2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

逃げてしまえ。多くの子どもが死を選ぶ9月1日。

9月1日は、単なる新しい月の始まりではありません。それは多くの子どもにとって恐怖の日なのです。夏休みが終わればまた、あの監獄に戻らなくてはならないのですから。





あすから2学期 子ども電話相談に不安の声相次ぐ

 

名古屋市にある子どもなどからの悩みに電話で相談に乗る事務所では9月1日から多くの学校で2学期が始まるのを前に、新学期への不安を訴える相談が相次いでいます。

電話相談は子どもの支援などを行っている愛知県教育・スポーツ振興財団が「教育相談こころの電話」として行っています。

名古屋市内の事務所ではスタッフ4人が対応に当たり、多くの学校で夏休み最終日となる31日は午前10時の受付開始とともに次々と相談が寄せられていました。
中には小学生から「夏休み前から学校でいじめを受けている。学校に行くのが怖い」などといった相談もあったということです。

愛知県教育・スポーツ振興財団の岡崎正和さんは「2学期が始まることへの不安が大きい子どももいます。不安を和らげる手伝いをしたいので、悩んでいる子どもは1人で抱え込まず相談してほしい」と話しています。

「教育相談こころの電話」の番号は052-261-9671で、毎日午前10時から午後10時まで受け付けています。

 

via: あすから2学期 子ども電話相談に不安の声相次ぐ | NHKニュース

1076x616 5 movies about bullying 逃げてしまえ。多くの子どもが死を選ぶ9月1日。

夏休みが終わると、死んでしまう子どもたち

9月1日は年間でも最も子どもの自殺が多い日です。夏休みが終わり、またあの監獄に戻らなくてはならないから。たまたま同じグループになっただけで1年間以上同じ空間で同じ授業を受けねばならず、日々の生活は時間で区切られ、嫌いなものでも必ず受講しなくてはいけないカリキュラム。イベントがあれば仲良くもないのに一緒に協力して取り組まなくてはならない。そう、学校です。

 

多くのメディアが報じているように、学校でのいじめ問題はもう20-30年近く話題になり続け、一向に解決へと向かっている感覚がありません。いじめの原因は色々あり、それに関する議論にも色々なものがあります。曰くいじめられる側にも原因がある、曰くいじめは暴力行為であり刑事罰でもって処理すべきだ、などなどです。 今回の記事では、そのような議論とは少し離れて「もうなんでも良いから嫌なものから逃げなさい」ということを書きたいと思います。

学校なんてなんぼのもんじゃ

まず声を大にして言いたいことは、学校なんて大したものじゃないということ。出席なんかしなくたって卒業は出来る。学校の勉強は最悪自分である程度頑張って高卒認定試験にさえ受かってしまえば(これは難易度の高いものではない)大学にだって行ける。 よく集団行動になれるために必要だなんて言いますが、そんなこと真に受けてはいけない。会社に入ったら配属を変えたりも出来ますが、学校はそうではありません。大学に入れば仲良くなりたくない人とは関わりあいにならずに生きていくことも出来ます。そこで社会性を身につけることだって出来るでしょう。

 

要するに、高校なんて最悪行かなくてもなんとかなるのです。小学校も中学校も同様です。大学だけは行かないと卒業出来ないのいで少し話が違いますが、そこには大体の場合クラスのような単位が存在しないので随分気楽なはずです。 とにかく、死んでしまうほど苦しいことならとことん逃げましょうと言いたい。いじめられて苦しい思いをして、それに耐えることにより嬉しいことなどほとんどありません。心がズタズタになってしまいます。でも、傷が深くなる前に逃げてしまえばまた新しい環境にも挑戦出来るかもしれません。 そこでは、また全然違う人間関係が待っていて、自分自身は何も変わらないのに取り扱われ方が全く違う時があるはずです。悪いのは自身ではなくて、周りの環境との相性だったのです。そういうことはよくあります。自分が変わらなくとも、環境を変えるだけで世界は変わるのです。 もしも周りに苦しんでいそうな子どもがいたら、逃げてもいいんだと気軽に声をかけるところから始めたいなと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る