2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「スチュワーデス」「八百屋」「床屋」は差別用語? 表現の自由とはなんなのか 

マスコミによる自主規制という名の言葉狩り

元フジテレビアナウンサーのフリーアナウンサー長谷川豊氏が、ブログでテレビ局の言葉狩り(自主規制)について意見を語っています。

 

長谷川氏の主張の要旨をまとめると…

 

  • ・スチュワーデス、八百屋、床屋などの表現がテレビから消えている
  • ・各局の代表者からなる「日本語制定委員会」が決定している
  • ・ハゲ、デブ、チビなどは規制されていない。圧力団体がないからだ

 

で、テレビ局の自主規制はおかしいんじゃないかってことを主張しています。





表現の自由を振りかざしつつ過剰な自主規制を行うマスコミ

長谷川豊氏、個人的にはあまり好きではないんですが、この件に関しては全面同意。言葉狩り・自主規制は大嫌いです。「表現の自由」を振りかざすマスコミもあまり好きではないのですが、一方ではこうやって過剰な自主規制を行っている… なんとも矛盾した行為だなぁと思ってしまいます。自分で自らの首を絞めていっているということに気づいていないのでしょうか。気づいてはいるんでしょうけど、すぐに影響が出るものではないから、「声の大きな団体」のご機嫌をうかがう方を優先してしまうってことなんでしょうけど…

 

児童ポルノに関しても、立法よりも数歩先を行った規制をメディア側が行い始めています。

 

先日、ドラえもんの劇場版が放送された際にしずかちゃんの裸のシーンに「光」でボカしが入ったそうです。深夜アニメなどでは決して珍しくない規制の方法ですが…数多くの子供達が見にきていたであろう映画館では規制はなし。テレビ版だけ規制…

 

3月末には、GMOが「フィギュアが児童ポルノに当たるのでブログを削除する」という通知をブログ利用者に対して一方的に突きつけたそうです。この問題は現在も、数多くの署名が集まるなどして炎上中。外部からの指摘があったので削除通知を送った、とのことのようですが…こういうことやってしまうだけで、GMOのイメージが悪くなるのにどうして過剰なことをするのかなぁ。

 

自分の首絞めてるんじゃないの?

「気に食わない表現はやめろ」「規制しろ」 このようなことを言うだけは簡単です。特定の事項・項目でしたら不利益も限定されていますので、割とサクッと規制の要求に応じてしまうこともあるかもしれません。 しかし、一つ規制を許してしまうと、他の言葉問題ないのかという声が必ず上がってきます。

 

長谷川氏もブログで主張していますが、スチュワーデスがNGで女子アナがOKというのは、合理的には説明できないはずです。 差別だと主張して規制に持ち込むだけは簡単ですが、まわりまわって自分の不利益につながってくることもあるんじゃないかと思う次第。

 

記事引用

長谷川豊公式ブログ:【『スチュワーデス』って差別なのか?】から引用

 

僕はもう局アナじゃないんで、少し自由に発言しますし、話をしようと思いますが、この話はもう僕が入社4年目か5年目…つまり、今から10年以上前のことになります。

 

テレビ各局には「日本語選定委員会」っていう存在がありまして、まぁ…「基準となる日本語やアクセントを決めていこう…という組織があります。 昔はNHKだけで話し合っていたようですが、最近は各テレビ局から代表者が選ばれて、その人間たちが集まって 「この言葉は不適切だ」 とか 「このアクセントはもう標準と思っていいんじゃないか」 とかを話し合ってたりします。

 

で、僕たちが入社4年目か5年目くらいだったと記憶しているんですけど…いくつかの言葉がテレビ上からいきなり消えたことがあるんです。皆さんはあまり気付かれなかったと思います。と、言うのも大きく報道したり紹介するような話ではないので。

 

具体的に言いますと、テレビ上から 『スチュワーデス』 『八百屋』 『床屋』 といった表現が「差別表現に当たるのではないか」という事でそれ以降、使用しなくなったのです。

 

??

 

聞いた直後は何の話か分かりませんでした。なんで差別?差別ってもっとアレなんじゃないの?もっと蔑むというか…。 よく聞くと、『八百屋』さんや『床屋』さんは職業差別。『スチュワーデス』さんは「性差別だ」というご指摘を受けたというんですよね。

 

それ以降、テレビ上では八百屋さんの事は「青果店(せいかてん)」。床屋さんの事は「理髪店(りはつてん)」、スチュワーデスさんの事は「客室乗務員(きゃくしつじょうむいん)」って呼ぶようになりました。スチュアートさんの事は「男性客室乗務員」ですよね。 テレビ、見ていただければ分かるんですけど、みんなそう呼んでるはずです。正直に言うと、余計分かりにくくなったんじゃないかと心配したもんです。 まぁ、個人的にはそう呼ばれて傷つく人がいるんなら、まぁしょうがないか…というか、別にどっちでもいいや、と受け入れていたんですが、今思えば、最近何かと指摘されている

 

「行き過ぎた自主規制」

 

の典型がそこの頃からはやり始めていたのかも知れません。

 

悲しい話ですが、アナウンサーと言ってもただの会社員です。会社が決定したことには従います。もちろん「スチュワーデス」だろうが「客室乗務員」だろうが、別に伝わり方は一緒だし、いいかとも思いましたしね。でも、その時、僕は大事なことを忘れてしなっている自分に気付いていませんでした。正確に言うと、大事なことを考えて、大事なことを守るために戦うことから逃げているテレビ界全体の仕組みに気付いていませんでした。

 

日本人は憲法に従って行動します。日本は法治国家なので当たり前のことです。ではその憲法にはなんて書いてあるのでしょう? 表現の自由 思想の自由 宗教の自由 そして、報道の自由。 戦前、それらが抑圧されて、戦争へと突き進んで言った日本。その反省から作られた憲法です。もちろん、戦後アメリカから押し付けられた日本の憲法自体に異論を唱える人も少なくはないですが、とにかく、日本は今はこの憲法を守ってみんなで生活しなければいけないはずなんです。

 

でも実際の日本は、農耕民族の、村社会の、鎖国国家の遺伝子からは抜け出せているとは言い切れない状態です。

 

「空気を読めよ!」

 

周りが全部右を向いているのなら、一人だけ左とか向いてんじゃないよ! 宗教?怖いよ!オウム??サリンでも撒くんじゃないの? 日本では「人と違った価値観」は叩かれ、思想の自由なんて死語もいいところ。報道もそう。文句を言われたらとにかく、聞こう。苦情が来たらとにかく対応しよう。「報道の自由だ!」なんて言ったらどれだけ叩かれることか。

 

結果、声の大きい人間だけが、ただただ存在感を示せる社会になりました。 声の小さな人は無視されていきました。

 

例えば、頭の薄い人に対して「ハゲ!」 太ってる人に対して「デブ!」 背の低い人に対して「チビ!」

 

こんな言葉、全部「差別表現」のはずです。僕は人の身体的特徴を揶揄するのが嫌いです。 努力不足だった、 やる気がなかった そんな事を責めるのは悪いとは思わないです。でも、背の低い人、自分から望んでそうなったのか?頭の薄い人、自分からなりたくてそうなったのか?

 

でも、テレビ上でもそれらの言葉は一切禁止などはされていないんですよね?理由は簡単です。それらの言葉に対する

 

強い圧力団体

 

がないからです。面倒くさくないから放置してるんです。上記した言葉には人間に対する差別意識が明確に存在します。人を生まれた特徴によって差別し、蔑んで知ることは明確です。でも制限されません。

 

「大きな声」がないからです。

 

簡単に言うと、「日本『ハゲ』を守ろうの会」という組織が存在し、テレビでそんな表現をしようものなら街宣車がテレビ局を取り囲むようなことが一度でもあれば、テレビから『ハゲ』なんて言葉は1日で消え去ります。そんなもんなんです。

 

他方、僕は『スチュワーデスさん』という言葉にはそもそも「憧れ」のような意識があるんじゃないかとすら思っていました。綺麗で、華やかで。素敵な女性たちの集まり。実際にはよく話を聞くと、意外と肉体労働だったり、過酷だったりするそうですが、それでも、世間のイメージって、そんなに悪くないと思っていました。でも、原則は禁止となりました。だって…

 

「大きな声」で文句を言われたから。性差別的なニュアンスが入っていると。

 

僕、思うんですけど、スチュワーデスって言葉を禁止にすることには異議はないんですけど、じゃあ「女子アナ」はいいのかい?って聞きたくなるんですけど、皆さん、僕が変なんですかね?女性アナウンサーたち、「女子アナ」なんて呼んでほしいと思ってるのか?

 

あれらの言葉を禁止にするということは、テレビ局は表現の自由というものを守るよりも、「大きな声」に対して逆らうことは面倒くさいので、従うことを選んだんだと思います。それは、実はテレビだけじゃなくてマスコミに携わる人間たちが絶対に忘れてはいけない、われらの誇りともいえる

 

「表現・報道の自由」

 

を捨てた姿勢ともいえるのだと、僕は思ってます。何故か?本当に『スチュワーデス』を差別だというのであれば、他にも禁止しなきゃいけない言葉なんて山ほどあるからです。それらを禁止していない以上「文句言われるのがやだからやめときます」という姿勢にしか見えないからです。

 

関連記事

 

53e8a95060238f163f102dea68293534 600x400 「スチュワーデス」「八百屋」「床屋」は差別用語? 表現の自由とはなんなのか 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • キジトラさん
    • 2014年 4月 13日

    こういう文章読むとブサヨってマジでキ○ガイなんじゃないかと思います

    • キジトラさん
    • 2014年 4月 13日

    面白い記事でした。
    スチュワーデスの響きにに憧れを抱いた時期もありました。

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 17日

    会社の金を横領するほうがおかしいよ

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る