2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

不眠症を改善するのに役に立った方法、立たなかった方法

現代人と睡眠について

良い睡眠はよい生活・良い人生につながる…

 

ライフハッカーが、、毎朝体力全快で起きるための7つの睡眠習慣についての記事を書いていました。

 

 不眠症を改善するのに役に立った方法、立たなかった方法 毎朝全快で起きるために心がけたい、7つの睡眠習慣 | ライフハッカー[日本版]

 

現代人の多くは睡眠に関して何かしらの悩みを抱いているんじゃないでしょうか。わたし自身、不眠症・過眠症の傾向があり、寝ても疲れがなかなか取れず疲弊した日々を送っています…。そんな睡眠に悩む現代人の1人として、ライフハッカーの記事を読んでみましたが、ちょっと物足りない感じ。精神論が多く、すでに実践してるよ・知ってるよってことばかり…。



私が気をつけていること

ということで、今回は睡眠に悩み続けているわたしが、実践していることを少し紹介していきたいと思います(これらを実践しても、不眠症を完全には改善できていないのでご注意を…)。

 

6d5211bfde5a6797f86fd53470fb2794 不眠症を改善するのに役に立った方法、立たなかった方法

 

1.まず病院へ

いきなり病院とクスリを勧めるってのもあれですが…わたしたちは医学に精通しているプロではありません。素人です。民間療法などに頼るのも悪くはないかもしれませんが、素人判断でヘタなことをするとますますこじらせてしまいます。何か病気が原因の可能性もありますし、念のため病院できちんと診てもらうようにしましょう。

 

2.クスリを使おう

どのような薬を処方するのかは、医師の判断です。症状・状況に応じて適切なものを選んでくれるでしょう。

 

わたしの場合、抗不安剤と睡眠薬が処方されています。抗不安剤を飲むと、悶々と考え込むことが減ります。睡眠薬は、わたしは超短期作用型の睡眠導入剤・ハルシオンを処方されています。依存性・副作用などのデメリットもありますが、クスリを使うとすんなり寝れるので、不眠に伴うストレスは激減しました。

 

3.寝る前・寝るときには照明を暗くする

明るい画面などを寝る前に見ない、寝ようと思ったら部屋を暗くする。基本ですが、照明と睡眠との関係は実証されています。昔は明るくても寝られた…って人も加齢によって寝付きづらくなることがあるようです。

 

4.自律神経を整える

自律神経が乱れていると、不眠になりやすいものです。ぬるめのお風呂に長時間使って副交感神経を働かせるってのが熟睡の基本。

 

個人的には、水風呂・サウナの交互浴が効くなと思っています。あとは、自律訓練法(Wikipedia参照のこと)。

 

他にも細々としたコツみたいなものがありますが…今回はこれくらいに。

 

これらは効かなかった

最後に参考までに効かなかった方法も紹介しておきます。

 

  • ・体を使って疲れる:カラダが疲れていても寝れないときには寝れない。
  • ・何も考えない:無心になろうとすればするほど邪念が沸いてくる。
  • ・サプリ:効きません。そもそもサプリは効果を表記できない。クスリの方が確実。
  • ・酒:寝酒は熟睡を妨げます。




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る