2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「大学無償化」は誰のためにもならないから辞めたほうが良い

総選挙に伴って、大学無償化がにわかに重要な論点として上がってきています。しかし、大学無償化なんて今の日本でやっても良いことなど全然ありません。そんなことより企業は高卒を取りなさい。



 衆院選の争点として、教育無償化が急浮上している。しかし、大学などの高等教育に対しては「質の低下が懸念される」「自己投資の側面が大きい高等教育の費用を税金で賄うのは公平性に欠ける」などの反対意見も聞かれる。全国の私大のうち4割が、赤字経営とも言われる状況の中、大学無償化は必要なのか。8月下旬に「大学大倒産時代」(朝日新書)を刊行し、延べ300校の大学を直接取材してきた教育ジャーナリストの木村誠さん(73)に聞いた。 教育無償化は大学を救うことにはならない 「大学無償化によって逆に淘汰が進む可能性がある」と指摘する木村さん  ━━「大学大倒産時代」では、18歳人口の減少により、大学進学率が現在の52%のまま推移すれば14年後には10万人の受験生が減ることになり、入学定員1000人規模の中堅大学が100校消滅する計算になる、としています。大学無償化を行えばそういった大学を救済することにつながるでしょうか  ならないと思います。大学無償化は一時的なカンフル注射になると思いますが、長期的に見たら、却って大学を窮地に追いやる可能性もあるのです。私立高校では実際に授業料の無償化によって、運営難になる学校法人が出てきています。私立高校はこれまで授業料を自由に設定できました。しかし、公的に補填されることによって、経営の自由度が下がっている。ある程度規制されるようになったため、授業料の値上げも簡単にはできないし、付属の大学の運営に費用を回すといったことも難しくなりました。ですので、高校主体の学校法人が運営する大学に悪影響がでています。

 

「大学大倒産時代」の著者に聞く━━大学無償化は本当に必要?

20170925 00000011 wordleaf 0a086a162624bd51fe9db75940c98c8a9 「大学無償化」は誰のためにもならないから辞めたほうが良い

 

話の筋が悪すぎる

この記事を読んで驚きました。大学の無償化が大学経営にとってどんな意味を持つのか? そんな視点はまるでこの問題を理解していないとしか言い様がありません。大学はどうせこのまま行くと間違いなく淘汰されていきます。減ります。なぜなら若者が減るからです。

 

ここはもう確実なことであって、それを政府のお金でなんらか支援したとしても同じことです。敢えて論点を設定するなら、地方の大学は残していかなくてはならないということです。都心に出てくることは難しくとも学びたい人のために、公立大学を地方においておくことは有意義です。

 

しかし、意味もなく増やしまくってまともに大学レベルの教育もしないような学校はどんどん淘汰されるし、淘汰されるべきだと思います。そもそも大卒としての価値もないような大学ですから。

 

大卒の価値の無い大卒

とても厳しい言葉のようですが、多くの大学は非常にレベルが低く、まともに大学レベルの教育などしていません。正確には学生のレベルが低すぎて出来ないのです。名前を書いたら受かるような大学で、大学レベルの教育など出来るわけもありませんから。

 

多くの場合、学生も勉強がしたくて入ってくるわけではありません。なんとなくまだ学生でいたいとか、一応大卒にはなっておこうということで大学に入るわけですね。こんなのが大卒になっても誰のためにもならないことは明らかです。

 

しかしながら、就職のために大学に行くことが少しでも意味があるというのは事実です。しかし、大卒の4割近くが非正規雇用で採用される中、それがどれほど大事な事実なのかは疑問が残ります。

 

とにかく企業は高卒を取れ

私はこの手の問題について、常に繰り返していることがあります。それは、企業はもっと高卒を取れということです。就職するために、仕方なく大学に行ってどうするのか。その仕方ない学生向けに作られた極めてレベルの低い大学なんてあっても何の意味もありません。いたずらに大卒をふやしたところで、社会は別に良くなりません。

 

企業は、もっと明確な姿勢を出すべきです。レベルの低い大学の卒業生を取るくらいなら高卒を取ると。最初の4年間くらい大卒よりも安い給料で雇用して、その間にたっぷり教育をしたらいいでしょう。変に大学で遊びまくったバカ大学生を雇うよりずっとマシだと思います。

 

そしてこれは決して学力が低い学生にとって悪い話ではないはずです。別に面白くもない授業のために大学に行って、一応大卒になったけど大して良い企業に入れるわけでもなし。良いことなんてなにもない。ただイタズラに学費を払って、その学費でクソみたいな授業をしている大学が「生き残る」ことが出来る。こんな大学、潰れて良いに決まっているでしょう。

 

ただし、もちろん全国に教育を受ける場所はあってよい。だからこそ公立大学は、全都道府県に一つずつはあるべきでしょう。学びのアクセスは確保しつつ、勉強したくない人はさっさと高卒で働けるようになるのが良いはずです。

 

とにかく企業がさっさとこの姿勢を改善することが、最も重要な改革になるでしょう。早いところ決断して欲しいところです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2017年 10月 20日

    留学生や在留外国人を対象外にするなら許せる。

    • キジトラさん
    • 2017年 10月 20日

    なんだただの高卒の僻みか

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る