2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ゆとり教育で筆記体を習わない子どもたち-高学歴には必要

ゆとり教育になってから教えられなくなった英語の筆記体。一部の私立高校は教えているそうですが、それでもせいぜい1コマでさっと教える程度のようです。今の時代、もはや筆記体は覚える必要がないのでしょうか。



ブロック体と呼ばれるA、B、C……。楷書体あるいは活字体とも言い、よく目にするアルファベットです。アルファベットにはブロック体のほかに、筆記体もあることは周知のとおりです。 筆記体は近頃、見かける機会がめっきり少なくなりました。学校でも教えていません。いわゆるゆとり教育の一環として15年ほど前に学習指導要領から消えたためです。 脱ゆとり教育へと方針変更された2002年にも他の項目が復活するなかで、筆記体が復活することはありませんでした。「アルファベットの活字体の大文字及び小文字」を教えればいいということになっています(学習指導要領)。 via ゆとり教育で消えた筆記体、不都合は何ひとつないのか

capital 2 ゆとり教育で筆記体を習わない子どもたち 高学歴には必要

 

筆記体を覚える必要はあるのか

スラスラと滑らかに続くアルファベット。ブロック体のように一文字ずつ離れていない分、書くスピードも早く見た目もなんとなく美しい気がする筆記体。いまではすっかり学校では教えられなくなってしまいました。

 

実際のところ、筆記体のメリットとはどこにあるのか。書くのが早いというのはシンプルで良い理由ですし、恰好良いというのもわからないではありません(特にサインでは必ず用いられるので)。しかし、英語を早く書く必要に迫られることもあまり無いし、サインを書く必要もありません。では、日本人には筆記体は必要ないのでしょうか?

 

更にはインターネットの存在が筆記体の必要のなさを促進させています。もはやキーボードで英文を読み書きする時代ですし、そのときには自動でスペルチェックまでしてくれます。実際このせいで英語圏の若者のスペルミスが増えているそうです。覚える必要がなくなっているので当然です。(英語はスペルと発音がズレやすい言語であるというのも一因でしょうが)

 

私は、ほとんどの人間には必要ないと考えていますが一部の人間には必要だと考えています。つまり義務教育でやるほどではないが、高偏差値の高校では教えておいた方が良いということです。なぜでしょうか。

 

筆記体というのは、欧米で暮らすならかなりの割合で目にするからというのが理由です。書けなくても構いませんが、読める必要はあるのです。例えばレストランの中で、黒板に書かれたようなその日限定のメニューなどはほぼ確実に筆記体で書かれます。電車が止まったときにホワイトボードで殴り書きされるのも筆記体が多いです。

 

つまり、海外に行かないでパソコン上などで英語に触れるくらいの場合だとブロック体がほとんどなので読むことに困らないのですが、海外に滞在するとなると筆記体を読む必要に迫られることが非常に多いのです。読めないと本当に困るので、読める様になる必要があります。

 

ただ筆記体は人によってかなり癖があって読みづらいのも事実で、よく友人も「正直自分のノートは自分しか読めないと思う」と言っていました。日本人でもそういうことを言う人は少なくないと思いますが、殴り書きの感覚にも近いので感覚としては近いのでしょう。もちろん上手に書く人はいるし、その場合は読みやすいと思います。

 

そんなわけで、筆記体は全員が知るほどのものではないが、海外に滞在するような人にとっては非常に有用なものです。そういう生活を目指す人、あるいはその可能性が高い人は学んでおいた方が良いでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る