2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

笑いは文化を超えるのか? あの「フルハウス」が続編制作を決定!

何度も再放送されていたため知っている人も多いあのアメリカのホームドラマ「フルハウス」が続編制作を決定! 海外の笑いはよくわからないという声も多いですが、それって本当でしょうか。



 

 アメリカの人気シチュエーション・コメディドラマ『フルハウス』が20年ぶりに、『フラーハウス』として復活することがわかった。前作、『フルハウス』は、サンフランシスコの一家が舞台。妻を交通事故で亡くし、男手ひとつで子育てをする男性のもとに、友人や義理の弟、近所の住人が加わりできあがった、“奇妙な家族”が織りなすコメディドラマだ。1987年から1995年にかけて8シーズンが放送され、熱心なファンが存在することで知られる。

 だが、一方でアメリカのコメディドラマは日本人とは相性が悪い。「まったく笑えない」「どうでもいいことで笑っている」「何がおかしいのかわからない」と話す人も少なくない。かつて『進ぬ! 電波少年』(日本テレビ系)においてダウンタウンの松本人志が、アメリカンコメディに挑戦したこともある。この企画が問いかけた「アメリカのコメディはなぜつまらないのか?」という思いは大部分の日本人の本音でもあろう。

 アメリカのコメディドラマがつまらない理由について、現地への留学経験もある、一ノ瀬氏(仮名・40代)に話を訊いた。

「日本人がアメリカのコメディドラマをつまらないと思う理由はやはり、文化的背景が影響しているでしょう。アメリカ人の生活習慣や文化や風習といったものを知らないと、何を笑いにしているのかわからないというものがあります。例えば日本のアニメである『クレヨンしんちゃん』は、幼稚園児の主人公が、本来は敬うべきである親にタメ口を使い、純粋である子どもにふさわしくない下ネタ発言や、おっさんくさいふるまいをするギャップに面白みがありますよね。ただ、そうした日本の習慣を知らない外国人が、番組を見て内容を即座に理解できるでしょうか。アメリカのコメディドラマにも同じことがいえます」(一ノ瀬氏)

via: (1ページ目)「アメリカの笑いは日本人には理解不能」留学生が語った日米のコメディ論 – デイリーニュースオンライン

 

超人気ホームドラマ

フルハウスといえば、平日の夜18時から19時くらいにやっていたイメージ。家族みんなで見ていたという人も多いのではないでしょうか。笑いあり、涙ありの友情や社会問題を描いた作風は非常に人気があり、アメリカではすべてのエピソードで「全年齢対象向け」というお墨付きももらっています。

 

その人気を伺わせるのが、ABCニュースでも続編ドラマの制作が取り上げられるほど! 基本的に日本にまで展開されるようなドラマというのは現地国での人気が前提とはいえ、ここまでの取り上げられ方は中々無いのではないでしょうか。

 笑いは文化を超えるのか? あの「フルハウス」が続編制作を決定! ‘Full House’ Reboot Is Officially Happening, and Here Are the Details – ABC News

 

タイトルはフラーハウスに

名前がフルハウスからフラーハウスに変わるとのことですが、どんな意味があるのでしょうか。英語を学んだ人にはすぐに閃く人もいそうです。full house→fuller houseへと変わっているのです。

 

元々フル(いっぱいの)ハウスとは、「満室」を示す言葉です。人がたくさんいるドラマの舞台そのものですね。このfullから、fuller(もっといっぱいの)に変化して続編らしさを出しているようです。

 

また、隠れた意味としてポーカーのフルハウスの手役も指しています。2人の父親と3人の娘という設定で初期は作られていたことの名残から。ちなみにフランス語ではおかしな7人といった意味のタイトルに訳されているようです。

 

笑いは文化を超えるのか

さて大人気のこのドラマですが、よく日本の笑いと海外の笑いは種類が違うという言葉を聞きます。イギリスジョークは皮肉が聞いていて、アメリカンジョークはオチが秀逸といったステレオタイプな印象もあります。

 

一言で言うと、笑いの種類のよるということ以上の何者でもありません。例えば背景知識がほとんどいらない笑いの一つとして、ドリフターズの建物が壊れ続けるジョークがあります。

 

階下に降りようとする階段が壊れて滑り台のようになり落ちてきて、ふらふらと立ち上がって壁によりかかるとそれも倒れ。玄関に向かって病院へ行こうとすると床が抜けて落とし穴のように落ちていく。

 

このような笑いには文化的背景がほとんどありません。言語の理解を要する言葉遊びも少ないですし、政治的なジョークに繋がることもほとんど無いため受容されやすいものだといえます。 裏を返せば、そのような笑いを内包したものは文化を超えるのが難しいともいえそうです。

 

言葉のジョークと、政治のジョーク

これらは最も外国人からすると理解しづらく、かつ翻訳しようにも中々出来ない翻訳者泣かせのものになりそうです。みんな知っていて、かつ本当にはその面白さを知らない物語の代表作が不思議の国のアリスだと筆者は考えています。

「私の身の上話は長く悲しい話でして」とネズミはアリスにむかってため息をつきました。
「もちろん長いシッポにはちがいないでしょうけど」と、ネズミの尾を不思議そうに見ながらアリスはいいました。「でも、悲しいシッポというのはどういうわけ?」


この部分は、「おはなし(tale)」と「シッポ(tail)」という単語の掛け合いが理解できないと何を言っているのかわからない。(’Mine is a long and a sag tale!’ said the Mouse, turning to Alice, and sighing. ‘It is a long tail, certainly,’ said Alice, looking down with wonder at the Mouse’s tail; ‘but why do you call it sad?’)

via: たくろふのつぶやき : アリスの英語

 

こういった具合に、どうしても訳出出来ない面白さというものもあり、これらはどうにも仕様がありません。(物語そのものの面白さが勝って世界中で知られた物語ではあるものの、本当はもっともっとユーモアに富んだ物語であり、子供も好きそうですよね)

 

同様に政治的なジョークというのも、歴史的な背景や最新のニュースを知っていないと(とはいえ日本に来る頃には数年前になっていることもあり、余計に)わかりづらいこと間違いなしです。

 

とりわけ聖書や神話をモチーフにしたジョークなどはわかりづらいのではないでしょうか。逆の視点からいうと、金太郎や桃太郎を使ったジョークを外国人に話してもわかってもらうのは難しそうです。(赤いエプロンを付けた体の大きなアメリカ人男性に、「まさかり使って料理するのかい?」と言っても通じないでしょうね)

 

まとめ

当たり前のことですが、笑いには様々な種類があります。「文化を背景とするジョークかどうか」というのが、文化を超えられるかどうかの大きな要因かもしれません。

 

そしてもう一つとっても大事なことが、翻訳者の能力です。アメリカから日本に来たもう一つの有名なドラマに「アーノルド坊やは人気者」という作品があります。

 

その決めゼリフは「冗談は顔だけにしろよ」なのですが、元々の英語の直訳では「何言ってんだよウィルス」となっており、前者のほうがいわゆる「笑いを生む一言」になっていると言えそうです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る