2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ヘイトスピーチ規制法は罰則がなくても委縮効果がある以上反対

ヘイトスピーチ規制法案が見送り

ヘイトスピーチ規制法案…参議院で審議されていますが、今国会での採決は見送りとなりそうです。

 

左翼ざまぁ?

 

それがそうでもありません。ヘイトスピーチによる差別を嫌っている人間でも、ヘイトスピーチ規制法については賛否が分かれているのが実情です。わたし自身、この法案については反対の立場。



ただの理念法でも問題はある

有田芳生などが提出したヘイト禁止法案(人種差別撤廃施策推進法案)には、罰則はありません。ヘイトはよくないっていう大きな方針を定めるだけの理念法です。

 

罰則はないし、表現の自由を不当に害することもない。だから、成立させろ。ってのが賛成派の言い分です。

 

確かに、理念法だけなら憲法には違反しないかもしれません。しかし、罰則なしでも「違法行為」との指摘を、ことあるごとに受ける可能性が十分にあります。ダウンロード違法化法(改正著作権法)の経緯を踏まえれば、十分に想定できるでしょう。民事的な違法と刑事的な違法の違いがさほど周知されていない我が国の現状をかんがみると、理念だけでも違法とするのははばかられます。

 

2ちゃんまとめサイトなどのコメント欄に、「ヘイトスピーチだから通報しました」って書き込みが大量につく。こんな場面は容易に想像できます。

 

「違法」との指摘で、表現側がためらってしまう。これだけでも、十分に表現の自由を侵害しているんです(表現の委縮効果)。

 

他にも問題はあります。そもそもヘイトスピーチかどうかの判断が難しく、素人にも警察にも判断できないであろうってこと。この議論はよく出されていますね。すでに語りつくされているので、今回は割愛します。

 

80008c5de0c30096e7462a068610dba0 ヘイトスピーチ規制法は罰則がなくても委縮効果がある以上反対

 

現行刑法での対処

ヘイト禁止法を成立させないで、どうやってヘイトスピーチをなくしていくのか。という声が聞こえてきそうです…

 

現行刑法には、名誉棄損罪・侮辱罪などが規定されています。特定個人に対するヘイトは、現行刑法の範囲内で十分対処可能です。

 

集団に対するヘイトは禁止されていませんが、会社などに対する誹謗中傷は業務妨害罪で対処できます。

 

刑法で対処できない部分については、罰則・法律による縛りを設けるのではなく、社会的制裁(※)や、社会的な啓発で対処できるんじゃないでしょうか。 ※わたしは社会的制裁には合法的なものもあると考えています。差別的発言をする人を白い目で見る、村八分にする、などは合法的な社会的制裁です。

 

 ヘイトスピーチ規制法は罰則がなくても委縮効果がある以上反対 個人が社会的制裁、私刑(リンチ)を行うことについて | キジトラ速報

 

「日本人は~」「アメリカ人は~」「韓国人は~」などのカテゴライズに基づく分析・意見は、論評にはつきものです。どこまでが差別で、どこまでが区別なのか。これを見極めるのは容易ではありません。恥の文化である日本では、法によって縛るよりも社会的な統一見解を形成させる方が効果的なことも多いはずです。

 

記事引用

特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチを禁じる「人種差別撤廃施策推進法案」について、自民、公明の与党は今国会での採決を見送る方針を固めた。与野党はヘイトスピーチを問題視する姿勢では一致したが、「表現の自由」とどう両立させるかで折り合えなかった。国際的にみて日本は関連法の整備が遅れており、課題は先送りされた。

 与党は27日、国会内で民主党など野党が出した推進法について協議したが結論は出なかった。出席した自民党議員の一人は「何がヘイトスピーチか、誰が認定するかが難しい」と語り、今国会中は与野党合意できず、採決に至らないとの見通しを示した。

 「ヘイトスピーチは許されない」との考えは自民、公明、民主、維新の4党で19日に一致していた。しかし、憲法が保障する「表現の自由」との兼ね合いを巡り、溝は埋まらなかった。

 

via: ヘイト禁止法案、採決見送りへ 表現の自由で与野党に溝:朝日新聞デジタル





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る