2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

世界に4000万人いる現代の奴隷のこと知ってますか

奴隷。この言葉を聞いて多くの人はアメリカの黒人奴隷のことを想定するのではないでしょうか。そしてそれは歴史の教科書に載っている昔々の話だと。それは明らかに間違った認識です。



ロンドン(CNN) 2016年の時点で「現代の奴隷」のような状況に置かれている被害者は世界で4000万人を超え、その4分の1を子どもが占めるという実態を、国連の国際労働機関(ILO)と国際NGOのウォーク・フリー・ファンデーションがこのほどまとめた報告書で明らかにした。 それによると、2016年に脅しや強要を受けて働かされた被害者は推定2500万人。結婚を強要された被害者は1500万人に上る。 ILOとウォーク・フリー・ファンデーションが現代の奴隷に関する報告書を共同でまとめたのは今回が初めて。同NGOによると、推定4000万人の被害者のうち、加害者が摘発されたり被害者支援制度などを通じて救済や支援を受けたりすることができた人は数万人にとどまった。 被害者は71%を女性が占める。中でも性産業で働かされている被害者の99%、結婚を強要された被害者の84%は女性だった。 被害者に占める子どもの割合は、結婚強要が37%、強制労働が18%、性的搾取が21%に上る。

「現代の奴隷」、世界で4000万人超 国連報告書

 

download 1 世界に4000万人いる現代の奴隷のこと知ってますか

奴隷、その意味

冒頭に書いたとおり、奴隷と聞くとほとんどの人がアメリカに売り渡されていったアフリカ系黒人を想定するのではないでしょうか。そしてそれはリンカーンの奴隷解放宣言から始まり、様々な形で今ではすっかり形を失った過去の悲しい制度だと思っている人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、そんなことはありません。今もなお奴隷的な立場に置かれている人達は世界で4000万人にも登るのです。しかもそのうちの子どもの割合は4分の1。本当に恐ろしいことです。

 

そもそも奴隷とはどのような定義をもった言葉なのでしょうか。この報告書では「現代の奴隷には、脅しや暴力、強制などによって拒むことや辞めることができない状況で働かされる強制労働や借金による束縛、結婚強要、人身売買などが含まれる」と書かれています。

 

本当は働きたくない人達を無理やり働かせたり、望まぬ結婚を強制したり、更に売買の対象として取り扱われることなどが含まれています。これを奴隷と言わずに、どの時代のどんな人達を奴隷というのでしょうか。現代にも奴隷がいる。その恐ろしい事実をまずは受け止める必要があります。

 

もしかして日本って?

先程の奴隷の定義を見た時に、あれ? と思った人もいたのではないでしょうか。あるいは何かジョークにしようとした人もいたのではないでしょうか。昨今のブラック企業に代表される日本の労働制度も、もしかしたら一部は現代の奴隷の定義に当てはまる可能性があるかもしれません。

 

とはいえ、それはまだ統計上には出てきていないでしょう。働きたくない人達を働かせるというのは、例えば「働く場所など当然選べない。勝手にどこかに売られて、そこで働かされる」ような状況なわけですから、日本の労働市場はそういう意味ではまだまだマシです。

 

特に現代の奴隷において顕著なのは、性的な搾取でしょう。アフリカの村では「都市でメイドとして働かせる」という題目で娘を売り飛ばす家庭もあります。実際にはメイドにはなれず、多くの場合は性的なサービスに従事する宿などに売り飛ばされてしまい、二度と戻ることは出来ません。

 

しかも、中には家族もそれをわかっていながら泣く泣く生きていくために売り飛ばしている現状もあり、戻ってこられても困るケースもあるということで、この闇がどれほど深いのか思い知らされます。

 

日本の労働市場も大問題だとは思いますが、世界にはまだまだ奴隷が存在しているのだ、ということでここでは終えておきます。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る