2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

遺伝子操作によって生まれた子どもは既に存在している。「胎児の権利」とは

「世界初の遺伝子操作ベビーたちが、来年高校を卒業する」とtech crunchが報じています。理論上は3人の親を持つという子ども達ですが、現在の健康状態などは未だ発表されていない模様。このニュースに忌避感を持つ方も多いと思いますが、それはなぜなのでしょうか。また、胎児の権利とはなんなのでしょうか。

 

SFスリラー映画、「GATTACA[ガタカ]」を覚えているだろうか? まだ見ていないか、90年代後半のポップカルチャーを何らかの理由で避けてきた人たちのために書いておくと、これは1997年に公開された遺伝子操作人間を扱った人気映画だ。そして、同じ年に生まれた、文字通り遺伝子を操作された赤ちゃんたちが、高校3年生になろうとしている。

この目的の遺伝物質移動に最初に成功した例は、1997年に米国医学誌に掲載され、その後2001年にはHuman Reproduction誌に引用された。科学者らは計30体の胎芽を第3者の遺伝物質に挿入した。この方法で生まれた子供たちは、2人の母親から追加のミトコンドリアDNA(mtDNA)断片を受け継いでいる ― これは理論的に3人の親を持つことを意味する。

30人の赤ちゃん全員が健康であるかどうかは未だに不明だ。ニュージャージー州、セント・バルナバ生殖医療科学研究所(IRMS)はこの実験に参加し、今年になって少なくとも17人の今やティーンエージャーとなった子供たちの追跡を始めたと、英国のIndependentが伝えた。本誌はIRMSに連絡を取り、追跡調査の結果を尋ねているが未だ回答はない。

via: 世界初の遺伝子操作ベビーたちが、来年高校を卒業する – TechCrunch

 

親と子

親子の関係とは一体どういったものでしょうか。日本の民法上は、母と子の関係を「出産関係」によって明確に規定しています。すなわち、子どもを産んだ人が母親になるわけです。このルールは代理出産などにおいても大きな問題を孕んでおり、実際平成19年でもこのルールに基づいて、海外では認められた「実の親子関係」を最高裁が否定した判例がありました。論文があったのでこちらをご確認ください。





子どもは誰のものか?

子ども、というのは誰のものでしょうか。古来ギリシャでは、養育しきれない赤子などは犬に食わせるといった現在では到底受け入れがたい文化が当たり前のように残っていたようですし、日本においても「家庭内の体罰」にはまるでメスを入れていないところを見ると、「子どもは親のもの」という感覚が強く存在していることは間違いないように思います。とはいえ、これは当たり前に受け入れるべき価値観なのでしょうか?

 

子は親を選べない

果たして、人間のあらゆる選択にはおよそ「意志」というものがつきものですが、こと誕生に関してはそういった意志は一切存在していません。つまり、産まれるというよりは産み出されることで人はこの世界に誕生するといえます。芥川龍之介の晩年の傑作、「河童」にはこういう設定があります。

 

物語は、ある精神病患者の第二十三号が誰にでも話すという話を語ったものであるとして進められる。三年前のある日、彼は穂高山に登山をしに行く。その途中で彼は河童に出会い河童を追いかけているうちに河童の国に迷い込む。そこは、すべてが人間社会と逆で、雌の河童が雄を追いかけ、出産時には、事前に河童の生活について知らされ胎児に産まれたいかどうかを問い、胎児が生まれたくないと答えれば即時に中絶が合法的になされる。

via: 河童 (小説) – Wikipedia

 

ちなみにこの年に芥川が自殺したことと、この「産まれる意志を問う」というシステムを考えついたこととは、何かしら符合があるのではないでしょうか。すなわち人は、「生まれたくて生まれてくるわけではないのだ」と。

 

胎教と遺伝子操作

優生学とも関連してきますが、誰もが自分の子どもには不自由無く生活してほしいと願うもの。胎児の間にモーツァルトを聞かせると成長に良い、といったまことしやかな話が一時期出回っていたこともありました。タバコを吸うのはダメ、アルコールもよくない、大きい音も良くない。胎児に最高の環境を与えようと四苦八苦する話を耳にすることもあります。

 

こういった胎教に対しては、多少の批判があったとしても、やはり遺伝子操作と比べると遥かに小さなものになることは間違いないと思います。この違いはどこにあるのでしょうか。遺伝子操作は極めて人為的であり、胎教はその環境の中で最大限のものを与えようとする行為である、といった違いでしょうか。はたまた、科学的に過ぎるとか、人間の尊厳に関わることだ、といった理由でしょうか。

 

出産前診断と人工中絶

新型出生前検査が行われる様になってしばらく経ちますが、いまもちょこちょことニュースになったり新聞記事になっているのを見ます。ダウン症か否か、といった検査が妊娠の早い段階から出来るようになったことで「出産するかしないか」という選択肢が厳然と妊婦とその配偶者や周りにのしかかってくるわけです。

 

澤井さんの病院では、この1年で400人以上が新型検査を受けました。
羊水検査の結果ダウン症だと分かった6人の妊婦のうち、5人が中絶を選択しました。
胎児に病気があるなら産まないと決めている妊婦が多いといいます。

via: 新型出生前検査 導入から1年 – NHK クローズアップ現代

 

遺伝子操作とは違いますが、本質的にかなり近しい問題を抱えたものでしょう。遺伝子操作に違和感を持つのであれば、こういったニュースにも同じような感想を抱くかもしれません。が、遺伝子操作とは異なりこちらは合法です。何が違うのでしょうか。

 

胎児の権利

生きる権利というのがあるのは、最早周知の事実でしょう。日本国憲法第25条は法律に興味がない方でも聞いたことがあるのではないでしょうか。いわゆる「生存権」ですね。健康で文化的な最低限度の生活を営む権利。この権利の主体に、胎児は含まれるのでしょうか。「生まれる権利」と読み替えるべきかもしれません。生存権のパラレルとして考えるのであれば、「健康で文化的な最低限度の生活を営めるよう生まれる権利」と定義出来るかもしれません。

 

ここで重要なのは、遺伝子操作と権利との関係になります。ちなみに参照記事の遺伝子操作は、親の持つ遺伝病が遺伝しないようにという目的で行われたもののようです。すなわち、「よりよいもの」を求めて、というよりは「悪いものを取り除くため」に、ということです。

 

これは「健康で文化的な最低限度の生活を営めるよう」に行われている行為です。悪いものとは何か、健康とは何か、というかなり大きな問題に取り組まなくては答えは出せそうにないわけですね。(悪いとは社会的に規定されるものであり社会の変化と共に変わり得るのだとしたら、出産時の瞬間的な評価によって子どもの生まれる権利を損なうことは出来ないといった言説もありえます)

 

まとめ

遺伝子操作、胎教、出生前診断、といった「生まれる権利」に関連するような要素をいくつか取り上げてみました。(少なくとも今回の記事においては)遺伝子操作と出生前診断は「悪いものを減らす」(極めて問題含みの表現ですが、あえてこう表記します)作用を持ち、胎教には「より良くしよう」という目的における違いがあるようにも見えます。しかし、本質的にその二つに違いはあるのでしょうか…。(例えばタバコやアルコールを避けることは、厳密には「悪いものを減らす」方向性を持つ)

 

結論「評価されるべきは手段」

結論としては「評価されるべきは手段」ではないかと思います。あらゆる胎児に対するアプローチの中で「目的」を追いつめていくと最終的には「よりよいもの」を求めることがわかりました。そして「よりよいもの」という価値観には必然「何が悪いのか、何が良いのか」といった極めて判断の難しい疑問が内包されています。これは時代による変化もあり、そのような不安定なものの上で「生命」なるものに触れることへの危惧が無意識であったとしてもあるのではないでしょうか。

 

目的に対して、手段は極めて客観性の高い評価が可能です。目的を問わないで、現実に起こる事象だけを見ればいいわけですね。目的によって区別するという方法には限界があるために、手段に着目した評価をする他ないのではないでしょうか。

 

少なくとも、「遺伝子操作」「胎教」「出生前診断」はどれも手段が明確に異なります。実際のところ、「胎教」にはなんら規制がなく、「出生前診断」は人工中絶手術の可能な週数に規制があり、「遺伝子操作」については2000年代前半にはストップがかかったところを見ると、そこが一つの境目になっているようです。

 

また、「胎児の権利」を考えるに時間的な区分を採用すると「胎児になってから」のアプローチは(多少規制はあるものの)可能ですが、「胎児になる前」の段階でのアプローチは許されていない、という思考枠組みも有り得ます。(とはいえ人工授精による実母出産の場合、それは日本でも許されているわけですが…)

 

はしがき

この問題に限らず、あらゆる社会問題などは最終的に「良さ」とは何か、「生きるとは何か」という疑問に辿り着かざるを得ないように思います。よく「哲学なんて社会の役に立たない」といった言葉を聞きますが、それにはあまり納得できません(ここでは哲学の厳密な定義を持ち出す気はありませんので、一般論として)。生活保護はもちろん、自由経済も、全て哲学的な基盤・思想に基づいて行われています。筆者の記事が読者の皆さんにとって「何かを深く考えるキッカケ」になれば幸いです。

 

関連記事

 

76d46ed91d3fbab57d9305162aef6c15 600x460 遺伝子操作によって生まれた子どもは既に存在している。「胎児の権利」とは




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • キジトラさん
    • 2014年 10月 02日

    そんな事より、既に犬人間だのハエ人間だのミミズ人間だのが作られている可能性がある事の方が、最も大きな問題だ。

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 02日

    で、何?

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 02日

    遺伝子による階級化か
    金持ちと貧乏人の差はどうしようもないものになるな
    というか別人種どころか別種族と化す

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 02日

    耳ねずみなら居たな
    ちょっとグロい

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 03日

    コーディネーターかよ

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 03日

    ※5
    ???「覚悟はある。僕は戦う!!」

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る