2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

個人情報で儲けていたFacebook、個人情報保護の流れはめちゃくちゃに向かい風だ

なぜ無料でこれだけ高機能なサービスが使えるのか? SNSを使っている人の中にはそういう疑問を持っている人も少なくないはずだが、その理由がいま嫌な形で明らかになっている。



[サンフランシスコ/フランクフルト 19日 ロイター] – 米フェイスブック(FB.O)は、欧州連合(EU)が5月に施行する個人データ保護規制という大きなビジネスリスクに直面している。

2016年の米大統領選挙でトランプ陣営が契約していたデータ分析会社がフェイスブック利用者約5000万人の個人情報を不正収集していた疑惑が明るみに出たことで、そのリスクが改めて現実味を帯びている。

今回発覚した疑惑は、ある研究者が性格診断クイズを使って集めたフェイスブックの個人データを、データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に売っていたというもので、まさにEUが「一般データ保護規則(GDPR)」導入によって予防し、取り締まろうとしている問題だ。プライバシー保護の専門家はそう指摘する。

フェイスブックは今後、2つの危機に直面することになる。GDPRの順守は、同社の高収益に寄与してきたターゲティング広告を欧州ユーザーが非表示にできることを意味する。一方、同社がGDPRに違反すれば、最大で年間売上の4%に相当する罰金を科される。

もし、GDPRが施行される5月25日以降に、今回の不正データ収集が行われていたならば、「フェイスブックはグローバル年間売上高の4%を失う羽目に陥っただろう」と、オーストリアの個人情報擁護活動家で、同社に批判的なマックス・シュレムス氏は言う。

CAは英国企業であり、個人データが不正収集されたユーザーの少なくとも一部は欧州人だったため、GDPRの対象となる。

マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が2004年に創立したフェイスブックの株価は19日、2014年以来最大の下げ幅となる7%急落した。時価総額のうち400億ドル(4兆2500億円)が吹き飛んだ。

シュレムス氏は2011年、フェイスブック利用者の「友人」データが、第三者のアプリを使って本人の許可なくあまりにも簡単に収集できることに対し、最初に懸念を表明した。フェイスブックは、CAによる不正収集の疑いを発見した2015年以降、こうした収集行為の管理を強化したと主張している。

シュレムス氏は、「あなたに関係ない(NOYB)」という名の非営利団体を設立。弁護士を雇い入れて、プライバシーに関するGDPR違反を「戦略的に訴追」する方法を模索している。

今回の疑惑を証言した内部告発者クリストファー・ワイリー氏は、元CA職員だ。CAは収集したデータを使い、トランプ陣営が有権者の投票行動を予測し、それに影響を及ぼす手助けをしたという。

「フェイスブックは、データのコントロールを失い、第三者が何をしているか適切に監視していなかったというのが、本当のところだ」と、米フィラデルフィアの法律事務所フォックス・ロスチャイルドでプライバシーやデータ保護が専門のスコット・バーニック弁護士は言う。

バーニック氏は、今回のようなケースでは、GDPRで定める罰金の上限が適用される可能性があると話す。影響を受けたユーザーの多さと、第三者によるデータ取扱いの監視が不適切だったとみられるためだ。

フェイスブックのアンドリュー・ボズワース副社長は19日、「特に『友人』については、はるかに少ないデータを提供する」よう、2014年にポリシーを変更したと、フェイスブック上で述べた。

「われわれは、ポリシー違反の可能性がある案件を特定し、アプリが要求するデータに正当な使用理由はあるかを検証するため、鋭意見直しを進めている」と、同社は同日表明した。「われわれは実際、このプロセスで多くのアプリからの要請を却下している」

GDPR順守により、フェイスブックは巨額の負担を強いられることになるかもしれない。ドイツ銀行のアナリストは1月、欧州利用者の3割がターゲティング広告の非表示を選択した場合、広告効果の減少により広告料が半減するため、全体の売上高が4%程度下がると推計した。

欧州はフェイスブックの広告収益全体の24%を占めているため、新規制による減収幅は4%程度になる計算だという。

「もし同様の規制が他の国々に広がったり、中長期的にGDPR自体がより面倒なものになったとすれば、よりリスクは高まる」と、ドイツ銀は警告していた。

今回の疑惑を巡る騒動は、欧米議員から怒りに満ちた反応を呼んでおり、まさにこのような規制拡大の可能性が拡大している。

ピボタル・リサーチのアナリスト、ブライアン・ウィーザー氏は、週末のレポートで、フェイスブックに対する「セル」レーティングを改めて強調。同社に対する規制リスクが増大し、広告における高度なデータ利用が危機にさらされていると懸念を表明した。

昨年12月に行われた調査では、欧州の消費者でGDPRについて知っていると答えたのはわずか21%だった。だが、規制の説明を受けた後では、その新たな権利を行使したいと答えた人は82%に上った。この調査は、米マサチューセッツ州のマーケティング関連会社ペガシステムズ(PEGA.O)が、欧州の7000人を対象に行った。

アイルランドに本社を置くオンライン広告関連の新興企業ページフェアは、欧州のソーシャル・メディア利用者のうち、ターゲティング広告表示を許す割合が、わずか3%と推測。フェイスブックや他のプラットフォームにとって大打撃となる可能性があると、ページフェアのジョニー・ライアン氏は言う。

via ロイターズ 焦点:個人データ保護規制、フェイスブックの「アキレス腱」に

 

download 個人情報で儲けていたFacebook、個人情報保護の流れはめちゃくちゃに向かい風だ

 

進む個人情報保護

AIの発達に伴って、ますます個人情報というのは重要になってきています。なぜなら、人の行動を予測するために一番良いのは、実在する様々な人間の情報を学習することが一番だからです。その人のパソコンやスマホのディスプレイに何回広告を載せたらその商品を認知して、詳細ページに飛ぶようになるのか。どういう人に何をしたらどんな反応をしてくるのか、少しでも多くの人間を使って実験を繰り返すことで精度の高い予測をすることが出来るようになります。

 

しかし、それをされる側からしたら何となく嫌な感じがするのは紛れもない事実です。知らないうちにモルモットにされているようなものですからね。例えば健康食品Aを10回見せたときと1回しか見せないときでは商品購入確率はどのくらいか、という実験は動物でもよくされていることです。知らないうちにこのような扱いを受けること、しかもそれによって情報が収集され、企業は勝手にそれを販売していること。嫌な人にとっては非常に嫌なことをしているのがSNSです。

 

それに対して欧州などは積極的にこの個人情報保護を進めています。むやみやたらと情報を勝手に吸い上げるのは犯罪的な行為であって、きちんと合意を取ってやるべきだと主張します。ちゃんと合意が取れているのであればやっても構いませんが、今は利用規約など細かい字でいっぱい書かれて殆どの人はまともに目を通さない形で合意が取られてしまっていることが問題だとするのです。

 

プライバシーを売り渡したほうが便利になる時代

しかし、全く逆の観点からの考え方もあります。それは、自分の個人情報を共有すればするほど生活は便利になるというものです。例えば先程個人情報を買っている企業があると言いましたが、彼らは何のために買うのでしょうか。それは、いまある商品をもっとわかりやすく魅力的なものに変えるために使ったり、新しいまだ見ぬニーズに対応する商品を作るために使われるのです。

 

みんなAよりBの方が好きなら、Aを作るのを辞めてBに専念した上で、Bを今までよりも安く売ろう、と企業が考えるための大事な情報源になるわけです。これって情報を売り渡している側も損しているわけでは全くありません。むしろ自分の知らないところで自分のことをよく知ってくれて、自分が嬉しい情報を提供してもらえるようになるのです。

 

フィルターバブルと言ったりもしますが、これが進んでいけば将来的には検索をする必要すらなくなるかもしれません。知りたいと思った時に、自分が知りたい情報が勝手に入ってくるようになるのです。逆に自分が見たくないもの、知りたくないものは検索しても出てこなくなるとも言われています。恐ろしくもありますが、同時に物凄く便利な社会。プライバシーの未来はどちらに進んでいくのでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る