2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Google Adsenseで稼ぐコツ 

アドセンスで稼ぐコツ

かん吉さんの「わかったブログ」に、「サラリーマンにとっての最強の副業はGoogle Adsenseだ」ということが書いてありました。かん吉さんの記事を紹介しつつ、私なりにアドセンスで稼ぐコツなどについて説明していきます。





ページに適した広告を自動で表示してくれる

さて、普段はウェブライティングを生業としている私ですが、グーグルアドセンスの運営経験もあります。

 

成果報酬型の広告(アフィリエイト)は、商品やサービスを売るための記事を書く必要があって、マーケティングや消費者の心理などを考える必要があります。広告の貼り換えなんかもしなきゃいけないし、いろいろ億劫。

 

しかし、グーグルアドセンスの場合には、ユーザーや記事内容に合わせて最適な広告を自動で表示してくれますし、どんな雑談であっても一定の報酬が入るのでとっても気軽です。

 

かん吉さんは、「ページ内容にあった広告を自動的に表示してくれる」とAdsenseの特徴を紹介しています。このように説明されると、「広告単価の高い広告を表示させるためにコンテンツ選びに頭を悩ませなければならない…」と思ってしまうかもしれませんが、実際には(禁止・NGコンテンツでなければ)どんな内容でもOKです。Googleはユーザーの検索履歴なども保存していて、これに基づいて広告表示もしてくれます(インタレストベースの広告)。

 

わたしが運営しているブログのデータですと、コンテンツベースの広告よりもインタレストベース広告の方が表示がクリック率も高くて報酬が得やすい感じ。

 

ではどんなブログを書けばいいのか

さて、Googleアドセンスで実際に稼ぐためには、どのようなブログを書いていけばいいのか…

 

かん吉氏は、特定のジャンルに特化したミニサイトが効果的だ、と説明しています(雑多ブログを使った手法も紹介していますが…)。

 

この点について、私の意見は…アドセンスはとにかくPV数が勝負ってところ。しっかり下調べをしてニッチな需要を狙った1日1000PVのサイトを必死に作るというのもいいんですが、適当な内容でも1日10000PVのサイトの方が収益は当然多い…まとめサイトなんかその典型じゃないでしょうか。

 

もちろん固定客をつけたり、ソーシャルで拡散してもらったりするためには内容もしっかりしていないといけないんですが、アドセンスで月1万円を超えるためだけなら、そんなに情報密度が高くなくても達成できるかなってのがわたし個人の感想です。

 

最初のうちは内容にこだわらず、自由にいろんなことを書いていって、ロングテールでPVをかき集めていくってのがいいんじゃないかなぁ。

 

記事引用

●最も気軽で簡単な副業の方法

アドセンスは、禁止されているコンテンツでなければ、どんな内容のサイト・ブログでも広告が表示されます。

自分が好きなこと、得意なことについての情報をネットで紹介することで、広告収入を得ることができます。

Googleの検索技術を利用して、ページ内容にあった広告を自動的に表示してくれます。アドセンスを利用する側は、良い情報を集め、良い記事を書くことに集中できます。

サラリーマンにとっては、気軽にできて、成果の得やすい副業です。

●雑多ブログよりもニッチなミニサイト

興味のあることを何でもポストするブログよりも、あるニッチなジャンルに特化したミニサイトを作ったほうが、Adsenseで効果的に収益を得ることができるでしょう。

なぜなら、ジャンルを制限したほうが、検索結果の上位に表示されやすいからです。

もちろん雑多ブログにもメリットはあります。更新回数が増えるため、ソーシャルとの相性が良いため、上手く回ると、多くのPV数を集めることができます。

雑多ブログをメインに運営して、あるジャンルの記事が増えてきたら、ミニサイトとして新たにまとめ直すスピンアウト戦略は、効果的です。

【参考】

●まず週2,500円を目指す

アドセンスで週2,500円以上の収益があると、Googleからメールによるサポートを受けられるようになるそうです(本書を読むまで知らなかった)。週2,500円 ≒ 月10,000円がひとつの目標になりますね。

もっと収益が上がると、電話によるサポートを受けられるようになります。担当者と話しながら、広告の位置や、コンテンツの内容などについて確認できます。

●厳しく記事をチェックされる

アドセンスには厳しいポリシーがあり、違反すると広告停止や、アカウントの凍結のペナルティを受けます。ビールやタバコを助長する記事もNGであることは、意外と知られていません。

ただし、ワインに関する記事はOKだそうです。日本人にはよくわからない感覚です。ワインは西洋の方にとって、高貴なものなのかもしれません。

アドセンスのポリシーを遵守していれば、コンテンツとしてはほぼ、社会的に問題ないと考えることができるでしょう。コンテンツのチェックにもなります。

【参考】

▼▼▼▼

以上の内容以外にも、アドセンスを有効に活用するための方法が、57個紹介されています。

アドセンスの利用方法だけでなく、人々を惹きつけるコンテンツの作成方法について多くのページが割かれています。

アドセンスのノウハウがまとまっている本って意外と無いんですよね。アドセンスに興味がある方は、ぜひ一読しておくことをオススメします。

 

via: サラリーマンにとって最強の副業はグーグルアドセンスである

 

関連記事

 

how to find job on google 600x337 Google Adsenseで稼ぐコツ 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る