2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

オウム真理教の後続組織、北海道で違法な勧誘、麻原彰晃の肖像画掲示-調査へ

オウム真理教の麻原彰晃が逮捕されてからもう随分経つというのに、その影響はとどまることを知らないのでしょうか。後続団体アレフは今も健在、そして違法性も健在のようです。



オウム真理教から名前を変えた教団「アレフ」の信者らが、別の宗教関係の勉強会を名乗って勧誘を行った際、必要な書面を交わさずに入会金などを受け取っていた疑いがあるとして、警察は関係先として札幌市内のアレフの拠点施設などを捜索しています。警察は教団の勧誘活動の実態についても調べることにしています。

捜索を受けているのは、アレフの全国最大規模の拠点と見られている札幌市白石区の施設のほか、福岡市博多区の施設など、関係先を含む合わせて5か所です。

捜査関係者によりますと、アレフの信者3人はことし2月、札幌市で教団とは別の仏教関係の勉強会を名乗って20代の女性を勧誘した際、必要な書面を交わさずに入会金などを受け取ったとして、特定商取引法違反の疑いが持たれています。
女性は、勉強会の内容が実際はアレフの勧誘だったのではないかと不審に思い、警察に相談していました。

警察は13日朝から一斉に信者の自宅や教団施設を捜索し、このうち、札幌市白石区の施設にはおよそ60人の捜査員が入りました。

アレフをめぐっては、麻原彰晃、本名、松本智津夫死刑囚の写真を施設内に掲げるなど、今も強い影響を受けていると見られ、若い世代を中心に信者を増やしていることから、警察は今回押収する資料の分析を進めて教団の勧誘活動の実態についても調べることにしています。

via: 教団「アレフ」の札幌の拠点施設などを捜索 | NHKニュース

download1 オウム真理教の後続組織、北海道で違法な勧誘、麻原彰晃の肖像画掲示 調査へ

 

アレフとは

アレフという団体名そのものすら知られていない可能性があるので一応簡単に述べておくと、オウム真理教のサリン事件やその後の逮捕がなされた後に、トップがいないまま組織を改組して名前を変えた団体があれ府です。要するにオウム真理教と本質は全く変わっていません。

 

しかも、大量殺人の指導者となった麻原彰晃の肖像画を現在も掲げており、明らかに危険思想を持った集団です。警察からもマークされていますが、それにもめげずに違法な勧誘活動を行っているようです。しかし本当に凄いな。

 

オウム真理教がもたらしたもの

サリン事件がとにかく表に出やすいオウム真理教ですが、元々は瞑想やヨガを中心とした「ニューライフ」的な文化の1つとして受容されていました。実際麻原彰晃もテレビに出たり、お弁当屋さんをやったり、なんというか心の豊かさ的な健康を大事する集団のようなそんなイメージもあった時代がありました。

 

しかし、徐々に過激化していく中でイニシエーションと称して信者と性行為を行ったり、内部の修行は激しく、洗脳に近いものもあり、薬物や電気を使った行為が徐々に問題に。そんな中、人類を変えるためにサリンを地下鉄に撒き散らし多くの人を死に追いやり恐怖を日本中に広げた凶悪犯。それが麻原彰晃です。

 

新興宗教がカルトと呼ばれめちゃくちゃに危険視されている理由の1つは間違いなくこのサリン事件が原因でしょう。まともな宗教団体もあるはずですが、一斉に色眼鏡で見られたことは事実です。

 

しかし今も残る勢力

このように、まともな人間であればそう簡単には信じないような、あるいはちょっと信じそうになっても少し検索したらいくらでも絶対に関わっちゃいけない団体だとわかるような団体であっても、勧誘を受けて入ってしまう人達がいること、全国に未だ信者がいるということが俄には信じられません。

 

これを信じることが出来るなら他の多くの宗教を信じることも出来るだろうし、なんというかそっちに行くほうがずっと良いのではないかと考えるのは宗教を信じていない人間の浅はかな考えなのでしょうか。でもオウム真理教の教義って、色んな宗教の組み合わせでしかないんだよねえ。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る