2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

人手不足倒産が相次ぐ…原因は「代わりはいくらでもいる」という考え方でしょ

なんだか最近企業が人材を確保出来なくて大変だと困っているようですが、さんざん安く非正規雇用を使ってきたくせに何を言っているんだという気持ちでいっぱいです。



人手不足で売り上げ減の末に… 「若い方ばかりでなく、60歳ぐらいまでの方に働いてもらえればと募集をかけていたが、電話も全然かかってこない。こんな状況は本当に初めてだったー」 これは、今回取材した運送会社の元社長の言葉です。この会社は人手不足の影響で、去年8月に破産を申請しました。異変が起きたのはおよそ3年前。退職したドライバーを補充しようとしても応募がぱったりこなくなったといいます。 会社は、景気回復で仕事が増えると見込んでトラックを新型に買い替え、実際、取引先からの発注は増えていきました。その一方で、ドライバーの確保が難しくなって、仕事を受けられない状況に陥っていきました。 高齢化もあってピーク時に16人いた社員は破産直前には8人に半減。トラックを売却するなど身の丈を縮めてしのごうとしましたが、売り上げが減り続ける中で、経営が行き詰まり、創業40年を超える長い歴史にピリオドが打たれました。 運送会社の元社長は「人がいないので仕事が受けたくても受けられない。予定していた仕事をこなすこともできず、売り上げが落ちていった。人がいれば仕事をずっと続けていたし、いろいろと考えていたこともできたと思う。本当に悔しいだけです」と語りました。 via NHK NEWS WEB “人手不足倒産” 現場でなにが?

pixta 27543160 M1 人手不足倒産が相次ぐ…原因は「代わりはいくらでもいる」という考え方でしょ

 

人材を使い潰してきたのでは

なんだか気に入りませんね。最近企業が人材不足で困っているといいますが、それって因果応報以外の何物でもないのではないでしょうか。私は就職氷河期や派遣村といった過酷な報道を今もよく覚えています。

 

人を雇って育てる。中長期的な目線で雇用する。この一番の理由は、こういうときの人材不足問題に対応するためでしょう。人材はいきなりやってくるわけではなく、企業の中でコストをかけて育てるものです。人材は投資であって、コストではないのです。

 

但し、多くの経営者はいまとなっては人件費をコストとして認識するようになってしまいました。コストは削減した方が良い。投資は今後のために行うこと。「代わりなんていくらでもいる」と思って投資をせずコストとして認識し、彼らの人生も気にせず気軽に切り捨てたり雇用したりを繰り返してきて今に至るわけですよね。

 

使い捨てをやめよ

就職氷河期の人たちが味わった苦痛というのはどれほどのものだったでしょうか。彼らは能力的には他の年の学生と何も変わらないのに、ただ景気が悪いというだけでうまく就職が出来ませんでした。

 

その時景気が悪かったから仕方なく就職できなかったかもしれませんが、その後に景気が回復しても企業は彼らを救いませんでした。なぜなら彼らは新卒至上主義。一度非正規雇用に入ってしまったような人たちを雇用したくはなかったのです。

 

その後も、彼らは他の人たちと初期ステータスは変わらないのに非正規雇用だからスキルを身につける事もできず、非正規雇用として生き続け、貯金も出来ず結婚もできず年金も支払えず生きている人たちがたくさんいるのです。

 

こんな風に人を取り扱う企業達がいま人材不足に喘いでいるのを見ると本当に腹が立ってきます。人材を散々バカにした企業が、いま人材に困っているのは因果応報。就職氷河期で苦しんでいた世代をいまこそ正社員として雇いなさい。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る