2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ドナルド・トランプの複雑な女性観? 外見主義で能力主義な男

快進撃を続けるドナルド・トランプ氏。過激な舌戦を繰り広げていますが、女性問題についてはどんな態度を持っているのでしょうか? 単なる女好きか、それとも先進的な経営者か。

 

【5月16日 AFP】米大統領選の共和党候補指名を確実にしたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(69)の女性に対する姿勢は、粗野な発言が目立つ一方で、女性の部下のキャリアアップを促すなど、矛盾する言動が入り混じっている──。このような調査結果を、14日の米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が報じた。

 同紙によると、過去に3回結婚しているトランプ氏は、1960年代に男子校に在学していた時から「女たらし」とあだ名されるほど女性好きとして知られていた。

 一方で、女優でコメディアンのロジー・オドネル(Rosie O’Donnell)さんとの論争でオドネルさんを「太ったブタ」と呼んだり、共和党の候補指名争いでライバルだったコンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)元最高経営責任者(CEO)のカーリー・フィオリーナ(Carly Fiorina)さんに対し当選できる顔ではないと発言したりしているのは、トランプ氏が女性嫌いだからだという批判もある。

 しかし、過去40年の間にトランプ氏と関わりのあった女性らを対象に50回以上のインタビューを行ったニューヨーク・タイムズは、女性に対してもっと複雑で矛盾したトランプ氏像を示した。

 トランプ氏は最近まで長年にわたって、ミス・ユニバース(Miss Universe)をはじめとする美人コンテストに出資してきた。1997年のミスUSA(Miss USA)に出場した女性の一人は、当時女優のマーラ・メイプルズ(Marla Maples)さんと結婚していたトランプ氏が、自己紹介してミスUSA候補らの唇にキスをしていたと述べている。

 一方でトランプ氏は、大手建設会社に女性幹部がまだほとんどいなかった1980年代に、自らの建設会社のトップに女性のバーバラ・レス(Barbara Res)さんを起用している。レスさんはトランプ氏に「あなたは男社会の中の女性だ。女性よりも男性の方が優れている傾向はあるが、1人の優れた女性は10人の優れた男性に勝る」と言われたことを覚えているという。レスさんは数年後、トランプ氏に「キャンデーが好きなんだね」とも言われたという。「つまり私が太り過ぎだと言いたかったのでしょう」

 他方、ニュージャージー(New Jersey)州アトランティックシティー(Atlantic City)でトランプ氏が所有するカジノ「トランプ・プラザ(Trump Plaza)」を設計した建築家アラン・ラピダス(Alan Lapidus)氏は「(トランプ氏は)いつも女性に敬意を払っていた」とタイムズ紙に述べている。トランプ氏本人も同紙に、女性を雇用したり、女性のキャリアアップを促進してきたことを誇りとしていると語った。

 同紙の記事が掲載された翌日の15日、トランプ氏はツイッター(Twitter)で「経営難のニューヨーク・タイムズがまた私を非難する記事を書いているが、私がいかに女性を丁重に扱ってきたかということに皆が感心している以外、何もない。ジョークだ!」と投稿した。

 

via: トランプ氏、女性に対する善悪2つの顔 NYタイムズ報道 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News





簡単な概要

国防問題、移民、宗教、様々な領域で過激な発言をし続けるトランプ氏の女性観についての記事です。男子校時代には「女たらし」と呼ばれていたトランプ氏。

 

かと思えば、当時にしてはかなり早い段階で女性を会社のトップに据えるなどジェンダーに関する偏見が少なく見えるような行動もしているようです。

 

そういった革新的な行動をしながらも、論争中に「太った豚」「当選できるような顔ではない」といた批判的言動も見られる複雑な女性観を持っているようです。

 

女性観という言葉

というのが記事のまとめなのですが、正直言って全然的を射ていないように思います。すなわち、この問題はいくつもの視点がぐちゃぐちゃに入り乱れていることです。

 

例えば最初に出てくるのは「女たらし」という情報ですね。これは恋愛に対する態度であって、ジェンダーや女性観というものと直結する情報ではありません。

 

f3d1b30d ドナルド・トランプの複雑な女性観? 外見主義で能力主義な男

 

その次に出てくるのは「太った豚」といった口の悪さ。これは女性観というよりはLookism(外見主義)的な発言です。ちなみに、彼の口の悪さは女性にだけ向けられるものではなく、男性にももちろん向けられています。(相手を馬鹿にした下品なジョークも良く言います)

 

女性を会社のトップに据えるというのは、ジェンダーと関わった話題だと思われます。と同時に、優れた経営者である彼にとっては女性か男性かよりも能力が重要なのでしょう。女性の権利を尊重して、という文脈で選んだわけではないようです。

 

ミス・ユニバースの問題についてはLookism(外見主義)的な性向が見えるなという感じです。唇にキスをするというのは、アメリカの文化を加味しても擁護しようがなさそうですが。

 

何が言いたのかわからない記事

一言でいうと、この記事は何が言いたいのかよくわかりません。彼のジェンダー観について話したいのか、彼の恋愛観について話したいのか、はたまた経営者としての側面を見せたいのかさっぱりわからない。

 

複雑な女性観が見えるといいますが、それは女性観という言葉を徒に広げた上で複数の視点で彼を見ようとするからでしょう。職場におけるジェンダー観、Lookism、口の悪さなどこれだけ全然脈絡のない基準を同時に扱えば複雑にもなります。

 

まとめ

ジャーナリズムというのは難しいものではあるのでしょうが、これはいくらなんでも記事として杜撰だなと感じます。適当にエピソードを拾ってきて繋ぎあわせただけの内容です。

 

彼のジェンダーに関する態度を個人的に捉えるなら、「職場においては男女関係なく、能力で評価する人間」でありながら「私生活においてはLookism的な人間である」と結論付けることが出来ると思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る