キジトラ速報

学校が辛い時の対処法
2016/02/21 20:02  コメント (1)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 鎌倉市図書館のツイート

    死ぬほどつらいんなら、学校を休んで図書館へおいでよ…

     

    神奈川県鎌倉市図書館の公式ツイッターでの司書のツイートが話題になりました。

     

    「死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」「死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね」

     神奈川県鎌倉市図書館の公式ツイッターで26日に女性司書が投稿した「つぶやき」に共感が広がっている。27日夕までに、賛同したり転載で紹介したりするリツイートは7万回超に上っている。

     子供たちに向けてつぶやいたのは市中央図書館に勤務する河合真帆さん(44)。夏休み明けの9月1日に子供の自殺が突出して多いというニュースを見て、思い立った。

     米国の図書館には「自殺したくなったら図書館へ」というポスターがたくさん貼られているといい、「当たり前のことを言っただけ」のつもりだが、「近くにこんな図書館があったらいいのに」「心があたたかくなりました」などのメッセージが続々と寄せられた。

     「皆さんの言葉が重なり合って、共感を呼んだのでは。ネット時代の言葉の力を感じた」と河合さん。「ツイートを見た」と図書館に電話がかかってきたり、来館者から「応援してるよ」と声をかけられた職員もいたという。

     名古屋市出身の河合さん自身、小学校に行きたくなくなった経験がある。「私は『行かない』という選択肢も知らず、我慢して登校し続けたけれど、家と学校以外にも居場所があるんだよと伝えたい」。市図書館のツイッターは27日も、「つらいきもちをかかえているあなたへ」と、つぶやきを発信した。「図書館にはいろいろな本があるよ。疲れた心によりそうような本が見つかるかも」――。

     

    via: 「死ぬほどつらい子、図書館へ」…共感広がる : 教育 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

     

    ネットなどでは賛否両論ありましたが、賛成の意見の方が多いようです。わたしも、賛成。

     

    以前、「学校に行かなくてもどうにかなる」って記事を書きました。今回は、死ぬほどつらいときの対処法などについて書いてみたいと思います。

     

     学校が辛い時の対処法 学校にいかなくても人生をどうにかする方法 | キジトラ速報


    ・人間関係をリセットしよう

    長い人生においては、学校(小中高校)ってのは特殊な環境です。狭い空間の中で、ドロドロとした人間関係を強いられる…他に属することができるコミュニティなんてない状況は、アラサーになった今思い出せば「異質」でした。

     

    かつてブラック企業にいたときも、同じような状況だったことを思い出します。ここの人間関係を壊してしまったら、自分には何も残らないのではないか…そのような漠然な不安から、コミュニティに属し続けていたような気もします。ですが、この考え方は間違っていました。いったん人間関係をリセットしてゼロにしても、自分自身は壊れなかった。むしろ気が楽になったような気すらします。

     

    今いる環境だけがすべてだと思わないことです。

     

    //kizitora.jp/wp-content/uploads/2015/09/413b738061f6a5148fa3704c5c5bdca9.jpg”>413b738061f6a5148fa3704c5c5bdca9 学校が辛い時の対処法

     

    ・病気になろう

    家庭の事情などから、簡単には今の環境から逃げられない方も多いことでしょう。小中高校生は特に…(親の考えがーとかもあるかもしれません)

     

    そういう場合、病気になってしまえば逃亡が楽になります。

     

    自死を本気で考えるほどの精神状態であれば、精神科・心療内科に行けばほぼ確実に何かしらの診断がつくはずです。病院に行くのが難しいのであれば、腹痛なり頭痛なり訴えて仮病ででも休めばいい…追いつめられるばかりの状況から、とりあえず離れること、これが大事です。 学校にいったふりして図書館に行くってのも1つの方法でしょう。

     

    ・考えない、何もしない

    骨折した際には動かずにじっとしているのが一番です。心の骨折も同じです。何もしないってのが回復への第一歩。

     

    何もしない・何も考えないってのは思ったよりも難しいものです…そういう方は、デパスなどの抗不安剤に頼るのが一番だと思えます。わたしは精神科などではなく、近所の内科で処方してもらえました。

     

    ・遅れていてもいいじゃないか

    周りの人より遅れて人生を歩むってのは…若いころには特に怖いものです。1年留年するだけで一大事。でも、遅れても生きていけます。早さばかりを競う人生から、いったん離脱してみると、「なんだこんなものか…」って程度。頑張らない、本の少しだけ勇気を出してみては?

     



    カテゴリー 教育・学校 なか

    関連記事
    コメント一覧
    1. キジトラさん
      2016年2月21日21:44  ID: Mzg5Nzk3N

      死にたくなった社会人のあたしはどこに行けば良いの?

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ