2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

香港に対する中国の支配が強まる…国歌の強制、中国史教育の必修化

一国二制度と言われる特殊な状況にある香港と中国との関係は、ますます軋轢を強めています。中国はそれに対し、柔和な姿勢ではなく強硬なパターナリズムを発揮する模様です。



全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は11月4日、「香港・マカオ基本法付属文書3に含める全国的法律を増やす決定草案」を可決し、「国歌法」を香港にも適用することが決まった。林鄭月娥・行政長官が10月に発表した施政報告(施政方針演説)では中学校での中国史必修化も盛り込まれるなど、国民意識の向上を目指す動きが進んでいる。(編集部・江藤和輝)

■ブーイング問題で切迫感

 10月10日に旺角スタジアムで行われたアジアカップ予選の対マレーシア戦では、観客席で中国国歌に対するブーイングや「香港独立」の横断幕を掲げるなどの行為がみられた。この行為がアジアサッカー連盟(AFC)の規律に関する規定の第65条に違反することからAFCは31日、香港サッカー協会(HKFA)に対して厳重警告を発し、再度同条例に違反した場合は香港代表の試合を無観客試合とするなど、厳しく処分すると発表した。

 2年前には香港で行われたワールドカップ予選で数試合続けてこうした観客のマナー違反があり、国際的に問題視されていた。当時は一連の事件で国際サッカー連盟(FIFA)がHKFAに警告を3回、罰金を2回科している。

 全人代常務委は9月1日、「国歌法」を可決した。国歌の歪曲・侮辱に対する罰則強化や刑事責任追及などの改正を行い、10月1日から施行された。続いて31日には全人代常務委に「香港・マカオ基本法付属文書3に含める全国的法律を増やす決定草案」が提出された。

 全人代常務委法制工作委員会国家法室の武増・主任は香港・マカオが返還後、「国旗法」「国徽法」を現地立法の方式で施行したことを挙げたほか、「国歌の尊厳を守ることが市民の言論の自由、表現の自由と対立するとの観点は間違い」と強調。全人代常務委法制工作委員会の張栄順・副主任は草案の説明で「近年、香港では国歌を尊重しない事件が発生し、1国2制度の原則と社会価値の限界に挑戦している」として香港での国歌法施行はこれら行為を防止・処理するために差し迫った重要性があると指摘。ただし基本法付属文書3に盛り込むことが採択されても、香港での現地立法が必要で、香港での適切な罰則などが制定される。

via: 国歌法を香港にも適用 国民意識高める=香港ポスト-サーチナ

bob wine dine festival 香港に対する中国の支配が強まる…国歌の強制、中国史教育の必修化

 

香港と中国の不思議な関係

世界史を勉強している人にとってはある程度ご存知のことかもしれませんが、香港と中国というのは非常に不思議な関係の国歌です。なんとなく中国っぽいけど中国と全然違う文化がある、程度の認識の方も多いのではなかろうかと思います。

 

香港は、元々中国の領土でしたがアヘン戦争という中国とイギリスの間の戦争の結果、イギリス領になった場所です。かれこれ150年もの間イギリスの植民地としての文化を持ち続け、その後1997年に(つまりつい20年前に!)中国へと返還されることになりました。

 

しかし、中国のような社会主義国家に少なくとも50年間はしないことが約束され、バリバリの資本主義国家として世界の金融都市の1つとして名を挙げています。ロンドン、ニューヨーク、パリ、東京といった都市と同じランクですね。

 

そう考えてみると、いよいよ中国とはかなり異なる文化であることが明らかなのですが、一国二制度という名のもとに一応中国の中でもめちゃくちゃ自治が強い地域という扱いにしているのです。

 

しかし当然軋轢はすごい

まったく想像に難くないと思うのですが、上記のような経歴から香港人にとって中国とは遠い故郷であり最早いまの人達にとってのオリジンとしての機能は極めて小さいものになっています。ですから国歌問題などが出てきているわけですね。

 

国歌を強制されても、彼らにとっての国歌は香港(あるいはイギリス)であり中国ではないと考える人達が反発を強めるばかりではないでしょうか。しかしそれほど強硬な手段を取らないと中国としても扱いにくい地域ですから、なんとか首根っこをつかむために必死。

 

中国の歴史を教育で必修化するというのも重要な策でしょう。本当に子どもの教育で価値を刷り込むことは有効な戦略です。実際国家としての安定のためにもっとも重要なのは歴史-そして共同体としての認識を持たせること。果たして今回の中国からの宣告にたいして香港はどのように対応するのか見ものですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る