2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

右に向かってまっしぐらのドイツ、極右政党のトップもビビって辞任するほどの右曲がり

余りに右に進みすぎてしまって、極右政党のトップが辞任するほどのところまで来ているドイツ。にわかには意味がわからないほどの状況にドイツが突き進んでいます。



[ベルリン発]9月24日のドイツ連邦議会選はアンゲラ・メルケル首相が4選を果たしたものの、反難民・イスラム、単一通貨ユーロ解体を叫ぶ極右政党「ドイツのための選択肢」が予想を上回る得票率12.6%の大躍進を見せ、94議席を獲得した。独メディアから「極右」のレッテルを貼られたフラウケ・ペトリ共同党首ですら恐れをなして離党を決意するほど、「選択肢」の右旋回は進んでいる。

 

free l 右に向かってまっしぐらのドイツ、極右政党のトップもビビって辞任するほどの右曲がり
「選択肢」の主導権を握ったアレクサンダー・ガウラント氏(左)とアリス・ヴァイデル氏(同党のツイッターから)

 

東西統一後最低水準の失業率、適度な成長と物価の安定、黒字財政を達成しながら、大連立を組んだキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)は大幅に議席を減らした。

 

アメリカ、中国と世界の3極をなす欧州を今後、牽引していくのはイギリスでもフランスでもなく、ドイツであるのは間違いない。極右政党が連邦議会に議席を持つのは戦後初めて。しかも94議席も。ナチスの歴史を克服して超優等生国家に生まれ変わったドイツで何が起きているのか。

 

via: ナチスの再来? 反難民・イスラムの極右政党「ドイツのための選択肢」94議席が持つ意味

右に急展開すぎて極右政党のトップが辞任

ちょっと意味がわからない人もいるのではという見出しですね。右に進むことは極右政党にとって良いはずなのに、なぜ極右政党のトップが辞任したのか? 恐ろしい状態までドイツが突き進んでいることが明らかになりました。

 

ドイツの極右政党である「ドイツのための選択肢」。わざわざ国家の名前を入れるほどですから、ドイツが大好きな政党です。正確にはドイツ人-ゲルマン人と言い換えたほうがわかりやすいかもしれない-が大好きな政党です。

 

今回のドイツの総選挙では議席が取れても少ないものだろうと思われていたところが、なんと10%以上の得票を獲得しました。元々議席のないところから始まったことを考えると物凄い躍進です。これは何を意味しているのか? それはドイツが反難民・反イスラム・反EUの勢力を持ち始めているということです。

 

しかし、余りに右過ぎて極右政党のトップが辞任したというのはどういうことでしょうか? 大躍進に喜ぶのではなく。理由は簡単、最早極右どころから行き過ぎた「歴史修正主義」までこの党内に出てきているからです。

 

歴史修正主義とドイツという言葉が結びつくと何が生まれるかおわかりでしょうか? それはホロコーストの否定という、およそ考えられないようなトンデモ歴史観です。あまりに国家のことが好きすぎて、ユダヤ人虐殺など無かったと言い出す党員まで出てきたのです。

 

極右政党と言ってもそこまで恥知らずではなかったトップは「流石にここまで行くとヤバすぎるし頭おかしいだろ」ということで離党を決断したのです。極めて暴力的な党員たちは、メルケル首相に演説中トマトを投げつけ命中させるなど非常に偏差値が低そうな行動も行っています。

 

そういうわけで、ちょっとドイツの今回の選挙が示すのは「極右政党が大躍進」という単純な話ではなく、「ドイツにトンデモ歴史観を本気で言ってる党が出てきた」という異常事態なのです。世界中が右に向かっている感覚を持つのは私だけでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る