりますが、これは完全に服欲しくてやっている人たちが少なくないでしょう。こういう人たちがいる限り、それって差別を利用して自分達の欲求を満たしているだけじゃないのと言われてしまっても仕方がない。

 

仮にこういう人たちはごく一部で、ほとんどの人は差別に怒っているんだとそのように主張するのならば、この強奪した人たちを仲間内でちゃんと処罰するなり警察に突き出すなりして欲しいですよね。それが無いなら、もう強盗と全然変わらないじゃないですか。

 

反差別を名乗るのは自由ですが、そのために一部犯罪を犯すことがあってもいいかもしれませんが、その商品や企業が気に食わないならその商品や企業のものを自分のものにしてはダメでしょう。非常にがっかりするニュースですね。

 

今回の事件は差別なのか

これについてはもちろん議論が別れるでしょうが、私は差別だとは考えていません。なぜなら、何か強制力を持って誰かの行為や自由を制限したわけではないからです。もちろん配慮が足りなかったなとは強く感じます。もっとうまくやる方法もあれば、違うメッセージであっても構わないものだったでしょう。

 

しかし、南アフリカと言えば人種隔離政策などがあった国、歴史的にも黒人差別についてはかなり神経質であっても何らおかしくはなく、そのような国でわざわざ今回のようなマーケティングをするのは完全に悪手であり、失敗と言わざるを得ません。

 

差別ではないが、企業の戦略としては大失敗だった。というのが私の結論です。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る