2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

【プア充】日本の貧困化は進んでるけど心の満足度は増してるらしい

プア充

統計数理研究所が5年に一回実施している調査で、面白い結果が出たようです。生活は良くなる気配はなく、努力しても報われないと思っているけど、心の豊かさ・満足度は増加している…

 

いわゆる「プア充」(貧しいけど充実している)ってやつでしょうかw経済的な豊かさと心の豊かさとは正比例するとは限らない。これに関しては、異論はありませんが…この状態が好ましいのかどうかってのはまた別の話。



貧困を肯定すると経済が回らない

貧しくて心が豊かってのは好ましいって風潮には、わたしはちょっと同意できない。貧しくてもいいやっていう発想は、社会を負の方向にどんどん引き下げていくような気がするんですよねぇ。

 

経済的に貧しくても心が豊かならいいじゃないか、そういう考えが蔓延すると経済が回らなくなります。経済力が落ち続けていくと、心の豊かさすら維持できない最底辺が増加していくであろうことは間違いないでしょう。

 

心にゆとりがある底辺が増えると、心にゆとりを持てないような最底辺へのプレッシャーはより強くなります。「わたしは貧しくしても満足できているのに、どうしてあなたは貧しいことに不満を持っているの」というような人たちが出てくるのは想像に難くないw

 

努力しても報われないけど、心が豊かってのは、つまり向上心自体を否定してしまうことになりませんかねぇ。わたしは努力する人が報われるような世界の方が好きだなぁ。

 

プア充なんて甘え

ちなみに、わたしは貧しくても豊かな心は持てるってのはちょっと甘い考えだとおもっています。本当に貧困で苦しんでいるときには、心の豊かさ・ゆとりなんて持てません。月収10万円を切るようなプア生活をしていたときには、やっぱり余裕はなかった。そこそこの生活をしている底辺なら余裕が持てるんだろうけど…w

 

貧しくても豊かな心は持てるし、そうあるべきだって風潮が蔓延したらそりゃあ生きづらい社会になるだろうなって思う。

 

底辺の自覚

最近のわたしのマイブームは、「底辺の自覚」。底辺であることを自覚し、それを楽しむ(向上心も含む)ってのが、底辺には必要だと思います。ちょっと上述した意見と矛盾するようにも思えますが、自覚なく自分はそこそこ恵まれていると感じているからこそ心が豊かになるんじゃないかなぁと思っている(自覚のない底辺)。

 

ちょっと散漫な記事になってしまいました。プア充とか、田舎のファスト風土で満足してしまうマイルドヤンキーとか…底辺なのに底辺って気づけていない人たちが増えてきているように感じる今日この頃。

 

記事引用

「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している。こんな傾向が統計数理研究所の調査で明らかになった。生活水準が変わらないと感じている人の割合も急増しており、景気低迷が長引くと、現状に合わせて精神的満足度が上がる傾向が見て取れる。

 この調査は同研究所が5年に1回実施しているもので、20歳以上の男女6400人に対して個別面接を行ってデータを収集している。今回発表となった調査結果は2013年のものである。

 この中で、心の豊かさに関する4段階の評価では、「非常によい」あるいは「ややよい」と回答した人の割合が前回調査(2008年)の28%と比較して47%に急増した。また、「もう一度生まれ変わるとしたら日本に生まれてきたい」と回答した人も、前回の77%から83%に上昇している。特に20代の男性の増加が著しく、前回は54%だったが、今回は74%となっている。日本人の自身に対する精神的な満足度はかなり高くなっていることが分かる。

 一方、自身の生活水準については、「変わらない」という人が44%から53%に増加している。悪くなったと回答した人は、日本が金融危機寸前まで追い込まれた2003年には急増しているが、その後、減少している。全体的には、小康状態で生活水準は低位で安定しているということになるだろう。
 将来について「努力しても報われない」と考えている人は、前回の17%から26%に増加している。自身の将来について期待できないと考えている人が増えていることになる。

 この結果を総合すると、生活水準は低位で安定し、将来の展望はないが、精神的な満足度は向上しているということになる。一見矛盾しているように見えるが、そうでもない。

 人間は経済的な生活水準が高いほど満足度が高くなると考えられるが、やはりそこには限界がある。また生活水準が下がると、それを受け入れ、その中で満足度を高めようという動きも出てくる。
 日本経済が長期低迷する中、精神的満足度が上がっているというのは、多くの人が、物理的な水準向上はあきらめ、現状を受け入れ始めていると解釈することができる。

 こうした結果が出ること自体はまったく不思議ではないが、政策的観点で考えると非常に微妙である。日本人自身が満足しているので、金銭的な生活水準を無理に向上させる必要はないのか、それとも、この結果は、あくまで物理的な貧しさから来る、自己防衛本能であると解釈し、物理的な水準向上を目指すべきなのか、という議論が出てくることになる。従来からの常識で考えれば、当然、後者ということになるのだが、はたしてどうだろうか?

 

via: 生活は良くならず独力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 

関連記事

 

7826eabb5df82f8731cda02ab9e42540 【プア充】日本の貧困化は進んでるけど心の満足度は増してるらしい




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • 2014年 12月 30日

    向上心がなくなったらお終いだろうね。

    • キジトラさん
    • 2014年 12月 30日

    結局、それは日本が恵まれているってことでしょう。
    中国ではそんなセリフはけません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る