2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

炎上した際は下手に言い訳してはいけない

炎上について

佐野研二郎デザインの東京五輪エンブレムが盗作ではないかと話題になってから数か月。今ではすっかり鎮火しましたが、佐野研二郎氏や東京五輪のイメージは悪くなったままです。炎上対応を誤ると周囲の関係者にも迷惑をかけるし、騒動がおさまってもネガティブな印象がくすぶり続けるものです。SNSなどの普及で誰もが情報の発信源になりうる現在。炎上対応は最低限身につけておくべき一般教養ともいえるかもしれません。

 

で、ブロガーの徳力基彦氏が、五輪ロゴ騒動から炎上対応のキホンを学ぶべきだ、との記事を書いていました。



下手に言い訳してはいけない

徳力氏の記事はボリュームがあって、説得力のあるものでした。おおざっぱに要約すると、以下のようなことを主張しています。

 

  • 初動の遅れをとってしまうと取り返しがつかなくなる
  • 炎上の真の原因が何なのか把握していないと、さらに延焼してしまう
  • メディアへの対応で逆切れしてしまうと、四面楚歌になってしまう
  • 責任の所在を明らかにしないと、完全鎮火はできない

 

1つ1つの意見が正論で、基本的に反論・異論などはありません。

 

 炎上した際は下手に言い訳してはいけない 五輪エンブレム騒動に私たちが学ぶべき炎上対応4つの基本(徳力基彦) – 個人 – Yahoo!ニュース

 

ただ、フォーマルな記事故に踏み込めない部分もあったように思えますので、少し補足を…

 

614d07ac9f2ada87f3e07ef56dc7d01f 炎上した際は下手に言い訳してはいけない

 

1.ウソはバレると大変

炎上をごまかそうとして表面を取り繕い何かウソをついてしまうと、それがバレたときにはどうしようもできない事態になってしまいます。

 

佐野研二郎氏がウソをついていたというつもりはありません。が、エンブレム騒動では何か1つ釈明をすると、すぐボロが出てさらに延焼するっていう状態でした。ほころびのない完全で体系的なウソをつくのは難しい、どこかで矛盾が出る。これは現実世界でも同じです。

 

2.「でも」と言ってはならない

叩かれると反論したくなる。それが人間です。ですが、日本社会ではそのような姿勢はほとんどの場合、受け入れられません。何か不祥事を起こしてしまった場合には、泣いて土下座する。そうしないとおさまらない雰囲気があるんですよね。このような土壌がいいとは思いませんが、そういう空気が存在していることは押さえておくべきでしょう。

 

ヘタな反論をするくらいなら完全スルーの方がいいってのは、ネット炎上対応の基本です。

 

ちなみに…ブログなどを書く際には、炎上を狙っていく方が稼げるっていうケースも多々あります。ちきりん・イケダハヤトなどは炎上ブロガーとしても知られていますよね。炎上を避けるか、炎上上等でいくか、その方針はネットで情報発信をする際には最初に決めておくべきでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2015年 12月 02日

    潔さを美徳と考える日本人には常識だよね。
    正に「下手な言い訳~」だよ

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る