2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

フランスのスポーツ外交、北朝鮮に圧力をかけるも無意味そう

韓国で行われる五輪に対し、選手団を危険に晒せないとしてフランスが参加を見送る可能性を示しました。北朝鮮に対する明確な批判となりますが、この声明に何かしら外交上の意味があるとは思えません。



北朝鮮情勢受け「ピョンチャン五輪辞退も」仏スポーツ相

フランスのフレッセル・スポーツ相は、北朝鮮が核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返していることを受け、来年、韓国で開かれるピョンチャン(平昌)オリンピックについて「選手を危険にさらしたくない」として出場を辞退する可能性があるという考えを示しました。

フランスのフレッセル・スポーツ相は21日、地元ラジオ局のインタビューで、来年2月に韓国で開かれるピョンチャンオリンピックについて、北朝鮮が核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返していることを念頭に「治安情勢が悪化し安全が確保されない場合、選手団はフランスにとどまることになる」と述べ、安全確保に懸念を示しました。

そのうえで「われわれは選手を危険にさらしたくはない」と述べ、安全が確保されない場合、フランスの選手団が出場を辞退する可能性があるという考えを示しました。

北朝鮮の核・ミサイル開発に関連してフランスの担当閣僚がピョンチャンオリンピックへの出場辞退の可能性に言及したことで、ほかの国にも影響が広がる可能性もあります。

一方でフレッセル・スポーツ相は「選手団は4年以上の時間をかけて準備してきた」とも述べ、ピョンチャンオリンピックが予定どおり開催されることが望ましいと強調しています。

via: 北朝鮮情勢受け「ピョンチャン五輪辞退も」仏スポーツ相 | NHKニュース

K10011152631 1709222010 1709222013 01 02 フランスのスポーツ外交、北朝鮮に圧力をかけるも無意味そう

 

外交政策の一環?

フランスが選手団を派遣しないことに伴い、他の国も続々参加取りやめを発表する可能性があります。そうなると、韓国での五輪は骨抜き状態になってしまい国家の威信に関わる問題になります。

 

もちろんフランススポーツ相はそのような事態になることは避けたいと考えており、そうならないように国際政治的な安全性をちゃんと作って欲しいと訴えているわけです。北朝鮮の暴力的な行動を非難している形になります。

 

当然こうなると韓国としては北朝鮮への怒りを溜め、外交的により強硬な姿勢を取ることが可能になります。「国家行事に影響を及ぼすほどの軍事行為はこれ以上見過ごせない」といった言い方も可能になるわけです。

 

それが北朝鮮に対して何らかのインパクトとなれば、このスポーツ相の発言も効果があると言えそうですが、実際のところどうでしょうか。

 

北朝鮮にとってはどうでもいい話

もしも北朝鮮がこう考えていたら話は別でしょう。「我々北朝鮮は国際関係の中でも、リーダーシップと美徳とを持ち合わせた国家であり、スポーツのような素晴らしい文化活動に対して敬意を払っている。にも関わらず、それを邪魔しているように取られるのは極めて遺憾である」と。

 

まずありえないですね。スポーツよりも、彼らの目が明らかに国防と暴力に向いていることは火を見るよりも明らかです。もしそのような非難を受けた所で、彼らが考えを変えることはこれっぽっちもありえないでしょう。よって、韓国がそれを武器に責め立てたところで全く無意味です。

 

むしろこのような行為が「我々の軍事力によって他国の国家行事にすら影響をあたえることができた」と言い換えることすら可能なわけで、北朝鮮にとってはマイナスどころか出来るならもっと大騒ぎして欲しいと思っているのではないでしょうか。

 

また、これは勘ぐり過ぎかもしれませんが、もしも外交的な意図を明確に持って行ったとするなら、それはある意味で「スポーツの政治化」であるといえるでしょう。これは選手団からしても、必ずしも嬉しい発表ではなかったのではないでしょうか。

 

彼らの気持ちはわかりませんが、少なくとも私にとっては、このスポーツ相の発言が何かしらポジティブな意味を持つとは到底思えません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る