キジトラ速報

「CrowdWorksで20万以上稼いでいるのが111人しかいない件について私の見解」-マイナスからはじめるクラウドワーキング 番外編
2016/03/11 20:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 皆様いかがお過ごしでしょうか?今回はいつもと趣向を変えて時事ネタに食いついてみようかと思います!これはあくまでも私の個人的な意見です。が、そこにはステマも無ければ嘘偽りもありませんので、一応参考にしてみてください。

     



    CWで20万稼ぐのって難しいの?

    まずは下の記事をご覧ください。

     

     「CrowdWorksで20万以上稼いでいるのが111人しかいない件について私の見解」 マイナスからはじめるクラウドワーキング 番外編 在宅だけで稼げる? クラウドワーカーは「ブラック」か「福音」か | THE PAGE(ザ・ページ)

     

    クラウドワーキング、それもスキルのいらない仕事で月20万稼ぐ自信があるか?と聞かれたら、私は一応YESと答えるでしょう。

    ただし、1日12時間程度、フル稼動すれば、の話ですが。

    私は現在Lancers+CrowdWorksで一日1,2時間程度のルーティンワークを行い、月7~8万程度のお小遣いを貰っています(サイト外でのやり取りを含めるともうちょっとあります)。下手ながら記事を書いたり、写真撮影をしたり、レビューをしたり.etc、本業の自営業をこなしながら、こちらは半分趣味として楽しく仕事をしています。

     

    CWkiji1 「CrowdWorksで20万以上稼いでいるのが111人しかいない件について私の見解」 マイナスからはじめるクラウドワーキング 番外編

     

    なぜ私はこの程度で抑えているか、というと、簡単な話、本業の方がずっと儲かるからです。結局の所、クラウドワーキング、特に私のように、スキルを生かさずにクラウドで働いている人間にとって、クラウドワーキングは時間をお金に変える手段としては有効ではあるのですが、本腰を入れてがんばる程の物ではないという事です。

     

    111人という数字について

    正直な所CrowdWorksはこの数字をよく出したな!という感想です。ワーカーから見たらかなりリアリティのある数字です。そもそも80万人のワーカーがいる、と謳っている業界大手のCrowdworksですが、その中で実働してるワーカーなんて20万いればいい方じゃないか?と思っています。

    この20万人の中で月に1万以上稼いでる人は多く見積もっても3万人程度ではないかな、と。

    これらの数字はほぼ憶測ですが、ワーカー目線的にはこのぐらいが妥当じゃないかと踏んでいます。

     

    絶望的なワーカーの質

    私が初めてタスク以外でクライアントさんとの契約を取った時に、相手方がかなり喜んでくれた事を覚えています。応募条件に合言葉のような物を設定してあり、それをメッセージで送ってください、という簡単な決め事をこなしただけなのですが、クライアントさん曰くそんな単純な決め事でも、しっかりこなしたのは応募者の半分程度、との事でした。

    CrowdWorksのワーカーは問題がある人が多く、例えばライターで言えば、「他人と意思の疎通ができ、レギュレーションをしっかり読む事ができ、ブラインドタッチができ、最低限の文章力があり、バックれず、3ヶ月程度しっかり働いてくれるライター」は本当に貴重な存在です。が、リアルの基準で言えば、高校生のアルバイトですらこのレベルの基準は求められますよね?つまりはそういう事です。

    実際クライアント側に回り、CrowdWorksで契約したワーカーさんを統率していた事もあるのですが、文章レベルが稚拙、なんてのは問題にならないぐらい(私ですら問題にならなかった訳ですから。笑)レベルが低く、コミュニケーションすらまともに取れず、提出物はコピー&ペーストのオンパレード(コピペを除去し切れず、コピペ元から訴訟を起こされたという話は業界内でもよく聞きます)、納期直前の仕事のキャンセルならまだいい方で、バックレなんて日常茶飯事、小学生が年齢を偽って混ざりこんでた事すらあります。

    そんな意識が低いワーカーがそれはもう沢山いるんです。

    その割に文句は多く、給料の請求だけは、しっかりとした文章できっちりするんだから人間ってがめついな!と思ってしまいました。笑

     

    逃げ出すクラアント

    クライアント側もはじめはそれなりに期待して発注をするのですが、余りの仕事の質の低さにまずはヒキます。ここから、良ワーカーを集めるまで頑張っているクライアントも一応いるにはいるのですが、大体はさっさと撤退したり、 スカウトして引き抜いたり、どうでもいい仕事しか回さない、といった形にシフトします。

    スキルがあるワーカーならまだしも、スキルも信用もないワーカーに任せられる仕事なんてたかが知れていますし、それにかけるコストも、それはもう絶望的な感じになってしまいます。

    普通のクライアントとワーカーはさっさと手を握って脱出をし、ダンピングとワーカーの質の低下の負のスパイラルに巻き込まれる、というのがクラウドワーキングサイトの未来かも知れません。キュレーションサイトブームが去ったら危ないクラウドソーシングサイトも結構出てきそうな雰囲気を最近ではビシバシ感じるようになりました。

     

    まとめましょうか

    ちょっと話が脇道に反れてしまいましたね。とどのつまりはこういう事です。

     

    • ・クラウドワーキングは副業やお小遣い稼ぎにはいいけど、本腰を入れて頑張る価値があるか、考える必要はある。
    • ・コミュニケーションがしっかり取れ、当たり前の事ができる人間であれば、それほど絶望的な結果にはならない。
    • ・でもそんな「当たり前」ができる人は外で稼いだほうが早い。
    • ・クラウドワーキングサイトのダンピングとワーカーの質の負のスパイラルは今後悪化する可能性がある。

     結局の所、クラウドでの仕事のメリットって賃金をある程度犠牲にする代わりに、一切家を出ずに、人と顔を合わせずに稼げる事が一番大きいと思ってます。

    動画でも見ながらダラダラと時給800円程度稼げるようになったら貴方も立派なクラウドワーカーと言えるでしょう。

     

    今後のクラウドワーキングの参考になれば幸いです。



    カテゴリー くまきち マイナスから始めるクラウドワーキング

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ