2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ディズニーランド(オリエンタルランド)はブラック企業?キャストとの間に労使間対立が発生 

ディズニーランド崩壊

「夢の国」といえば、東京ディズニーリゾート(ディズニーランドやディズニーシー)。わたしは高校の修学旅行のときに1回行っただけなのですが、大好きな人は本当に好きで年に何回も行くとかいう話を聞いたことがあります。

 

そんな夢の国が崩壊しつつあるとかなんとかいう記事を発見しました。



従業員との労使間対立

東京ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドと、そこで働いている従業員(キャスト)たちの間に労使間対立が起きているんだとかなんとか…。ソースの記事は、従業員側(オリエンタルランド・ユニオン)の意見に偏った記述のようで、オリエンタルランド側の反論などはあまり書かれていませんが… この記事が本当だとしたら、「ディズニーランド」がワタミに匹敵するようなブラック企業としてネット上などで叩かれていく可能性があるかもしれません。

 

ディズニーリゾートでは、行列が異常なほどに膨れ上がったり、熱中症で倒れるキャストが続出したり、飲食店が混雑しすぎて立ち食いするお客さんが出たり…「混乱」が起きて、客からのクレームも増えているようです。

 

で、ユニオン側(キャスト側)は、オリエンタルランドが経費・人員を削りすぎているのが悪いと指摘。

 

雇用ではなく請負

この主張に対して、オリエンタルランド側は、「そもそも、キャストは請負業者に雇われているだけで、オリエンタルランドとキャストとの間には労働契約・雇用関係は存在しない」と主張しています。雇用ではなく請負だって主張は、最近のブラック企業の常とう手段になっていて、すき家(ゼンショー)も業務委託契約だから云々と労働者側の団体交渉をつっぱねています。

 

雇用関係が存在するかどうか(キャストに労働者性が認められるかどうか)は、契約の形だけではなく業務の実態なども勘案して総合的に判断されます。

 

 

  • ・指揮監督下に入っているかどうか(仕事の指示に対して許諾の自由があるかどうか)
  • ・拘束性があるか(場所や時間などが管理されているか)
  • ・報酬の体系

 

 

などなど…

 

どうも記事を読む限りでは、オリエンタルランドの場合には、労働者性が認められるんじゃないかなぁと思うんですが… 最悪裁判での争いにまで発展する可能性もあるかもしれません。ネットなどで「ブラック企業」だと認定された企業は、イメージ・ブランド力の低下に悩まされ続けるような時代です。夢の国が崩壊しないためにも、オリエンタルランドの経営者は冷静かつ適切な判断を下してもらいたいものです。

 

記事引用

夏休みとなれば、多くの観光客(ゲスト)が押し寄せる東京ディズニーリゾート。

 

 この東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドから今年3月31日~4月6日に解雇された従業員(キャスト)が、オリエンタルランド・ユニオン(以下、ユニオン)を結成。現在、オリエンタルランドに対し、労働環境の改善を要望している。

 しかし、オリエンタルランドは「ユニオンに加入するキャストたちは『請負業者』との間に雇用関係があるにすぎず、オリエンタルランドは『請負業者』と請負契約を結んでいる『注文主』であり、キャストたちの『使用者』ではない」と主張し、団体交渉を拒否している。6月27日に開催された株主総会でも、株主から出たユニオンに関する質問に対して「明確な回答は出なかった」(ユニオン)という。

「私たちは、自分たちの雇用問題だけではなく、キャスト全体の労働環境の改善を要求しています。これからの夏に向けてゲストがたくさんいらっしゃる時期になりますが、会社側はなんら労働環境を改善しようとしていません。このために、キャストの厳しい労働環境がさらに過酷なことになっています。キャストの心中は笑顔ではないのに、どうしてゲストの皆さんを笑顔にすることができるのでしょうか」(同)

 夏本番を前に、オリエンタルランドは大量に広告出稿を行い、マスメディアからは「夏のディズニーリゾートのおすすめツアーガイド」が宣伝されるだろう。しかし、「夢の国」では、そこかしこにブラックな労働環境が隠れているのが実態だ。

●ディズニーリゾートのブラックな実態

 今回は、ユニオンへの取材を基にした夏のディズニーリゾートにおけるあきれた実態を紹介していきたい。

 まずは、夏休み名物ともなっている、異常な待ち時間の長さという問題を見ていきたい。

 3時間待ちは当たり前のビッグサンダー・マウンテン、スプラッシュ・マウンテン、ミート・ミッキー……こうした人気アトラクションは、なぜ行列がなくならないのか。背景には、オリエンタルランドの“ゲスト入れすぎ”問題がある。

「夏休みは入場制限をほとんどしませんが、実はゲストを入れすぎなのです。それは入場料収入が欲しいからにほかなりません。営利企業だから仕方ないとしても、それならば、1つのアトラクションにゲストが集中することの弊害を見直すことが企業側には必要でしょう。5分で入れるような行列の少ないアトラクションを魅力あるものに改良するなどして、待ち時間を平準化する方策は取れるはずです」(同)

 夏休みとなれば、ファミリーで並ぶために、行列はさらに長くなる。

「以前は、行列があれば待ち時間も楽しくするためにアトモス(アトモスフィア・ショー)がありましたが、現在は『エンターテインメント・ショー製作費』が大きく削られて(2009年3月期は154億円だったが、14年3月期では55億円と、ほぼ3分の1にまで削減)、ほとんど行われなくなりました。ゲストは、ただただ待たされるのみです。例えば、本来ビッグサンダー・マウンテン周辺は、キャラクターが登場してゲストが写真を一緒に撮ることのできる『グリーティング』が行われるエリアなのですが、あまりに行列が長くなりすぎて危険だと、グリーティングを中止することもしばしばです」(同)

 

via: ディズニーリゾート崩壊?異常な行列、次々倒れるキャスト、大混乱の飲食店に客がクレーム(1/2) | ビジネスジャーナル

 

労働者性の判断基準

労働者性の判断にあたっては、労務提供の形態や報酬の対償性およびこれらに関連する諸要素を勘案して総合的に判断することが必要です。

労働基準法研究会報告「労働基準法の『労働者』の判断基準について」(昭和60.12.19)は、次のように整理しています。

 

「使用従属性」に関する判断基準

 

「指揮監督下の労働」に関する判断基準

 

仕事の依頼、従事業務の指示等に対する許諾の自由の有無

「使用者」の具体的な仕事の依頼、業務従事の指示等に関して許諾の自由を有していれば、指揮監督関係を否定する重要な要素になる。

これを拒否する自由を有しない場合は、一応、指揮監督関係を推認させる重要な要素となる。

ただし、その場合には、その事実関係だけでなく、契約内容等も勘案する必要がある。

 

業務遂行上の指揮監督の有無

a 業務の内容及び遂行方法に対する指揮命令の有無

業務の内容及び遂行方法について「使用者」の具体的な指揮命令を受けていることは、指揮監督関係の基本的かつ重要な要素である。

しかし、通常注文が行う程度の指示等にとどまる場合には、指揮監督を受けているとはいえない。

b その他

「使用者」の命令、依頼等により通常予定されている業務以外の業務に従事することがある場合には、「使用者」の一般的な指揮監督を受けているとの判断を補強する重要な要素となる。

 

拘束性の有無

勤務場所及び勤務時間が指定され、管理されていることは、一般的には指揮監督関係の基本的な要素である。

しかし業務の性質、安全を確保する必要等から必然的に勤務場所及び勤務時間が指定される場合があり、当該指定が業務の性質等によるものか、業務の遂行を指揮命令する必要によるものかを見極める必要がある。

 

代替性の有無 指揮監督関係の判断を補強する要素

本人に代わって他の者が労務を提供することが認められていること、また、本人が自らの判断によって補助者を使うことが認められていることなど、労務提供の代替性が認められている場合には、指揮監督関係を否定する要素のひとつになる。

 

報酬の労務対償性に関する判断基準

 

報酬が「賃金」であるか否かによって「使用従属性」を判断することはできないが、

  • 報酬が時間給を基礎として計算される等労働の結果による較差が少ない、
  • 欠勤した場合には応分の報酬が控除され、
  • いわゆる残業をした場合には通常の報酬とは別の手当が支給される等報酬の性格が使用者の指揮監督のもとに一定時間労務を提供していることに対する対価と判断される

場合には、「使用従属性」を補強することとなる。

 

「労働者性」の判断を補強する要素

 

(1)事業者性の有無

 

機械、器具の負担関係

本人が所有する機械、器具が著しく高価な場合には自らの計算と危険負担に基づいて事業経営を行う「事業者」としての性格が強く、「労働者性」を弱める要素となる。

 

報酬の額

報酬の額が当該企業において同様の業務に従事している正規従業員に対して著しく高価である場合には、当該報酬は、自らの計算と危険負担に基づいて事業経営を行う「事業者」に対する代金の支払いと認められ、その結果、「労働者性」を弱める要素となる。

 

その他

裁判例においては、業務遂行上の損害に対する責任を負う、独自の商号使用を認められている等の点を「事業者」としての性格を補強する要素としているものがある。

 

(2)専属性の程度

他社の業務に従事することが制度上制約され、また、時間的余裕がなく事実上困難である場合には、専属性の程度が高く、いわゆる経済的に当該企業に従属していると考えられ、「労働者性」を補強する必要のひとつと考えて差し支えない。

報酬に固定給部分がある、業務の配分等により事実上固定給となっている、その額も生計を維持し得る程度のものである等報酬に生活保障的な要素が強いと認められる場合には、「労働者性」を補強する必要のひとつと考えて差し支えない。

 

(3)その他

裁判例においては、

  • 採用、委託等の際の選考過程が正規従業員の採用の場合とほとんど同様であること、
  • 報酬について給与所得として源泉徴収を行っていること、
  • 労働保険の適用対象としていること、
  • 服務規律を適用していること、
  • 退職金制度、福利厚生を適用していること等「使用者」がその者を自らの労働者と認識していると推認される点を、「労働者性」を肯定する判断の補強事由とするものがある。

 

via: 労働者性の判断基準|社長のための労働相談マニュアル

 

関連記事

 

79558ca62e6fc34d5270ab5e061937f0 ディズニーランド(オリエンタルランド)はブラック企業?キャストとの間に労使間対立が発生 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • キジトラさん
    • 2014年 7月 20日

    キャストが労働者性を主張できるのは、オリエンタルランドと契約してる請負業者に対してであって、オリエンタルランドに対しては難しいのでは?

    • 名無しの
    • 2014年 7月 20日

    ミッキーマウスがプラカード持ってデモとか始めるのだろうか。。。

    • Johne185
    • 2014年 8月 26日

    Because here is a list of multiplayer games is that the leave was asked for more. cfekbeeeefdc

    • Johnf249
    • 2014年 8月 26日

    I like the helpful information you provide in your articles. Ill bookmark your weblog and check again here regularly. I’m quite certain I will learn plenty of new stuff right here! Good luck for the next! eddkdkdfaeda

    • Smithd213
    • 2014年 8月 26日

    This kind of game gives a real experience of building a farm and planting trees. ecadddcddbbacefg

    • キジトラさん
    • 2014年 9月 09日

    これは自民党が悪いな

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る