2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ホテルで働く障害者女性、料理長に殴られ蹴られ「障害が移る」とまで言われる

絶対に許されない事件がおきました。こういうことが現代日本で未だに起きていると思うと信じられない気持ちです。刑法上の罪によって罰せられるべきであることは間違いないでしょう。許してはいけません。



 仙台市青葉区の仙台国際ホテルに勤務する40代の男性料理長から繰り返し暴力を振るわれたり、暴言を吐かれたりしたとして、宮城野区の社員鎌田あゆみさん(21)=休職中=が近く宮城県警に被害届を提出することが29日、分かった。

 鎌田さんは生まれつき両脚にまひがあり、障害等級は4級。市内の専門学校を2016年3月に卒業後、同ホテルに正社員として採用され、同7月ごろにフレンチレストラン「セラン」に配属された。
 鎌田さんによると、同7~12月、調理場で洋食部門の男性料理長から「お前の触った物を触ると障害がうつる」と暴言を吐かれたり、「息が合わない」と左頬を右手で殴られて鼻血が出たりした。今年1月2日にも料理長から蹴られ、調理場で転倒したという。
 暴行があった当日、鎌田さんは母親(42)を伴い、料理長やホテル幹部と面談。ホテル側は、料理長が鎌田さんを膝で突き飛ばした事実があったとして、料理長ら2人がその場で土下座して謝罪した。だが、その後も暴言が繰り返されたとして、鎌田さんは今年6月下旬以降、休職している。

via: <仙台国際ホテルパワハラ>「料理長から暴言や暴力」障害者女性社員が休職 近く被害届 | 河北新報オンラインニュース

6617484c31ae4c2fa61e1e492e52922e ホテルで働く障害者女性、料理長に殴られ蹴られ「障害が移る」とまで言われる

 

絶対に許されない事件

こんなに記事を読んでいて腹が立つことも滅多にありません。こんなことが現代社会で起きてよいのでしょうか。まず第一に、暴力を振っているというのが信じられない。今の時代、部下を殴って怪我させるなんてありえない。たとえホテル業界はブラックだとかそんな慣習があるとか言われたって関係なし。普通に暴行罪で逮捕されて下さい。

 

またムカつくのが障害が移るなどというわけのわからないことを言うところ。差別以外の何物でもないし、事実認識としても完全に間違っているし、そもそも馬鹿すぎる。こんな小学生みたいなことやっていて恥ずかしくないのかと思う。恥ずかしいだけじゃ飽きたらない。人のことを傷つけているということにどれくらい自覚的なんだろうか。

 

しかもこいつ、どうやら無自覚っぽいのが腹立たしい。母親を引き連れてホテルに事情を聞いたら暴力を振るっていたことも認め、土下座で謝罪しているにも関わらず、その後にまた繰り返し同じようなことを繰り返しているとのこと。その場その場では謝っておきながら実際何にも反省していないということがよくわかります。

 

こういう事件は絶対に赦しちゃダメ

こういう事件があったとき、どうにも日本では裁判に訴えない事例が多いように思います。相手も反省しているし、許してあげましょうと。裁判沙汰にするほどのことではないよね、なんて。こんなにわかりやすく裁判沙汰にするべきことが他にありますかという感じ。

 

この加害者男性をフォローするような人間がこの世界にいるとは考えにくいですが、もしいるならなんとしてもその理由を聞きたい。暴力事件の加害者が逮捕されることについてどんな申開きがあるというのだろうか。しかも繰り返し。謝罪をしてもまたすぐ繰り返す。反省もなければ後悔すらないのではないか。

 

障害についてもかなり馬鹿にしているようですし、こういう人を許してはいけません。なんだかんだ警察沙汰にならないと思っているから気軽にこういうことを行っているのでしょう。小学校や中学校のいじめも同じです。ちゃんと罰さないからつけあがるのです。

 

犯罪行為は犯罪行為。この加害者がきちんと社会的に罰を受けることを心から祈ります。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る