2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

あなたは「安全基地」になれるか。無自覚に子どもの成長をねじ曲げる「毒親」について

毒親、という言葉を聞いた事はあるでしょうか。毒になる親という意味ですが、これは親子関係において子どもに悪い影響を与えてしまう親という意味を持っています。多様なケースが存在していますが、お金持ちで社会的地位のある家族であってもこういう環境であることは十分ありえるのです。親の無自覚な毒、あなたも吐いていませんか?



 

「毒親」という言葉を耳にしたことはありますか? 過干渉になって子供の人生をコントロールし独裁的な振る舞いをして、子供を苦しませる“毒”のようになってしまった親のこと指す言葉です。虐待などと共に問題視されていますが、その線引きは曖昧で意見が分かれています。そこで今回は「ひょっとして毒親?」と思う人の特徴についてみなさんに聞いてみました。

■「ひょっとして毒親?」と思われる人の特徴ランキング
1位:子供を恐怖や罪悪感で支配しようとする
2位:子供のミスを責め続ける
3位:子供の交友関係をコントロールしたがる
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《子供を恐怖や罪悪感で支配しようとする》。身体的な暴力だけでなく、言葉で恐怖心を与えて服従させようとするのも毒親だと考えている人が多いようです。2位は《子供のミスを責め続ける》。ちょっとした間違いや過ちなどを何度も責め立てる光景は、他者からはなかなか“しつけ”には見えません。3位は《子供の交友関係をコントロールしたがる》。「○○ちゃんとは遊んじゃダメ!」などと交友関係を縛るのは、毒親と呼ばれる行動の一つです。その他、子供の自由を奪う《子供の進路を子供に決めさせない》や、夫や姑がいないところで《家族の悪口を子供に言ったり、同意を強要する》なども、子供に悪影響を与えてしまう言動だと思う人が多くいました。
残念ながら毒親の多くはその自覚がないと言われています。子供にお金を稼いでもらって楽をしたいなど、自分の願望ばかりを子供に押し付けて子供が苦しんでいることに気づかない親もいるそうです。子育てほど難しいものはありませんが、“子供のためを思って”やっている行動が皮肉にも「毒」にならないよう気をつけたいものですね。

via: 「ひょっとして毒親?」と思われる人の特徴ランキング – エキサイトニュース

 

毒親とは

さて、改めて毒親という言葉がどういう意味を持っているのかを確認してみましょう。この言葉に関して最も強い影響を持っていると思われるのが(毒親というのはネット発祥の言葉なので正確な起源がわからないため)「毒になる親(原題:Toxic Parents)」でしょう。スーザン・フォワードによる名著です。

 

41DRDbCna5L. SL160  あなたは「安全基地」になれるか。無自覚に子どもの成長をねじ曲げる「毒親」について
毒になる親
posted with amazlet at 14.12.18
毎日新聞社 (2013-12-20)
売り上げランキング: 1,357

 

タイトルの通り、(子どもにとって)有害な親の様々な形態を説明している本です。実際にこういった親子関係を持ってきた人たちに対してのセラピーを行っている方で、様々なケースが登場します。前半は様々な毒になる親の形態を、そして後半は「毒親を持ってしまった人間がどう生きたらいいのか」という形式になっています。

 

「神様」のような親、義務を果たさない親、コントロールばかりする親、アルコール中毒の親、残酷な言葉で傷つける親、暴力を振るう親、性的な行為をする親、などが挙げられていますがいかがでしょうか。

 

明確な虐待と判断されるようなものから、一見外からは全く見えず、更に悪いことに「やられている本人すら」認識できない類の暴力を振るわれているケースもあります。

 

「毒親」との関係の中で最も特徴的なものが、「この被害による痛みは一生続く」という悲しくも現実的な結論が出されている点です。子どもが人間関係を構築する最初の相手は親ですが、この親との関係がゆがんでいると、他の人と関係を構築する際にも大きな障害となってしまうのです。

 

毒親による歪み

様々な例が出されていますが、よく指摘されるものは「自尊心の剥奪」「チャレンジができない性格」「完璧主義」「キレやすい」他、多くの特徴があるとされており、これは親の形態によって異なります。

 

アルコール中毒の親ですと、子どもも同じ中毒になりやすかったりしますね。これも結局、「ストレスとの闘い方」を親を見て学ぶために起きる現象です。管理されすぎると「信用されていない」と感じたり、「失敗するな」と脅されるとチャレンジが出来なくなります。「失敗するとおれが/私が恥をかくのだからちゃんとやれ」といったメッセージは強い毒を持っています。

 

また、物理的な暴力はもちろん言葉の暴力も子どもに大きな影響を与えます。例えば「悪いことをした人には、感情的に人に怒りをぶつけることは許される」ことを覚えたり、そのものズバリ怒りを暴力で表現することを覚えたりするからです。

 

こういった人間関係は第三者には見えづらく、実際に恋人か家族になるまでその片鱗すら見せないというパターンもあります。最近ではモラルハラスメントという言葉も広まってきましたが、まさにこの典型といえるでしょう。

 

愛着障害

このような「人間関係における歪み」をずっと抱えてしまうものの代表に、愛着障害というものもあります。これは先ほどでいう「人間関係」を「愛着」という言葉で表現しなおしたものと言えるかもしれません。

 

しかしこちらでより残酷なのは、わずか1歳から2歳くらいまでには「一番根幹となる愛着」が形成されやすいという事実です。こうなってしまうと、もうその後の修正がなかなか効かなくなると言われています。

 

41aN9wQN0AL. SL160  あなたは「安全基地」になれるか。無自覚に子どもの成長をねじ曲げる「毒親」について
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2014-08-28)
売り上げランキング: 26,493

 

子どものときに、親と作り上げる関係は一生涯残るものです。泣いた時にすぐに来てくれる、暖かな温もりで包まれる、といった「原始的な安心の感情」をもつことが出来るかどうかによってその後の成長に大きな影響を与えるのですね。この愛着がきちんと形成されないと、人間関係に無関心になってしまったり、逆にどんな人にも愛着を持ってしまうケースもあります。

 

すなわち、極端になってしまうのですね。ブレーキが効きすぎる、ないしまったく効かない状態です。性的関係を持ちすぎてしまうこと、などもこれが原因の一つと言われていますし、毒親になってしまう可能性も十分あります。

 

あるべき親子の関係

とはいえ、「じゃあどんな風に接したらいいんだ」という疑問が出てくるのが当然でしょう。特に毒親とされるようなものに関しては判断が難しいこともあるかと思います。そこで大事なのは、「親が自分にしてくれた教育」を必ずしも規範にしなくてもいいということです。

 

親もこうしてきたんだ、というのは思考の放棄でしょう。事実、その繰り返しの中に「毒親」が混じっていた場合はその被害者は増え続けてしまうわけですから、盲目的に信じることは避けなければなりません。

 

結論は一つです。それは、「愛する」ということです。具体的にどういうことかというと、子どもにとって「ここにいてもいいんだ」「ここだと安心、安全だ」と思える環境を作り続けるということです。たとえ失敗したとしても、疲れて休みたい時でも、「you are right to be here」のメッセージを送り続けることなんですね。

 

これは「安全基地(セーフティスペース)」と言われる考え方で、筆者もこれに賛成です。大事なのは、「大切にされるためには価値を持たなくてはならない」と思わせないようにすることです。例えば勉強が出来なければ、友達がたくさんいなければ、運動が出来なければ、親の望む職業に就かなければ、「見捨てられる」「愛されなくなる」という考えを持たせないようにすることです。

 

まとめ

綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、「安全基地になる」ことこそが親子関係の最大の価値なんですね。子どもの心は真っ白で柔らかく、簡単に汚れるし傷つけることが可能です。そしてそれは一生残るものなのです。

 

「もしかしたら」とほんの少しでも不安に思うところがあれば、先ほど挙げた「毒になる親」は是非一度読んでみていただきたいです。自覚的になったとき、そこからが始まりです。誰もが「毒」を持っているからこそ、それに気づけたら子どもの成長はずっと健やかなものになるはずです。

 

こういうものは、誰かに言われても「そんなことはない、私はまともな親をやっている」と反発してしまうものです。ちょっと読んでみるか、というくらいの気持ちで読んでみたら、ほんのわずかでも「人の振りみて我が振りなおせ」の精神で注意できることが増えるでしょう。

 

関連記事

 

9be9e57bb31748fa973b28f970b2062c あなたは「安全基地」になれるか。無自覚に子どもの成長をねじ曲げる「毒親」について




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る