2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

【教育】偏差値重視主義は悪いことなのか 

NPO「NEWVERY」の「WCV」

以前、イケダハヤト氏もブログで紹介していたNPO「NEWVERY」の「WCV」(WEEKDAY CAMPUS VISIT)について、再度取り上げてみたいと思います。

 

WCVは、オープンキャンパスをさらに充実させたような内容。より実際に近い授業を受けてもらい、大学選び・学部選びのミスマッチを防いでいくという目的のプログラムです。

 

 【教育】偏差値重視主義は悪いことなのか 偏差値重視の大学選びから脱却 「WEEKDAY CAMPU VISIT(WCV)」 : キジトラ速報

このプログラムに関して、以前とりあげた際、3つの疑問点があると指摘しました。

 

  • 1.WCVで偏差値重視から脱却できるのか
  • 2.WCVは非効率じゃないのか
  • 3.利益構造が不明確で、ミスリードが起こりかねない





偏差値をものさしにするのは悪いことなのか

今回は、以前紹介したときより少し時間が経っていますし、ブロゴスのコメント欄の意見なども新たに出ていましたので、新しい角度からWCVについて考察してみたいと思います。

 

4.偏差値を物差しとすることは悪いことなのか

 

これは1の前提となる疑問点・論点です。偏差値重視主義による「誤った」進路指導がミスマッチの原因だ、とNEWVERY側は主張しています。

 

しかし、現在の教育体制や高校生の判断能力などを考えると、偏差値というより客観的な指標「のみ」を基準に選んだ方がよりよい判断ができるのではないか、とも思えます。

 

いろんな角度・視点からの情報を提供するというのは、親切なようでいて、かえって不親切。判断を難しくさせるだけだ、と考えることもできるってわけです。

 

確かに、高校のころは偏差値だけ考えてりゃよかったから楽だった…。 偏差値を悪者扱いするのではなく、軸としてとらえ、それに付随価値・情報を提供していくって形がベターなのかなぁと思います。

 

そもそもミスマッチは悪いことなのか

5.そもそもミスマッチは悪いことなのか? さらに根本的な疑問点・論点ですw

 

ミスマッチだと感じて、他の大学に入りなおすってくらいの回り道は決して悪いことではないはずだ、という意見。 ある程度のミスマッチが起こるのはしょうがないと割り切った考え方ともいえるかもしれません。

 

個人的には面白い意見だと思いますが、しなくてもいい遠回りはできる限り防ぐべきなんじゃないかなぁとも思えます。

 

今回のNEWVERYの説明を読んでいると、どうも3の点が気になってきます。偏差値はよくないけど魅力的ですよ~と言ってしまうと、何か裏にカネが絡んでいるんだろうなぁと疑ってしまう。 利益主義は決して悪いことではないけど、高校生はそういうことを判断できるのか、かえってミスマッチを増やしてしまうことにならないか、という点が心配。

 

記事引用

日本の学士号の種類は679個

川原:ミスマッチがなぜ起きるかという点で、みなさんに質問があります。今は大学の数、学部学科の種類も増えています。なんとかデザイン学部、環境なんとか学部が出来ていると思った方もいると思います。今、日本に学士号の種類、何種類くらいあるかご存知の方いらっしゃいますか?

679種類です。しかも、2011年の調査です。そして、その約6割が1つの大学にしかないオンリーワンの学士です。学生募集のためにオンリーワンの学部ですよ、とアピールしているわけですね。高校生が進学において重視する項目は「学びたい学部学科コースがある」が75.6%。でも、本当に選べているのでしょうか。

高校の進路指導の現場は「心理学に興味があります」「お前の成績ならA大学の心理学科は狙えるぞ」「がんばります」、以上、という流れです。

実際には「それはいいな。人の心を学んで将来はそれをどう使いたいんだ?」という教師からの問いかけなどで深く会話をすることが大切です。

心理学部に行きたいと語る学生が「人の心理を勉強して新しい商品を作りたい」というなら、マーケティングを学ぶべきかもしれません。「うつ病に悩む人を助けたい」なら、医学部の精神医学かもしれません。「子どもたちの心理を学んで教育に活かしたい」のなら教育心理学かもしれません。こういったことを指導していないのが大学選びの現状だと思っています。

バラ色の学生生活を見せる大学広報

大手の予備校の調査だと、大学に入学して、ミスマッチを感じ、一度中退し、別に大学に再入学する人は年間に3万8000人います(参考:朝日新聞デジタル:大学入学後の「再受験」急増 9年で60倍、予備校調査)。

「ちゃんと選べよ」と高校生に言ったところで、大学のパンフレットにはだいたい同じことが書いてありますよね。就職率が良い、資格が取れる、教養を大事にしています、英語力がつきます、などなど。

オープンキャンパスの4大がっかりは、「入試と就職の話しか聞けない」「パンフレット以上のことは分からない」「模擬授業を見ても他大学との違いが分からない」「普段の雰囲気とはまったく違う」です。

大学関係者に怒られそうですが、オープンキャンパスはバラ色の大学生活を見せて「楽しそうな大学だな」という印象を抱かせてしまう、ただの「お祭り」じゃないか、という問題意識を感じています。

そういった情報しか与えられないので、たくさん資格が取れる、パンフレットがきれい、偏差値が高い、オープンキャンパスが活気ある、学部名がかっこいい、といった表面的な理由で大学を選択してしまうのが現状です。

やるべきこととして、自分の進路について考えるきっかけを高校生に提供したい、そして各大学学部の内容を深く理解し、マッチングを図ろうとしています。

もっと深く大学を選べる「WEEKDAY CAMPUS VISIT

私たちのプログラムについてもご紹介していきます。NEWVERYは、高・大接続以外にも大学向け事業をやっています。1つは中退予防のコンサルティングです。次に大学の教員向けの研修もやっています。中退の対策に加えて、授業そのものを良くしていかないとね、ということです。

そして、WEEKDAY CAMPUS VISITという大学選びのプログラム、直近では大学生向けの学生寮もオープンしようとしています。教養を育むのは大学で、人間性を育むのは学生寮だと思っているんです。

大学選びの部分に着目しているWEEKDAY CAMPUS VISITについてお話します。オープンキャンパスでは分からない大学の雰囲気や大学の選び方を学んでほしいな、ということでこのプログラムをやっています。これについては、去年の11月にNHKでも特集していただきました。

WEEKDAY CAMPUS VISITは、高校生が無料で参加できます。特徴としては「普段の大学の授業を受けてもらう」という点になります。高校生のために用意された模擬授業は高校生向けに身近なテーマになっていたりして、入学後とは違うんですね。高校生が、普段大学生がどういう様子で授業を受けているかを見られる、というのも重要です。

もうひとつの特徴は、高校生向けにガイダンスと振り返りのワークをやります。表面的な見方ではなく、自分は今日はどんなポイントを見るのか、先輩たちの様子を見てどんな気付きがあったのかを話すグループワークを前後にやっています。

「東京の大学で、資格が取れて、英語に力を入れている偏差値55の大学」と、「少人数授業で、キャンパスが充実した地方の偏差値50の大学」があったときに、偏差値だけで決めるのではなく、自分のモノサシで大学を選ぶようになってほしいと考えています。

これは就職活動においても同じことだと思います。大企業が良い、上場企業がいい、中小がいい、これもモノサシの話です。大学選びの時点でモノサシがあれば、就職時にもうまく選んでいけるのかな、と思っています。

参加した大学生の声としては、「少人数の授業を見て大学のイメージと違って驚きました」「自分の努力やふるまいによって大学生活の充実度は変動すると実感した」「同じように授業を受けていると、あまり身に付かないと感じた」などの声があります。

このプログラムは2013年度に本格展開を始めました。去年は21校。来年度は100大学を目標にしています。全国の大学で実施していきます。

WEEKDAY CAMPUS VISITは、場を提供する大学さん、プログラムを開発する私たち、そして前後のフォローをしていただく高校の先生方、そういったネットワークとして機能しています。

最終的には全国で展開していって、今のようなブランドや知名度や偏差値ではなく、教育や研究の中身で大学が競い評価される時代をつくります。それなくしては、本当に教育をやっている大学が生き残れない状況になってしまいます。適切な市場原理が働くようにしていきたいと思っています。

岩切:WEEKDAY CAMPUS VISITは、同じようなことを普通に大学独自でやっていてもおかしくないと思ったんですが、大学自身でこれまでやらなかった理由はあるんでしょうか?

川原:大学独自ではやっているところはありました。が、ほとんどは授業を公開するだけで、前後のプログラムがなかったんです。あとは、どんな大学でも不真面目な学生はいるので、表面的なネガティブな印象を持って帰ってしまってうまくいかなかったというのが現状だと思います。

岩切:ありがとうございます。ここで5分ほど休憩を取ったあと、ディスカッションに入りたいと思います。

via: 大学を再受験する若者は3万8千人。ミスマッチが起こる理由と、その解決策

 

関連記事

 

7cd85e860bcd2f7b53762b82859eb93c1 572x600 【教育】偏差値重視主義は悪いことなのか 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (9)
    • キジトラさん
    • 2014年 8月 06日

    こういう考えって義務教育から高校までなら分かるが、大学まで行って全て道筋たててもらえなきゃ失敗するから駄目ってのは甘えだよ
    どうでもいい大学が増えてることのが問題

    • 2014年 8月 06日

    管理人は因果関係を勘違いしてるよね。
    偏差値って受験生の過去の統計から合格する確率をだすためのもの。
    その数字からバカが自分の大学を選ぶことが悪いって言ってんじゃないの?自分の偏差値は40だからF欄の某大を目指すみたいな。
    じゃなくて、やりたいことがあって、それをやれる大学を見つける。そしてそこを目指して勉強しようよってことでしょ。
    目指す上で自分の位置を知るために偏差値を使おうよってこと。
    偏差値は手段であって目的ではないでしょっていうのを教育会に提起してるんでしょ。

    • 舛添リコールデモ、絶対参加!
    • 2014年 8月 06日

    舛添リコールデモ、絶対参加!

    • TPP
    • 2014年 8月 06日

    〜アメリカによる原爆投下も戦争犯罪になってしまう〜

    ブレイクニー弁護人(東京裁判にて)
    「・・・キッド提督の死が真珠湾攻撃による殺人罪になるならば、我々は、広島に原爆を投下した者の名を挙げることができる。投下を計画した参謀長(ヘンリー・スチムソン)の名も承知している。その国の元首(ハリー・トルーマン)の名前も承知している。彼らは、殺人罪を意識していたか?してはいまい。我々もそう思う。それは彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである・・・(弁護の途中で速記録の翻訳停止という妨害がなされた)」

    後に、ブレイクニーは東京に法律事務所を開設したが、1963年3月4日セスナ機を操縦中、伊豆半島にある天城山の山腹に激突し死亡した。

    \  ヽ  |  /  /
    _ブレイクニー ←YouTubeで検索
    /  /  |  ヽ  \

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 06日

    偏差値を重視することは悪いことではないですよね。
    そこは同意します。

    ゆとり教育の弊害の方がはるかに問題でしたし。

    当然、社会に出れば色々な価値観にもまれる。
    偏差値だけでわたっていけない世界です。
    でも、だからと言って学校教育の教育の根幹がバラバラでは生徒は何に集中すればいいのかわからない。
    学生の頃は偏差値という基準で競い順位付けするしかないんですよ。

    当然、付加価値とかのプラスアルファにも意味もありますが、行き過ぎるとそれが逃げ道になる。
    学生は偏差値を高めるための教育を受ける。だから勉強する。
    その意識付けはきちんと学生に対して説明するべきです。

    ゆとり教育は個性を重視した結果失敗した。
    その個性って付加価値だったんですよね。自分にとって。
    でも、それは結果的に甘えに繋がった。学習意欲も下がってしまった。

    学生のうちは何かの基準で図るしか方法はないんです。
    で、今はそれが偏差値だってことです。

    • ユリウス・カエサル
    • 2014年 8月 07日

    偏差値が高い奴には有利だと思うよ。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 07日

    勉強を普通にしてたらある程度の大学には入れてある程度の教育を受けれるんだよね。
    ここ最近の偏差値がどうこうの流れってさ、言い方悪いけど馬鹿にも良い教育を、んで就職もの流れが嫌すぎる
    ずうずうしくね?なんの努力もしてないのに学歴で差別するな!個人を見ろ!っていうのは。こういうスレができるのもゆとり教育の弊害だよ。

    • 名無し
    • 2014年 8月 08日

    中卒.高卒.MARCH以下のFラン大卒=努力できない人
    学歴=努力の証
    コレが事実なんだから低学歴が底辺階級なのは当たり前。
    低学歴が学生時代に勉強から逃げて遊んでる間に
    高学歴の方々は死に物狂いで勉強してたんだし…
    俺ら低学歴が社会の底辺なのは一生変わらないよ。大人しく社会の底辺で這いつくばって生きよう。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 08日

    >俺ら低学歴が社会の底辺なのは一生変わらないよ。大人しく社会の底辺で這いつくばって生きよう。

    いや、社会に出れば関係ない。
    偏差値が尊重されるのは就職までだから。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る