2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

開く地方と都心との格差、首都圏校卒ばかりの都心大学

地方の高校生が都心の大学に進学する、という1つの逆転物語がどんどんその数を減らしているようです。それがどんな社会を生むのか、検討してみましょう。

 

東京大など東京都内の有名5大学で、今春の入試合格者の75~55%を首都圏の高校出身者が占め、30年間で約1・4倍に増えていることがわかった。下宿生の経済負担増などが背景にあるとみられる。地方出身者の東京離れを食い止めようと、大学側は奨学金新設などの対策を始めている。

via: 都内有名大、増える首都圏高卒 30年間で1.4倍に:朝日新聞デジタル





そもそも問題なの?

記事が言っていることは、要するに田舎の高校を出て都心の大学に進学する割合が下がっていることを示しています。都心の高校を卒業した学生が大学に占める割合が大きくなっています。 でもそれはそもそも問題なのでしょうか? それはもちろん立場によって異なります。地方の大学からしたら、若者が都心に出ずに地方に残ってくれることは労働力の観点、学校経営の観点などからベターなことでしょう。 しかし、その状態が続くことで何が起きるのか、そしてこの状況が起きている裏にある事情とはどんなものなのでしょうか?

 

そもそも、なぜ都心に行かないのか

こういった事象にはいつも複数の要因が絡み合っているので、「これが唯一の原因です」と示すことは殆ど不可能です。しかし、重要な要因の1つが「仕送り額の激減」からも見て取れるように思います。

 

 開く地方と都心との格差、首都圏校卒ばかりの都心大学 大学種類別仕送り額の推移をグラフ化してみる(2016年)(最新) – ガベージニュース

 

平均で2-3万円、仕送り額は下がってきています。親の経済事情の悪化から、都心に気軽に行かせられなくなっているように感じます。お金がかかるから地元の大学へ実家から通う、というパターンですね。 他にもいくつか理由は考えられますが、今回はこの「親の経済事情」を取り上げました。記事でも対応策として取り上げられているのは奨学金の新設ですよね。これは喫緊の課題(大学の、というよりは日本の)でしょう。

024 02 開く地方と都心との格差、首都圏校卒ばかりの都心大学

これの、何が問題なのか?

シンプルな解答を提示するなら、「格差が固定化する」からというのが答えになります。田舎から都心の大学に出ることのメリットは色々ありますが、地方に残った場合と都心の大学に出た場合では就職先に大きな違いが発生します。 インターン1つ取っても、就活のしやすさを1つ取っても、都心にいる場合とそうでない場合ではあまりに労力が異なります。私の知り合いでも、就活のための交通費だけで50万円以上飛んだと言っていた人もいました。これでは就活に余裕を持って取り組むことはほとんど不可能でしょう。 就職先が異なれば、次にわかりやすく違いを生むのが収入でしょう。収入が低くなれば、必然子どもに使えるお金も少なくなります。先ほどの仕送り額の変遷を見てもわかることです。 そうすると、都心に出られなかった人の子どももまた、都心に出づらい環境が生まれます。その格差が固着してしまうことこそが、この記事で一番怖いところなのだと私は考えます。

 

まとめ

受けた教育というのは、子どもの生涯年収に強い相関性を持っています。国によっては、親の年収と子どもの教育レベルがあまり関係のないところもあります。カナダや北欧です。そういった国は富の再分配機能が強いため、親の収入が高くなくとも子どもの収入が高いということはよくあります。 収入に直結する教育レベルというものが、親の収入に依存しなくて済むからです。そして、このような例を出すということは、日本はそんな風にはなっていないということです。 これは価値観の問題です。金持ちの子供は金持ちになり、貧しい人の子どもは貧しくなる。それは世の中の真理ではありません。富の再分配の問題です。このような状況は変えることが出来ます。しかし、日本の未来は今のところそちらには向いていないようです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る