2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Facebookがリベンジポルノ対策に最強の仕組みを考えついたようだ

自分の裸の画像などが同意なくネット上に拡散する。付き合っていた頃に撮らせたあの写真が…想像するに恐ろしいそんなリベンジポルノをFacebookが真正面から対策するようです。



 Facebookが、ユーザーに自分のヌード画像を送信するよう求めている。と言っても、これはそう聞いて頭に浮かぶような話とは違う。  Facebookの目的は、恨みを抱く元恋人にヌード写真をばらまかれてしまう、いわゆるリベンジポルノを防ぐことだと、Australian Broadcasting Corporation(ABC)は報じている。  このプロジェクトでは、ユーザーがFacebookの「Messenger」アプリで自分のヌード写真を自分自身に送ると、Facebookがその画像を「ハッシュ化」し、一意のデジタルコードに変換する。Facebookがこのコードを保持しているので、元画像がFacebookのサイトにアップロードされるのをブロックできるという仕組みだ。なお、Facebookがその画像を保管することはなく、画像はハッシュ化された後に削除される。  Facebookは、この技術の実験をオーストラリアで開始する。実験には、同国でeセーフティ管理官を務めるJulie Inman Grant氏が率いる、小規模な政府機関も協力する。  「いったんは合意の上で撮影されたであろう写真や動画が、その後何の同意もないまま広くばらまかれてしまうケースを多く目にしている」と、Inman Grant氏はABCの取材に対して語っている。  他のIT企業では、インターネットから児童ポルノを一掃するために、同じようなハッシュ技術を利用している。Google、Microsoft、Twitterは、一意のデジタルコードを利用して不適切な画像を検出しており、その結果、こうした画像をウェブ上にばらまいた者が逮捕されるケースも出ている。  米CNETは今回の実験についてFacebookにコメントを求めたが、回答は得られなかった。 ヌード写真を自分に送ってリベンジポルノを阻止–Facebookが新技術をテスト

100638827 Facebookがリベンジポルノ対策に最強の仕組みを考えついたようだ

 

画像をネットで使えなくするという手法

これは非常に面白い! 物凄く良い仕組みだと思います。インターネットがどんどん広がってきて最早誰もが使う当然の技術となった今、ネットリテラシーの重要性は急務です。リベンジポルノはその最たる例ですよね。やった方もまさかこんなに拡散してしまって、個人の携帯に保存されたものも含めたらもう絶対に取り返しのつかないことをやってしまっているわけですから。

 

しかしこのような取り組みなら全く別の観点になります。すなわち、リベンジポルノの被害者や加害者のリテラシーの問題にせずに、プラットフォームやインターネットという場を牽引している企業が積極的に技術の力で解決するというのですから画期的だと言えると思います。

 

これは他の様々な場面でも使える技術でしょう。児童ポルノでは実際に使われているようです。公開されたくない画像を送って、その画像をハッシュ化し、同じハッシュを持っている画像を表示できないようにする。なんとスマートな方法なのでしょうか。感動しました。

 

インターネットは怖い、けど光はある

よくある話ですが、去年も若者のSNSなどでの被害が最多になったというニュースがありました。怖いですけれど、最早しょうがない部分もあると思います。だってこれほどまでにネットが広がってしまったのですから止めようがありません。その中で事件が発生するのは電車の中で痴漢が起きるのと同じように、どうしようもない部分もあるはず。

 

でも0には出来なくとも、対策を練って予防することや起きてしまった事件をどうにか収めるための方法もあるはずです。今回のFacebookの実験はそういうインターネットやテクノロジーの光の側面を見せてくれているように思います。

 

私個人としてはしかし一番大事なのはやはり裸の画像などを人に送らない、撮らせないという基本的なマナーに加えて、もしも拡散してしまったとき、加害者になってしまったときにどれだけ取り返しのつかないことになってしまうかということを教育する必要があると思います。それこそ小学校低学年から教え込むべきだろうとも思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る