2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Uber, Facebook, Googleなどトップレベルのテック企業はどこも「白人男性」ばかり

インターネットが世界を平等に透明性高く押し広げる、そんな夢物語を語るのが特定の人種・性の人間ばかりなのだとしたら…。





Uber、女性と非白人の割合がわずかに拡大–2回目の多様性レポート

Cnet

Uberは米国時間4月24日、2回目の多様性レポートを公表した。それを見ると、改善した部分とそれほど改善していない部分があるようだ。

the new uber app 01%201 Uber, Facebook, Googleなどトップレベルのテック企業はどこも「白人男性」ばかり
提供:Uber

 Uberによると、この1年間で同社の女性従業員の割合は1.9ポイント増加し、全体の38%を占めるまでになったという。技術職に占める女性の割合は2.5ポイント増加して17.9%に達した。技術部門で管理職を務める女性は4.3ポイント増の15.6%。しかし、管理職全体に女性の占める割合は1.1ポイント減少して20.9%になった。

 人種に目を向けると、Uberの従業員に白人が占める割合は48.6%で、前年から1.2ポイント減少した。ヒスパニックの従業員の割合は0.5ポイントの微増だったが、黒人の従業員の割合は0.7ポイント減少した。技術職の従業員に白人が占める割合は46.3%でほぼ横ばいだったが、黒人とヒスパニックの割合はそれぞれ1.6ポイントと0.9ポイント増加した。管理職に白人が占める割合は11.6ポイント縮小して65.1%になった。一方、アジア人、黒人、ヒスパニックが占める割合はそれぞれ9.2、0.5、0.6ポイント増加した。

 Uberの多様性に関する数字は徐々にしか増加していないが、同社の統計データはテクノロジコミュニティーのほかの企業と似たり寄ったりだ。GoogleやFacebook、Appleなど、他の大半のシリコンバレー企業も白人の男性従業員が大部分を占めている。

 

 

最新企業のセクハラ体質

最近のIT企業の勃興はほんとうに目覚ましいものがあります。いくつもの業界や産業が大きく変わっていきました。信じられないことですがAmazonやGoogleが自動運転にまで手を出すのですから、最早意味がわかりません。しかし、今後はあらゆる部分にtechが絡むのであって、既存の企業と合併したり人材を引き抜きながらどんなことも出来るようになるのがtech企業の強みだといえるでしょうか。

 

しかし、それだけ聞いているととにかく革新的で、進歩的で、文化的で優れた社内制度などがあるようにも感じますが、実際のところ,必ずしもそうではないことが最近はどんどん明らかになっています。Googleでは社内掲示板においていじめが発生し、Amazonなどでは部下に対するセクハラが横行し、そういう部分はこれまで随分と覆い隠されてしまっていました。

 

一体なぜこのような体質を持ってしまっているのでしょうか。それはベンチャーというのが基本的に昔のがむしゃらサラリーマン的な、朝から夜まで楽しみながら死ぬほど仕事をする文化だからです。その文化に相性の良い人間だけが集まります。しかも、これらのテック企業は基本的に極めて優秀な大学の卒業生のコミュニティの中で作られることも多く、そういう大学ではまだまだ白人男性の割合が高いというのも背景にあります。

 

日本企業とは違い、将来には期待

いまはそういうセクハラ体質的なところがある数々のIT企業ですが、しかしこれらはどんどん淘汰されることが予想されます。日本のように話題になっても結局その後何も変わらないというような会社ではありません。なぜならば、社会的な圧力が物凄く強いからです。最近のSNSがフェイクニュースに関わっているとわかった途端の政府からの強烈な圧力などを見ても、又それに対して国民が全く反発していないところを見ても、社会的な責任というのが極めて重く彼らの肩にはのしかかっています。

 

世界的な大企業ですから税金も大量に収めなければならないのに多国籍企業であることを良いことになんとか税金逃れもしており、それに対する反発もかなり大きなものになっています。これらは圧力としてのしかかり続け、彼らに強制的にその制度や状況を改善させるインセンティブを生みます。そしてそれは、ジェンダーなどにおけるフェアネスも同様です。

 

日本企業ではちょっとやそっとのことではまったく体質が変わりませんが、世界中のユーザーや政府から圧力がかかり続ける企業であるこれらの会社は今後どんどん状況がよくなっていくことが予想されます。結局自浄能力なんていうのは組織が持つことは殆どできなくて、どんだけ外圧がかかるかなんだろうなというのは残念ながら悲しい現実でしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る