2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

同性愛者の中で梅毒が感染拡大中。でも、問題なのは「ゲイ」ではなくて、教育。

梅毒といえば、昔の花魁を思い出します。多くの死因が性病だった時代から、現代は大きくその趣を変えています。ところが、最近またこの梅毒が感染を広めているとのこと。しかもその感染主体は「男性同性愛者」ということですから、ゲイバッシングが起きるのも無理からぬことです。しかし、本当に問題なのは「ゲイ」なのでしょうか。考えてみましょう。



 

梅毒は、梅毒トレポネーマによる感染症で、主に性行為や類似行為により感染する性病です。感染経路としては、皮膚や粘膜の小さな傷から感染します。感染症法で、5類感染症全数把握疾患に定められていて、梅毒と診断した医師は、最寄りの保健所に届け出ることになっています。日本では、第2次世界大戦後の1955年に大流行がみられ、その後も一時的な流行はありましたが、現在では過去の病気として、梅毒を診療したことのある医師も少なくなってきていました。

■3年で梅毒の感染患者が約2倍に増加中

 ところが、国立感染症研究所によると、2004年の届出から微増しはじめ、2013年には1226例の報告数となっています。前年度である2012年は875例、2011年の621例から考えると、3年で約2倍に患者数が増加しています。

■梅毒感染者の約80%が男性で、25歳~29歳に広まっている

 感染者総数のうち、約80%が男性です。特筆すべきことは、年齢別の発生率でみると人口10万人当たりの発生率では、25歳から29歳の男性が3.9、35歳から39歳が3.4となっています。男性の人口10万人の発生率は1.6ですから、25歳から29歳の若年層に梅毒が広がっていることがうかがえます。

■近年の梅毒の特徴

 近年の梅毒の特徴として、男性と性交する男性に広まっていること、HIV混合感染が目立つことなどが挙げられます。その他、眼梅毒、口腔咽頭梅毒、梅毒性直腸炎など、ひと言で梅毒といっても多様な症例が増えています。

via: 「梅毒」が今若者の間で流行る訳 男性と性交する男性に広まっている – ライブドアニュース

 

データを確認

さて、近年の梅毒の特徴として、「HIV混合感染が目立つ」そうです。ここから連想されるのも、やはり男性同性愛者のイメージですね。肛門性交による感染率が高いというのももちろんですが、その理由の一番は「コンドームをつけないこと」にあるでしょう。

 

しかしながら、こういった性病の問題改善は長い教育の成果でもあります。実際、男女の間での性病というものも昔は今よりもっとあり得ることでした。こちらに厚生労働省のデータがあります。これを見ると、以下のことがわかります。

 

データの調査が始まった平成12年度から4〜5年間は明確に感染者の数字が増えていっていますが、その後は軒並みどの性病の患者数も減っているんですね。これは単なる自然の成り行きではなく、学校などを通した保険教育の成果だといえるでしょう。

 

そして、一つだけ異常なデータがあるのもお分かりいただけると思います。梅毒の感染者については、一昨年から急増し、今年はデータを取り始めてから最大の数値が出てしまっています。他の感染病と比べると数字自体は小さいのですが、その明らかな増大には厚生労働省も問題意識を持ったのでしょう。

 

性感染症の教育

これまでの性教育で大きな改善があったことは、先ほどのデータからも明らかでしょう。人為的な変化でなければあれほど大きなデータの変化(しかもどの感染症も一律に)があるとは考え難いですから。

 

そして、その教育には「隙」が存在していることもまた確かだということが明らかになっている、ということが今回の記事の趣旨になります。性感染症対策にもっとも適していて、かつ「望まない妊娠を防ぐ」効果を持つもの、それはコンドームです。ですので、保険教育などでは積極的にその使い方やそれを使う意図などが説明されています。

 

またエイズなどの症例をコラムのような形で載せ「注射を回して使ったり、血などで伝染したり、同性愛者間での行為」によって広がるというような説明がなされているのと見た事があるのではないでしょうか。(おそらく30歳以下の方であれば目にしていると思います)

 

しかし、そこにはあまり「性感染症を防ぐことができる」という効果が十分に説明されていないことが多いのではないでしょうか。あるいは書かれていても、教師がきちんと強調していないことがあり得るのではないでしょうか。

 

さらにいうならば、「十分に存在が認知されている同性愛者同士での行為においてはとりわけ、妊娠を防ぐという機能以外に性感染症の感染を防ぐ機能がある」ということが十分に認知されていないのではないでしょうか。

 

このような状況は、性的少数者であるがゆえの「行政や教育からはじき出されてしまった人たち」の被害であるとすら言えるでしょう。子どもや若者に性に関するきちんとした情報・知識を与えることは教育の役割でしょう。その対象が例え少数であったとしても、その責任が軽減されるということはありません。

 

まとめ

若者は勝手にそういうことを知るものだ、という考え方があります。そしてそれは一部では正しいことでもあるでしょう。しかしながら、ネットや漫画などから得た不確かな情報を真に受けてしまうのも子どもの特徴です。

 

同性愛者などの間では、「どうせ妊娠しないのだからコンドームは着けなくていい」と考えている人は少なくありません。(もちろん感染症の恐れを自覚し、着用の意義を知っている人も多いです) それは、性感染症を防ぐ役割も持っている、ということをきちんと教育されてこなかった結果でもある可能性が十分にあります。

 

それこそ、無理解という意味では風俗産業でも大きな誤解がいくつも散見しています。例えば性的接触が極端に限定された、ピンサロのような風俗でも感染症にかかり得ることはご存知ですか? 意外と知らない人の方が多いでしょうが、実はそういう形でも感染はします。

 

そしてそれを知らないことは不思議ではありません。なぜなら、きちんと保険教育で学んでこなかったからです。知る機会がなければ中々きちんとした情報に触れる事はできません。そしてそれが「同性愛者」という属性ゆえに、本来与えられるべき情報から隔離されているのだとしたら、それは改善すべき問題と言えるでしょう。

 

こういうニュースを見て、すぐに短絡的に「だからゲイはダメなんだ、性病を広めるやつらだ」といった思考に行き着かないためにも、多くの観点から物事を読み取る力というのが求められるでしょう。

 

関連記事

 

0e40a0dd897e807246ad7b593f11f7141 同性愛者の中で梅毒が感染拡大中。でも、問題なのは「ゲイ」ではなくて、教育。




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • はむたろう
    • 2015年 4月 10日

    保険 → 保健 ですね!

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る