2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

先生、あんたは知ってたはずだ:広島中3女子、傘で叩かれるなどいじめを苦に自殺も「いじり」認定受け

なんとも腹の立つニュースだ。何がいじりだと思ってただ、何が一時的なものだと思っていただ。嘘をつくな。自分の保身のためにもみ消しを行うような人間の社会的立場を抹殺してやりたい。



 広島市佐伯区の市立中学校で昨年7月、3年生の女子生徒が校舎から転落死した問題で、「いじめがあった」とする調査結果を市教育委員会が設置した第三者組織が発表したことを受け、同校校長が5日午後に会見した。いじめの存在を見抜けなかったことについて、「認識が甘かった」と謝罪した。 広島の中3女生徒死亡、「いじめあった」 第三者審議会 「いじめ、学校に伝えたのに止まらず」死亡の生徒の両親  第三者組織「市いじめ防止対策推進審議会」のこの日の発表によると、女子生徒へのいじめは入学当初からあり、3年生の時には傘でたたかれたり、小石を投げられたりするなどエスカレートしてきたという。  ただ、校長によると、学校側は以前から生徒本人や両親から相談を受けていたものの、「いじり」や「からかい」と捉えて、「いじめという認識は持たなかった」という。  いじめ防止対策推進法では、校内でいじめが発覚した際は、教職員で組織を設けて対策を練ることも定めているが、この女子生徒については検討されなかったという。  校長は「私が『恒常的、継続的なものではない』という浅はかな認識をしていた。目撃した際は(教員らによる)その場の指導で対応できたと思っていた」と釈明。「表面的な対応に終始していたと言わざるを得ない。大きな間違いだった」と謝罪した。  同校は審議会の今回の調査結果を生徒や保護者に説明する予定という。審議会は今後、学校の対応の問題点などをさらに調べる。(松崎敏朗)

 

via 朝日新聞デジタル いじめ相談にも学校認識は「いじり」 広島・中3転落死

AS20180205003420 comm 先生、あんたは知ってたはずだ:広島中3女子、傘で叩かれるなどいじめを苦に自殺も「いじり」認定受け

 

嘘をつくなバカヤロウ

嘘をつくなと言いたい。校長が謝罪していますがとてもじゃないですが校長だけどとは思えない。多くの教師はこれを知っていながら無視していたと思われる。大体傘で叩かれたり石を投げられたりというのは、明確な暴力行為であってたとえそれが一時的なものであっても厳重注意でもすまないレベルのことである。

 

中学生がこの世界に傷害罪というものがあることを知らないわけではないだろう。結局のところ自分がやってる事は犯罪にも当たらないし教師からも先生ちょっと注意される程度のことだと思い込んでしまっているのは、 周りの大人の対応の問題もある。

 

暴力というのは絶対に許されないものであって、 今回のように死を招くことだって当然にある。子供に分別が効かないと言うのであれば、 まさに周りの塔の役割というのはその分別おかわりに教えてあげることではないだろうか。むしろそれをできずにしていったい誰が教育者と彼らを呼ぶことができるだろう。

 

死んでいった彼女へ

私は彼女が不幸だと思う。 なぜならもし違うところに生まれていて違う学校に入っていて違う教師に囲まれていたなら、 きっと彼女は死ななくて済んだからだ。仮に子供がみんな幼くて愚かだとしても、周りの大人がきちんと見ていれば、 あるいは必要な注意をちゃんとすることができていたのならば、 そのような加害行為はいつまでも続いてはいなかっただろうから。

 

もしかしたら逃げ出してもよかったのかもしれない。 学校に行くのをやめて家の中に隠れていてもよかったのかもしれない。何かフリースクールのようなところに入ってもよかったのかもしれないし、何であれその中学校以外にも居場所は本当はたくさんあったはずなのに、そこにたどり着けることがなかったことがとても悲しいことだと思う。

 

周りの大人にできることは、彼女を守ることだけではなくて、もしかしたら彼女の逃げ場を作ってあげることでもよかったのかもしれない。生きていればそりの合わない人間というのは必ずいて、 全員と仲良くする必要などない。そう誰かが教えてあげて、 彼女に学校以外の違う場所を紹介してあげることができていたならば、それなら彼女は死なずに済んだのかもしれない。

 

15年間という短い人生の中、 その人生終わらせてしまうほど悲しい体験ばかりしてしまった彼女に冥福を祈りたい。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る