2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

フランスで格闘技教室が過激派の温床? 本質はそんなところにはない。

イスラム過激派の温床と指摘される格闘技教室。肉体的な鍛錬を通して暴力性を煽り、過激派へとリクルートする指導者の存在などがあるようです。しかし、問題の本質は格闘技教室にはありません。これは絶対に勘違いしてはいけないことでしょう。



【5月31日 AFP】格闘技は世界中でブームとなっているが、イスラム過激派になる危険性のある人物を追うフランスの情報機関にとって、格闘技を教えるジムは警戒すべき対象になっている。

 郊外の貧困地域に立地し、活動を監視するしっかりとした組織もないような総合格闘技や柔道、キックボクシングなどのジムは、過激派の思想教育や訓練にうってつけの場所だとの批判もある。

 書籍「Sport, The Fault In State Security(日本語訳:スポーツ、国家の安全における盲点)」の著者であるメデリック・シャピトー(Mederic Chapitaux)氏は、AFPのインタビューに応じ、この問題に警戒すべきはフランスだけではないと指摘する。

 元憲兵で、現在はコンタクトスポーツ連盟のテクニカル・ディレクターを務める同氏によると、「これは国家、欧州、そして世界レベルの問題」だという。

 130人の犠牲者を出した昨年11月13日のパリ(Paris)同時襲撃事件の直前、情報機関のメモが流出した。メモは、郊外で行われているアマチュアスポーツ、特に格闘技ジムの過激化について警告していた。

 パトリック・カネール(Patrick Kanner)都市・青少年・スポーツ相はその後、フランスはそのリスクを完全に「過小評価していた」と認め、スポーツ省は過激化に対抗できるよう指導者教育を強化する計画をスタートさせた。

 シャピトー氏は、スポーツの指導者が過激派グループのリクルーターとなるケースは少なくないと指摘。指導者になるための資格はないに等しいとしながらも、「危険は差し迫っている。スポーツの指導者は精神と身体に影響を及ぼすから」と訴えた。

 なかでも格闘技はジハード(聖戦)の準備にうってつけだ。同氏は著作で、フランス体育教育の先駆者であるジョルジュ・エベル(Georges Hebert)氏の「役立つためには強くあれ」というスローガンが、過激派に受け継がれてしまったと記している。

 格闘技教室への批判で取り上げられるのが、東部ブザンソン(Besancon)のジムに所属していた、ヤシン・サルヒ(Yassin Salhi)容疑者が起こした事件だ。

 2015年6月、リヨン(Lyon)近郊のガス工場で配送業務の運転者として働いていたサルヒ容疑者は、雇用主だったエルベ・コルナラ(Herve Cornara)さんを襲撃。頭部を切断して敷地の外側にさらし、イスラム過激派の旗で囲んだ。同容疑者はその後逮捕され、拘留施設の独房で自殺した。

 この問題には、格闘教室の経営者たちも頭を悩ませている。

「多くの傷つきやすい若者にとって、ジムは第二の家だ」と話すのは、パリのある総合格闘技教室のオーナーだ。「ここで若者たちが勧誘されるのを見たことがあるが、私は彼らを守ってきた」という。

 フランス柔道連盟のジャン・リュック・ルージェ(Jean-Luc Rouge)会長は、最も大きな問題は、少数流派の格闘技だと指摘。「これらは主流派でなく、多くの場合、指導者がボランティアだ」と述べた。(c)AFP/Françoise CHAPTAL

via: フランス、格闘技教室がイスラム過激派の「温床」に? 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

情報の整理

いま、フランスで格闘技教室が過激派の温床となっていると指摘されています。最近のテロの犯人もそのような施設で訓練を受けていたなどの理由から印象が極めて悪い状態になっています。

 

しかも、パリのテロの直前には情報機関によって貧困地域における格闘技教室は過激化の様子が見受けられるとして報告も上がっていたのですが、フランス政府はそれを過小評価していたとのこと。

 

一番心配なこと

私がこのニュースを読んで最初に感じたことは「どうか格闘技教室と過激派のアジトとを同一視しないで欲しい」ということでした。

 

こういう情報が出回ると、どんどんそのような傾向が強まっていくからです。最初から疑惑の目を向けられ、なんとなく社会的にも冷たい視線を晒され続けていたら、次第にその社会を憎むようになっていくのは当然のことです。

 

事実として格闘技教室がリクルートの役割を果たしている部分があったとしても、それが格闘技教室全体を非難する理由には絶対になりません。

 

フランスでは柔道などのスポーツは極めて盛んであり、過激派ばかりが格闘技教室に行くという状況にはなりえません。にも関わらず、このような状況でアラブ系の人たちが格闘技教室に通うことに何とも言えない罪悪感や居心地の悪さを感じることは間違いないでしょう。

 

french banner フランスで格闘技教室が過激派の温床? 本質はそんなところにはない。

問題はそんなところにはない

大事なことは、格闘技教室の監視を進めることはこの問題をこれっぽっちも解決してはくれないということです。格闘技教室でリクルートが行われることは確かに問題ですが、ではなぜそのような格闘技教室は郊外の貧困地域にあるのでしょうか。

 

その貧困地域は、なぜアラブ系の人達が多いのでしょうか。彼等は何らかの紐帯を求めて、しかしフランスという社会に受け入れられないがゆえに他の属性による紐帯を求めているのではないでしょうか。

 

教室が第二の家のようになっている人も少なくないと記事の中で書かれている通り、彼等はある意味で社会から排除されているのです。そのような視点を決して忘れてはいけません。

 

まとめ

ラベリングをすることは簡単です。しかし、ラベリングをすることはほとんどの場合問題解決には繋がりません。本質的なことを全てラベリングの向こうに隠してしまっては、その問題を理解することも、ひいては解決することも決してできないからです。

 

フランスが安易なムスリム排斥に向かわないようにしなくてはいけません。案外、格闘技教室が子どもたちにチャリティで空手やキックボクシングをレクチャーする、といったちょっとしたイベントで人々の棘は和らぐように思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る