2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

深刻化する読書離れ、本当の問題はなに? 意見を述べられない大学生

大学生の実に4割が、読書を全くしないという衝撃の回答。クローズアップ現代で、深刻な読書離れについて報じられています。しかし、単に「読書」といってもその内訳は様々。果たして読書離れというのは問題なのでしょうか?



 

9月、文化庁が衝撃的な調査結果を発表した。調査した2000人のうちおよそ半数(47.5%)が、「1か月に1冊も本を読まない」と回答したのだ。勉学に勤しんでいるはずの大学生でも、40%が1日の読書時間が“ゼロ”という別の調査結果もある。“読書ゼロ”は何をもたらすのか―。人と情報の関わり方を研究している筑波大学の逸村裕(いつむら・ひろし)教授は、学生の小論文の変化に注目している。近年、ほとんどの学生がインターネットの検索サイトに頼って論文を執筆、情報を羅列するものの、持論を展開するのが苦手になっているという。その一方、検索スピードは格段に向上し、閲覧する情報量は急増。わずか1秒で、表示された情報が有用かどうかの判断を下しているという。元来、働きながらでも本を手放さない二宮金次郎(金治郎)を敬ってきた日本人。本との関わり方はどう変わるのか。最新の研究成果も交え、読み解く。

via: 広がる“読書ゼロ” ~日本人に何が~ – NHK クローズアップ現代

 

情報整理

さて、つい先日取り上げられたばかりのクローズアップ現代に、面白いタイトルのものがありました。それは「広がる“読書ゼロ” ~日本人に何が~」というものです。

 

進む読書離れ、大学生の4割が読書時間0という結果が報じられています。また、「持論を展開する能力」の低下と共鳴するように「検索能力の向上」が見られる、と専門家が語ります。

 

読書、とは

さて、そもそも読書とは具体的にどんなものを指しているのでしょうか。読書という言葉の中には、多くのジャンルが内包されています。小説、評論、新書、学術書、専門書、情報雑誌を含めてもいいかもしれませんが、これだけでも結構な種類があることがわかります。

 

さらには、小説一つとってもその中には「児童向け小説、恋愛小説、歴史小説、社会派小説、推理小説、冒険活劇、娯楽小説」など様々。一体この「読書離れ」は具体的にどんな読書について問題視しているのでしょうか。

 

本を読まない大学生

公式サイトから動画を見てみると、冒頭は「大学における読書離れ」から始まっています。ということは、この番組はやや学術書や「重たい」本を対象としていると考えることもできるでしょう。(後半は少しだけ小説についても言及されていました)

 

大学生に小論文を書かせてみると、多くの情報をネット上の元にたより、さらにはコピペを行いながら多すぎるテーマを雑然と扱う(扱えてしまう)ことで、意見の展開が見受けられないという特徴があるようです。十分な思考の熟成をできないまま、曖昧な結論を出してしまうということですね。

 

そしてよく読書をする人はソースから参考文献を探し、それを読み込む(テーマを絞り、しっかりと情報読み取る)ことで自分の意見をしっかりと述べられるというふうに動画は展開していました。また、参考文献を探すときに近くにあった関連図書も数冊見つけていました。ここから、読書の「繋がりを見つける」力が強調されていました。

 

が、ここには正直納得できませんでしたね。データがきちんと提示されているものであれば、その情報の信頼性は書籍であってもネット上のものであっても変わりません。また、ネット上の情報を読んだ上で気になる単語を更に調べることで、(例えば複数のテーマに共通してでてくる言葉)興味を収束させた上で適切な情報を得ることが可能なはずです。

 

小説の効果

また、後半部分では小説の効果についても言及されていました。テレビ画面を見てイメージを処理するよりも、本の文章からイメージを想像して脳内で処理することは極めていい刺激になる、といった趣旨でした。しかしながら、いまの時代必ずしも活字を読む媒体は本に限りません。

 

この記事もしかりですが、現在では多くのリソースがネット媒体にも同様に使われているのです。必ずしも「書籍」という形にこだわる必要は、特に小説においては無いのではないでしょう。ページをめくるのが好きな人は書籍を買えばいいのです。

 

本当の問題は

個人的には、読書離れというのは起きていないでしょう。あえて言うなら、「書籍離れ」が進んでいるだけです。また、意見をきちんと展開できる能力があるかどうかは、情報取得の方法が「書籍か否か」によって決定されるものだとも考えられません。

 

おそらく、元々「書籍しかないから読んでるけど十分理解しているわけでもない層」が「書籍じゃなくお手軽な情報ソース」に流れた結果そのように見えているだけではないでしょうか。理想的なのは「書籍とネットを上手に使いながら情報を見つけ、それを吟味し、自分の意見に組み上げていく作業」が可能なことです。

 

情報を見つけられず、吟味できず、自分の意見に組み上げられない人は、別に書籍でもネットでも変わらないでしょう。これこそが問題なのであって、本質的には「書籍かネットか」というのは重要ではありません。「情報の選択、吟味、意見組み上げ」の能力を養うべきだ、というのが結論です。

 

まとめ

まあ酷評したものの、筆者も書籍で物を読むのは大好きなので、紙の本が全くなくなってしまったら少しばかり寂しいかもしれません。しかしそれが電子書籍の拡大に反対するものでないことは、明らかなことです。

 

電子書籍では在庫がなくなるということもありませんし、データの劣化もありません。絶版という概念もかなり少なくなりそうですし、書籍内の文字列を検索できるフォーマットでの公開であれば、なんなら研究にも大活躍するでしょう。

 

「現行制度だからいい」わけでも、「新しいシステムだから優れている」わけでもありません。「今までこうだったから」と固執することなく、良いところを上手に選びとっていける力を身につけたいものです。

 

関連記事

 

34cc59a966e25bcace8b0b9e222522b8 深刻化する読書離れ、本当の問題はなに? 意見を述べられない大学生




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る