2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

発達障害の大学生、売り手市場でも就活振るわず…大学が対策を加速化

発達障害認定を受けることによって客観的に自分の課題を見つけることができれば、それに対応はできるようになる。病名がなかった頃よりも社会は柔軟に対応する時代だ。



発達障害の大学生、「売り手市場」でも面接つまずき…大学が就活支援

vai 読売新聞

大学に入学する発達障害の学生を対象に開かれた「大学生活準備プログラム」(3月、大阪府豊中市の大阪大で)

 就職活動に臨む発達障害のある大学生を支援しようと、大学が力を入れている。学生優位の「売り手市場」でも、就職につまずくケースが目立つためだ。社会福祉法人と連携して学生に自己分析と進路の選択を促すプログラムを実施したり、企業とともにインターンシップ(就業体験)を企画したりし、能力を生かせる就職につなげようと取り組む。

自己分析指導やインターン…じっくり準備

 兵庫県西宮市の関西学院大で5月中旬、発達障害のある学生3人が、自分の性格や行動をシートに書き込み、カウンセラーとともに分析した。2年生以上が対象の「プレキャリア教育支援プログラム」。3年生から本格化する就職活動に備え、自分を客観的に把握し、どんな仕事が向いているかを考えるのが狙いだ。

 同大学では、発達障害の診断を受け、大学側に支援を求める学生は41人と、3年前の1・5倍に増えた。柔軟な判断が苦手な傾向があり、就活の面接で想定外の質問をされて一言も答えられないという事例もあった。就活での失敗を機に、大学に来なくなる学生もいるという。

 このため、同大学は障害者の就労を支援する社会福祉法人と協力し、3年生以上を対象にしたキャリア教育支援プログラムを2015年度に導入。16年度には2年生以上向けのプログラムも始めた。今年度から同法人の専門職員が週3日、学内で学生の相談に応じている。今春卒業した5人のうち4人が就職、今年も6人が就活中だ。

 大学図書館で図書整理などの仕事をするインターンシップを今月予定しており、先月28日、障害学生の支援を担当する臨床心理士の西岡 崇弘たかひろ さん(31)らが進め方を協議。西岡さんは「職場でどんな配慮があればどんな強みを発揮できるのか、自分で伝えられる力をつけてほしい。それが就職の第一歩になる」と話す。

 

売り手市場でも駄目な学生たち

なんとも悲しい話ですが、それなりにレベルの高い大学ですら、発達障害の学生はやはり就活が厳しいようです。しかし、そもそもこれはきっと現代に限った話ではないでしょう。あなたの周りでもいい大学を出たのに就職にうまくいかなかった人は少なくないのでは。もしかしたら彼らは誰にも診断されなかったけれども、発達障害だったのかもしれません。とすると、発達障害として認定された上で対応することができているいまの時代の若者はまだマシなのかもしれません。

 

売り手市場、いまは間違いなく売り手市場です。数年前のプチ氷河期と比べたらずいぶんマシになりました。また、もちろん本格的な就職氷河期とは比べ物にならないほどマシな状態であります。とはいえ派遣やブラック労働に代表されるように、正社員になったからといっても素晴らしい労働環境が与えられるというわけではもちろんありません。

 

発達障害を持っている人たちがどのように雇用に進んでいくのかというのは大事な問題ですが、大学がそれを全面的にサポートするというのは、本当に社会における大学の立ち位置が不思議だなと思わざるを得ません。大学はあくまで研究や学習の場であって、就職支援学校というわけではありません。まあ仕方ないんですが、不思議な感じがします。

 

失敗が辛い社会

しかし非常に大事なことですが、発達障害であろうとなんであろうと今の日本において就職を失敗するのはかなり辛いものがあります。いま新卒至上主義ですからもし最初の段階で失敗したらその後の人生でもろもろ取り返すのはかなり大変です。だからこそ、発達障害なら障害で全然構わないので、そういう自分と向き合って、得意不得意を認識した上で、得意を伸ばして苦手を補う。そういう態度が大切だと思います。

 

自分がどんなものにラベリングされるかなんて、人生あと80年くらいあると考えればたいした問題ではありません。つまり、そこからどうするかが大事なわけです。問題がある、だから駄目ではない。問題がある、でも対処しない、そうなると辛いということです。問題がある、それを理解して適切な対策をする。それが、発達障害のみならずあらゆる欠点において共通して言えることでしょう。

 

この社会で生きていくのは大変なことではありますが、決して不可能なことではありません。みなそれなりに欠陥や失敗や不幸を抱えながらなんとかかんとか生きています。大学のサポートなどが受けられるのもラッキーな時代であるのは間違いないので、気落ちしすぎず前を向いて行けたらよいなと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る