2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

貧困層の生活改善には成功体験が必要

低所得者ほど不健康な生活をしている

低所得者ほど不健康な生活をしている…との調査結果を厚労省が発表しました。

 

 貧困層の生活改善には成功体験が必要 時事ドットコム:低所得者ほど穀類摂取=肉野菜少なく、食事に偏り-喫煙者は増加・厚労省調査

 

で、厚生労働省が「低所得者は…余裕がなくなっているのではないか。食事の内容を見直すなど健康への関心を高めてほしい。」とのコメントを出しました。この意見が、ネット上で拡散され、炎上状態に…wうん…貧しい底辺生活を経験したことがあるなら、今回の厚労省のコメントは「煽り」以外の何物でもないってのがわかるはず。

 

 貧困層の生活改善には成功体験が必要 「低所得者は食事を見直して」 厚労省のコメントが、”現代のマリー・アントワネット”との声も





そんな言葉が貧困者に届くわけ無い

ツイッターなどでは、「キャベツの千切りくらい買う余裕はあるだろ」など、低所得者を批判するツイートも見受けられました。でも、やっぱり貧民に健康的な生活を求めるのはなかなか難しいんですよねぇ…。

 

先日、Gigazineで「貧困に陥ると長期的な展望を持てず、その日ぐらしとなってしまう」との記事が紹介されていました。

 

 貧困層の生活改善には成功体験が必要 なぜ貧困に陥ると間違った決断をしてしまうのか?そこには避けられない心理的要因があった – GIGAZINE

 

喫煙率が高いのも、健診未受診が多いのも…すべて、低所得者の「その日ぐらし」的な思考パターンとつながっているように思えます。「もうどうにでもなれ」というようなある種の自傷行為的な側面も混じっているかもしれません。

 

将来に希望が見えなければ、未来のことなんて考えず今のことだけを考えてしまいます。こういう心理的な側面がある以上、「健康を大事に」とか「キャベツくらい買えよ」とかいう意見は、すべて心に響かずに上滑りしてしまうんですよねぇ。

 

70f5f122e0ca01aa89b8577fe57dd9ac 貧困層の生活改善には成功体験が必要

 

成功体験が必要

もちろん、低所得層の健康を増進させた方が、国全体のためになりますしその人自身のためにもなるってのは明らかです。ですから、改善させるためになんらかの措置を行わなければなりません。

 

貧したことがない人は、お金をあまりかけずに健康的に生活できるレシピやライフハックを云々って発想になるかもしれませんが…そういうのでは、そもそものモチベーションを作ることができないので意味がありません。やるべきは、脱貧困のための政策。あとは、自助努力によって生活が上向くってことを実感させるための「成功体験」ってところでしょうか。希望が持てない人に希望を持たせるってのは、宗教とか洗脳とかじゃない限り難しいとは思いますが…心理学的なアプローチをもう少しやれないかなぁとは思う。

 

低所得者の不健康さは、心理的・構造的に根深いものなんだってことを政府や富める人はもっと理解しなければなりません。関心を高めるべきなのは低所得者ではなく、厚生労働省をはじめとする行政の方なのかも…w





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る