2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

イギリス離脱に続きドイツも…!? 怪しいEUの今後

フランス大統領のマクロンが、パリのソルボンヌ大学にて演説を行いました。今後のEUを一層深い関係にしたいとの旨を明らかにしていますが、ドイツではEU懐疑派も出てきているようです。



【9月27日 AFP】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領(39)は26日、パリ(Paris)で欧州統合の新時代を訴える演説を1時間半にわたり行い、欧州連合(EU)の加盟28か国、特にドイツに対し政治や経済、軍事の結びつきの意欲を高め、さらに強めていくよう呼び掛けた。

 パリのソルボンヌ大学(Sorbonne University)で学生たちを前にマクロン大統領は、「私たちが知っている欧州は弱すぎ、遅すぎ、非効率的すぎる」と指摘しながらも、「世界が今まさに直面している大きな課題に対して、欧州は単独で行動を起こすことができる」と強調した。

 マクロン氏は、英国のEU離脱(ブレグジット、Brexit)後の欧州について、さまざまな提案を行っており、その中にはユーロ圏19か国の財務相や共通予算、議会の創設に加え、欧州の「緊急対応部隊」と各国の軍隊との連携などが含まれている。

 マクロン大統領はドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相が自身の改革案を支持してくれることを切望しているが、24日に行われたドイツ総選挙では欧州懐疑派の政党が躍進し、先行きに暗雲が立ち込めている。(c)AFP/Adam PLOWRIGHT, Katy LEE and Clare BYRNE

 

via: マクロン仏大統領、欧州新時代を訴え 一層のEU統合深化を提案 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

 

58d1a5151d0000f42c7cfb34 イギリス離脱に続きドイツも…!? 怪しいEUの今後

 

EUがまずい

いま、EUが改めて危機にさらされています。少し前に大変話題になったBrexitの問題からしばらく経ち、最近ではすっかり日本では報道されなく鳴っているEU問題ですが着実にその難しさが広まっています。

 

EUこと欧州連合は、沢山の国が所属する国際組織です。当然多くの国家を内包しているため対立も起こりやすく、うまく動かしていくどころか維持するだけでも大変です。

 

金融政策なども共にするわけなのでお互いの信頼関係がないと成立せず、実際イギリスは最後まで信頼しきれなかったがために離脱していったわけですが、残っている国々はどうでしょうか。

 

EUの中でも強い国といえばフランスとドイツです。どちらも経済規模が大きくリーダーシップを持っています。特にドイツに関してはメルケルが長期政権の中で着々と動いてきました。

 

しかしながら、最近あったドイツの選挙ではEU離脱派も増えてきておりこのままだとEUが危ないという状態まで来ているのです。

 

今後のEUが進む姿は

さて、そのように結構危ない橋を渡っているEUですがマクロンは一体どのような未来を描いているのでしょうか。演説の内容を見ると非常にわかりやすいものとなっています。

 

要するに、もっと密接な関係を求めているの一言。特に重要なのは、経済や政治に比べて中々進まない軍事面での統合です。もしもこれが叶うなら凄いことですが、国家において国防というのは要の中の要。そう簡単に国家主権を譲り渡すとは到底思えません。

 

しかし、EUが描いた元々の理想的な姿は決して色あせたわけではありません。国家という枠組みに縛られず、一つの共同体としてやっていくこと。特にキリスト教など宗教的バックボーンが近しいヨーロッパだからこそ出来る特殊な超国家組織に対するある種の憧憬があるわけです。

 

ラテン文学やギリシャ芸術に代表されるよう、文化的に近い背景を持っているわけですから、これは他の知識ではほとんどありえないことであり、欧州でしか成し遂げられないものであるという高い志もあるわけです。

 

世界史を見たら分かる通り、本当にびっくりするほど血まみれの戦争をしていた欧州も今ではすっかりロマンチストになったわけですが、これは今から考えると信じられないことですよね。理想主義的なEUのあり方に基本的には共感しているので、これからの進退には非常に関心があります。一体どうなっていくのでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る