2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

杏と上川隆也主演のドラマ「花咲舞が黙っていない」の銀行はリアルなのか 

「花咲舞が黙ってない」のリアリティについて

コラムニストで元三井アセット信託銀行執行役員の沢利之氏が、人気ドラマ「花咲舞が黙ってない」のリアリティについて、自らの経験談をふまえながら考察する記事を執筆しています。

 

わたしも最初の2~3話を見ていたのですが、実際のところのリアリティがちょっと気になっていたところ。わたしの母は銀行員で、「絶対にこんなんありえない」というようなツッコミばかりしていました。沢利之氏とはまったく逆の立場w 誇張とリアルのバランスが取れているのかどうかってのは、結局個人の主観でしかないんだなぁと…。実際、バランスが取れているのかどうかは、銀行員複数にアンケートでもとってみないとわからないかなぁ。まぁ、別に銀行員をターゲットにしたドラマってわけじゃないですからアレ。



ドラマは現実と違う

わたしは法学部出身なのですが、リーガルハイを見ているとなかなか面白いなぁと感じます。個人的にアレはリアルと誇張のバランスが実にうまかった。2期はちょっとキレがなくなっていて、個人的には残念でしたが…。

 

銀行や弁護士だけに限らず、いつの時代もドラマというのはデタラメばかりです。これが実際だと思っていたら、痛い目を見る。これは、大人よりも中高生などにしっかり伝えたいことだなぁと思います。

 

わたしの友人には、医療・福祉・看護系の専門学校に行ったやつが多いんですが…結構な割合で、途中で「こんなの違う」といって、別の専門学校に入りなおしています。 ドラマをきっかけにして、「将来の夢」を決めたって人も結構多いかと思いますが、実際に夢に向かって歩みだす際には、実際のところもしっかり把握しておくべきなんだろうなぁと思います。

 

銀行業務だって、あんなに大げさな事件がしょっちゅう起きているわけではありません。花咲舞の中に出てこない、端折られているような地味な仕事がほとんど。

 

ついでに言うと、どこの職場にいっても、うっとうしい人間関係のトラブルは必ず起きるってことも割と大事。 「花咲舞が黙ってない」は、このあたりの人間関係がリアルなんだろうなぁと思っています。

 

視聴率が高いのは、朝ドラの「ごちそうさん」効果(杏が主演だった)というのもあるかもしれません。前の枠は「明日ママ」で視聴率低かったけど、うまく波に乗れたからなぁ。 あと、原作ですかね。花咲舞の原作者は、池井戸潤さん。ルーズヴェルトゲームや半沢直樹と一緒の人ですねぇ。

 

記事引用

ブロゴス:「花咲舞」はどこまでリアルか から引用

 

数回前の話はあるベテランテラーが支店長のパワハラを告発するため、店頭で現金を過払いしたように見せかけ、実は札束を一つ(100万円)を隠し持ってしまうというものだった。現金不足を解消できない支店長は次長と語らって自腹を切って100万円を埋める。自腹で銀行の不足資金を埋めることは重大なルール違反。やがてこのことが発覚して支店長は更迭されるというものだった。

 

さてこの話のリアリティについて検討してみよう。既に時効になっている話だろうから、自分の経験を語ると私が15年ほど前に支店長として赴任したN支店は営業成績はそこそこ良かったが、内部管理面では最低ランクだった。その理由は直前の事務検査で早期改善が求められる最低点になっていたからだ。事務検査で大きなマイナスとなったのは、現金の入った手持ち金庫をカウンターの内側の棚に放置したまま店を閉め、翌朝抜き打ちの検査部検査でそれが発覚したことにある。そして手提げ金庫の放置はテラーのうっかりミスではなく、検査部検査で罰点を食らうことを狙った故意の行動だったのではないか?という噂が残っていた。なぜ検査で罰点を食らうようなことをしたか?というと前支店長のテラーたちの接客業務に対する無理解とパワハラにテラーの一部が反旗を翻したという解釈が噂されていた。

 

その後、前支店長は別の少し大きな店に転出したのが「花咲舞」と違うところだが、私が行員たちの不満を聞いて、モラール改善に努力したから検査部検査の罰点もそれなりの意味があったのかもしれない(笑い)。

 

現実の世界は複雑なもので、一つのマイナスだけで支店長が降格されるとは限らない。

 

ということで「花咲舞」の話は出来過ぎの感はあるが、支店長の理不尽な行動に行員が故意に重大なルール違反を犯し、検査部等本部の注意を引くという行動にでるということに私はある程度リアリティを感じている。

 

ついでにいうと「花咲舞」には自分の出世のために、平気でウソをつき、部下を踏みつけるような上司・支店長が頻繁に登場するが、このような例は枚挙にいとまがないほど多い。つまりこちらはもっとリアリティが高いということだ。

 

関連記事

 

32dda1cb31e57dbe964eb931ea0839f3 600x369 杏と上川隆也主演のドラマ「花咲舞が黙っていない」の銀行はリアルなのか 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る