2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

移民反対と共に、反ユダヤ感情がドイツで高まる

反ユダヤ主義が進むドイツで演奏会。ホロコーストから生き延びた人達が希望の歌を演奏したそうです。地獄のようなガス室から逃げ出しても、反ユダヤ主義が高まる国で暮らしているのは随分なストレスでしょう。



[ベルリン 6日 ロイター] – ベルリンのブランデンブルク門で6日、第二次大戦中のナチスドイツによるユダヤ人虐殺(ホロコースト)の生還者2人がイスラエル人歌手の伴奏を担当し、希望の歌を演奏した。

演奏したのは、92歳のドラム奏者Saul Dreierさんと、89歳のアコーディオン奏者Reuwen “Ruby” Sosnowiczさん。共に米フロリダ州在住で、2014年に「ホロコースト・サバイバーズ・バンド」を結成し、ワルシャワやラスベガス、ワシントンDCなど随所で演奏している。

今回は、歌手のGad Elbazさんを伴奏し、かつてヒトラーが反ユダヤ主義の演説を行ったブランデンブルク門で80人あまりの聴衆を前に演奏した。

Elbazさんは、ベルリンでの演奏は若い人たちに反ユダヤ主義の危険を警戒し続けてもらう目的があると説明した。

Dreierさんは、最近報じられている米国やドイツでのネオナチの行進について「恐ろしい。若者たちは、あの出来事が二度と繰り返されないようにしなければならない」と語った。

昨年行われたビーレフェルト大学の調査では、ドイツに住むユダヤ人の78%が、過去5年間に反ユダヤ主義がある程度または大きく強まったと感じていた。

via: ホロコースト生還者が希望の歌演奏、ヒトラー演説の地で

free m1 移民反対と共に、反ユダヤ感情がドイツで高まる

高まる反ユダヤ感情

ドイツといえばナチス、ナチスといえばユダヤ虐殺。ガス室に運ばれて殺され続けたユダヤ人、ホロコーストの悲劇は未だに終わっていません。十分に反省しているように見えるドイツの中にも未だに反ユダヤ主義的雰囲気があるというのです。

 

ネオナチという言葉はご存知でしょうか。昔のナチスのように、ユダヤ人に対する差別感情を明らかにした集団です。アメリカにおけるKKKのような差別者集団です。ジョークのようですが、最近ドイツでそんな活動が活発になってきているのです。

 

ユダヤ人である、というだけで差別的な態度を取られるなどというふざけた前時代的なことが今も起きているということがニワカには信じがたいですよね。でも事実なんです。

 

ユダヤ差別だけでないドイツ

ユダヤ人差別感情は、ドイツがずっと抱えてきたものであると言えるでしょう。強烈な負の歴史がある分、社会的には中々言いづらくとも、そういう感情がまったくなかったわけではないはずです。

 

しかし、最近はそれだけではありません。ドイツといえばヨーロッパの中でもかなり積極的に難民を受け入れたり、あるいは難民が目指すべき国として選ばれていました。移民も含めて、多くの「非典型的ドイツ人」が国に入ってくるわけです。

 

アメリカを見ていても明らかなように、移民や難民が入ってくるということは自然な感情としてナショナリズムが高まりやすくなります。ウチとソトを分けようとするわけですね。彼らはドイツではないと叫ぶ時、暗にドイツとはこうだ! という一般化を行うわけです。

 

ドイツとは何か、というのは当然人によってイメージが違うはずです。ゲルマン人的な人だけをドイツ人と呼ぶのか、国籍を持っていたらドイツ人なのか、ユダヤ人を含むのか含まないのか、といった論点が発生するわけです。

 

そのため、移民や難民が入ってくると「私達ドイツ人の国に入ってくるな」というメッセージを持てば持つほど、ユダヤ人に対する反発も高まるというわけです。

 

実際のところ、ドイツの難民への態度はどんどん硬化し続けています。人道的な国家であるというイメージを維持するためにメルケル首相は随分ダメージを負いました。国の中でたくさんの反移民活動、デモ、暴力沙汰が起きたからです。

 

まとめ

このように整理してみると、いかに不寛容が新たな不寛容を生むかということがよくわかりますね。そのうちドイツ人同士でも「お前は低級だ」とか「背が低いから劣等種である」などと言い出しても全然不思議はありません。どこかで寛容の精神が取り戻されることを祈りましょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る