2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ヘイトスピーチと法。基準を明確化することで何を得られるだろうか?

ヘイトスピーチ、という言葉が新聞に載らないことは滅多にありません。すっかり耳慣れた言葉になったものの、実際「あるべきやりかた」というのが不明瞭であることまできちんと認識している方はどのくらいいるでしょうか。



 

ヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)の対策を検討している大阪市の橋下徹市長は20日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長と市役所で意見交換をした。両者は怒号を飛ばして激しく応酬。主張は平行線のまま、30分の予定が10分弱で終わった。

 橋下氏は7月の記者会見で「ヘイトスピーチはやり過ぎだ。僕が直接対応する」と表明。これを受けて、在特会側が面談を申し入れていた。面談は報道陣に公開で行われ、会場となった市役所の会議室には100人ほどの報道関係者らが詰めかけた。

 橋下氏は「民族とか国籍をひとくくりにして評価するような発言はやめろ」と批判。そのうえで「参政権を持っていない在日韓国人に言ってもしょうがない。在日の特別永住制度に文句があるなら、それをつくった国会議員に言え」と求めた。一方、桜井氏は「あんたの友だちの国会議員に言っている」と返答。ヘイトスピーチを行ったという具体的な事実関係を示すよう求めたうえで、「民主主義のルールに基づいてデモ行進をやっている。言論の自由を否定するのはやめろ」と反論した。

 3メートルほど離れて座った両者は冒頭からけんか腰だった。最初に「あんた」と言われた橋下氏が不快感を示す。やりとりの中で「うるせえ、おまえ」と橋下氏が発言すると、今度は桜井氏が激高。両者が立ち上がって詰め寄り、警備担当者ら10人ほどに取りなされる場面も。最後は橋下氏が「もう終わりにしましょう」と、議論を打ち切った。

 「大阪市内ではヘイトスピーチを認めない」とする橋下氏の諮問を受け、大学教授や弁護士らでつくる市人権施策推進審議会の検討部会は今月からヘイトスピーチ対策の議論を始めた。来年2月に答申をまとめる予定で、被害を受けた人の訴訟支援など具体的な抑止策を打ち出したい考えだ。(井上裕一)

via: 橋下・大阪市長と桜井・在特会会長が面談 主張は平行線:朝日新聞デジタル

 

情報整理

朝鮮人学校や公衆の面前で民族差別をあおる「ヘイトスピーチ」をめぐって、大阪市長である橋下徹市長が16日に答申する抑止案をまとめました。橋下市長は、以前に在特会の会長である桜井誠氏と討論を行いましたが、討論というのには程遠いものとなりました。

 

現在、ヘイトスピーチを規制する法律がない中、市の独自の審査委員会が調査を行いヘイトスピーチを認定したうえで。是正勧告や被害者への訴訟費用の支援を行うことを盛り込むものとなっています。この答申書は、全国的にも異例の取り組みであり、表現の行き過ぎや地方自治団体が独自に調査を行い判断するため「表現の自由」の問題やヘイトスピーチ認定の判断基準など多くの課題が指摘されています。

 

また、在特会とは在日特権を許さない会のことを指します。設立の目的は、名前の通り「在日特権を許さない、そして撤廃」です。街頭だけでなく、朝鮮人学校の前でのスピーチなど様々な活動を行っています。

 

改めて説明することでもないかもしれませんが、ヘイトスピーチとは国籍や人種、宗教など特定の属性を持つ集団への暴力や差別をあおったり、侮辱したりする行為を一般に指しています。

 

ヘイトスピーチの問題点

そもそも、なぜヘイトスピーチが問題となったのでしょうか。簡単に説明していきたいと思います。皆さんもニュースや新聞などでご存じと思いますが、在特会の会員らが2009年12月~10年3月、京都朝鮮第一初級学校(京都市、現・京都朝鮮初級学校)の周辺で拡声機や街宣車を使い、「朝鮮人を日本からたたき出せ」などと演説したことが問題となりました。

 

これまでも、在特会は、このような演説を繰り返してきましたが、ドイツは刑法でナチスのユダヤ人虐殺を否定する言動を禁じていますが、英国やカナダには規制法があるものの日本に直接規制する法律はありません。そのため、法律で規律することはできないのが現状です。

 

そして、憲法21条により保障されている「表現の自由」があります。表現の自由は、憲法上もっとも保障されるべき権利といってもいいものです。人格の統制、人格の形成に必要不可欠なものであり、民主主義社会で、政治に参加するためにも重要なものといえます。

 

最近の動向

近年では、ヘイトスピーチに関して多くの議論がされており、実際に訴訟がなされています。京都地裁判決においては在特会に対して賠償金の支払いを命じる判決を出したケースもあります。

 

在特会は2009年12月、「朝鮮学校が公園を不法占拠している」として学校周辺で街宣を行い、演説の中で「犯罪者に教育された子ども」「朝鮮半島へ帰れ」などと主張しました。学校を運営する京都朝鮮学園は、在特会と元会員ら9人に損害賠償などを求めて提訴し、在特会側は判決を不服として控訴しましたが、街宣をめぐっては元会員ら4人が威力業務妨害罪などで有罪判決が下る結果となりました。

 

まとめ

ヘイトスピーチは日本を除く先進国、さきほどあげたアメリカ、ドイツなどではすでに法律により規制されています。しかし、日本は人種差別撤廃条約を結んでいるのにもかかわらず、規制する法律がないのが現状であります。

 

私見ではありますが、もちろん表現の自由は保障されるべきであり、私たちにとって重要な権利であります。しかし、表現の自由は、内心的には絶対的保障がなされますが、外心的な表現に関しては常に他人の人権侵害と隣り合わせにあるものと考えます。

 

人種により、人権に差があるとは思えません。表現の自由の保障の観点から、より厳格にその言動がヘイトスピーチにあたるものなのかを審査すべきとともに、ヘイトスピーチにあたる基準を少しでも明確にすることでヘイトスピーチの抑止につながるものと考えます。

 

橋下市長の答申に関しても同じことが言えると思います。地方自治団体が独自に行うことの必要性や許容性を国民に示し、基準を明確にする必要があるでしょう。

 

最近のフランスでのテロも含め、いま「自由」というものがなんなのか、そしてそれが意外と国によって異なっていることが浮き彫りになっています。法や倫理に「正解」を求めるのは虚しいことです。先進諸国がそうやっているんだから、というのは文化的・歴史的背景を考えていない浅はかな考えでもあります。

 

日本における「自由」概念が再検討されることが望まれているでしょう。そしてそれはどこかから取ってきた概念ではなく、私たちの文化や歴史に根ざしたものではなくてはならない、それが重要なことなのです。

 

関連記事

 

545bde475a7bce5bd55651b8bb283687 ヘイトスピーチと法。基準を明確化することで何を得られるだろうか?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • キジトラさん
    • 2015年 1月 18日

    >橋下市長は、以前に在特会の会長である桜井誠氏と討論を行いましたが、討論というのには程遠いものとなりました。

    これは本当に橋元市長がひどすぎた。
    衆院選で維新が勝てたのが不思議なくらい。
    大阪の闇と橋元市長は固く結ばれているのか?と穿った見方されても仕方ない。

    >改めて説明することでもないかもしれませんが、ヘイトスピーチとは国籍や人種、宗教など特定の属性を持つ集団への暴力や差別をあおったり、侮辱したりする行為を一般に指しています。

    それはあなた達左側の勝手な解釈です。
    特定の属性というならオタクだってハゲだってそうです。
    なんで在日だけ保護されるのか?
    ふざけんな!と日本人に思われても致し方ないでしょう。

    >近年では、ヘイトスピーチに関して多くの議論がされており、実際に訴訟がなされています。京都地裁判決においては在特会に対して賠償金の支払いを命じる判決を出したケースもあります。

    これは言い換えればヘイトの規制は必要ないということです。
    現行の法体系で対応できると立証されたのですから。

    >ヘイトスピーチは日本を除く先進国、さきほどあげたアメリカ、ドイツなどではすでに法律により規制されています。しかし、日本は人種差別撤廃条約を結んでいるのにもかかわらず、規制する法律がないのが現状であります。

    アメリカのどの州の何と言う法律を指していますか?
    はっきりと答えてくださいね(ニッコリ

    それと中国と韓国は先進国ではないのでしょうか?
    そもそも日本は欧州でもないしアメリカでもありません。
    アジアの一国です。だったらアジアの先進国と比較するべきなんじゃないですか?
     
    その辺りがものすごくご都合主義というかサヨクらしくて ス テ キ ☆

    >表現の自由は、内心的には絶対的保障がなされますが、外心的な表現に関しては常に他人の人権侵害と隣り合わせにあるものと考えます。

    だったらオタクとかハゲとかそういう属性も保護しなかやならんでしょ?
    そもそも人権ってキモ地悪いです。この程度のことで。
    ヘイトも同じ。既にキモチ悪いんですよ。

    >人種により、人権に差があるとは思えません。表現の自由の保障の観点から、より厳格にその言動がヘイトスピーチにあたるものなのかを審査すべきとともに、ヘイトスピーチにあたる基準を少しでも明確にすることでヘイトスピーチの抑止につながるものと考えます。

    は?それがおかしいでしょ?
    基準が明確にもなってないのに何で規制の話になるの?
    抑止なんつーもんを考えるならまず定義が先でしょうに。
    だからザイニチ側の魂胆は見え見えなんじゃないですかね?

    >最近のフランスでのテロも含め、いま「自由」というものがなんなのか、そしてそれが意外と国によって異なっていることが浮き彫りになっています。法や倫理に「正解」を求めるのは虚しいことです。先進諸国がそうやっているんだから、というのは文化的・歴史的背景を考えていない浅はかな考えでもあります。

    これね。正解はないです。そんなものあってたまるか!と思うんです。
    それにず欧州とかアメリカとか先進国とか言うヌルイワードで誤魔化そうとする感じがイヤです。
    自分達はこうだ!というのが大事だと思うんです。
    それを欧州が!アメリカが!とかいうのは「お母さんが言ったモン!」と何ら変わらんのです。
    少しは恥を知れ!と言いたくなります。

    >日本における「自由」概念が再検討されることが望まれているでしょう。そしてそれはどこかから取ってきた概念ではなく、私たちの文化や歴史に根ざしたものではなくてはならない、それが重要なことなのです。

    再検討するのはいいんですけど、その検討がザイニチよりで行われるのが怖い。
    それを日本人は危惧しているんですよ。これが根本。

    そもそもヘイトとか日本人の9割以上は気にしていません。
    だって関係ないから。勝手にやってくれ、みたいなもんで。
    在特がヘイトやったからって一般の日本国民には痛くも痒くもないんです。
    そんなの気にするのはザイニチかプロ市民か意識高い系くらいなもんでしょ。

    そんな連中の戯言で日本人の自由が書き換えられても困る。迷惑なんですよ。
    言ってみればヘイトなんて勝手にやりゃいいじゃん。そう思います。
    それで現行法で処罰されればそれでいい。
    でも、それが私たち日本人の自由を脅かすのは我慢がならないんですよ。

    これが意識高い系の困ったところでねえ。
    弱者の味方オレカッケー!的な中2病爆発ですもん。どうしようもない。

    ヘイトを規制するなら全ての属性に対して規制かけるべきです。
    それが公平な精度であり自由というものです。
    ザイニチだけが保護される規制は不公平。これは自由じゃなくて不自由って言うんですよ。

    • tamanyan
    • 2015年 1月 20日

    ヘイトスピーチ規制の問題点は3つ。

    ヘイトスピーチの定義が曖昧であること。
    言論の自由に制限を掛けるという重大さが理解できているんでしょうか?
    明確化に向けた動きが全く見られないのも気になります。

    不平等な法律であるということ。
    「日本人死ね」も「朝鮮人死ね」も言われた側が受ける心の傷は同じです。
    外国人だけに限定する理由はありません。

    緊急性が無いと言うこと。
    今の日本には外国人を対象とした暴行事件等、新たに法律を作って
    対応しなければならないような酷い人種差別はありません。

    人間である以上、差別意識をゼロにはできません。
    嫌いだという感情を法律で縛って何の解決になるのでしょう?

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 21日

    結局、ヘイトって誤魔化しなの。
    ヘイトって一昔前の人権と同じでサヨクの常套手段と言っていい。
    被害者コスプレを身にまとう事で自分を優位にする。
    ただそれだけの手法なんす。

    ヘイトの規制って言うけど罰則は持たせようとしないでしょ?
    何故だかわかる?
    ヘイトってなくなったら困るんだよ。サヨクは。
    ヘイトがいつまでも行われていて、そして自分が被害者だと主張する。

    その構図がほしいんだよ。サヨクは。

    つまりサヨクの立場はそこまで危ういってこと。
    そんな事しか自分を肯定して見せられないところまで落ちぶれちゃってるんだ。

    だからヘイトの騒ぎって見てて楽しいよ。
    サヨクの断末魔みたいなもんだからね(笑)

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 29日

    ネトウヨが長文で発狂しまくっててワロタ

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る