2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

実習生という名の奴隷…劣悪な労働環境で働かされる外国人労働者。日本に移民は無理

レタスなど高原野菜の栽培が盛んな長野県南佐久郡川上村で、国の制度に基づき農作業に携わる外国人技能実習生を受け入れていた「川上村農林業振興事業協同組合」が9月、東京入国管理局から5年間の受け入れ停止処分を受け、11月の臨時総会で解散を決定していたことが1日、関係者への取材で分かった。

 同入管は取材に「必要な措置を講じた」とし、処分の理由を明らかにしていない。同組合の役員の1人は取材に、実習生の在留資格で来日したのに農作業に携わらない者がいたなどの問題があったためと同入管から説明を受けたとしている。

 日弁連は1日、川上村内で高原野菜生産などに携わった中国人男性が書いたとされる、人権侵害を訴える2012年10月の投書を基に独自に調査した結果を公表した。

 報告書によると、実習生などの在留資格で来日した中国人の中に、農作業には関わらずにほかの実習生を管理する「班長」という立場の者がいた。また、「班長」は、実習生がほかの農家の実習生と話をしたり、寄宿舎を訪れることなどを禁止し、違反した場合に、中国側の実習生送り出し機関が給与から「罰金」を天引きしていたと指摘。川上村農林業振興事業協同組合はそれを黙認していたなどとした。

 日弁連の指摘について、同組合役員は取材に「確かに『班長制度』は過去に存在していた」と認めた上で、「是正をした」と述べた。一方、罰金制度については「なかった」としている。

 日弁連はこれまでも、外国人技能実習制度について、実習生が低賃金で働かされるといった問題があるほか、実際は実習生を非熟練労働の労働力不足解消のために利用しているなどとして、国に制度廃止を求めていた。今回の調査を踏まえ、あらためて法務省、厚生労働省に実態調査や再発防止、制度廃止を求めた。

 両省は制度を維持しつつ、監督の在り方などを見直し、来年度中に新制度に移行するとの考えを示している。

via: 川上の外国人実習生 入管、受け入れ停止処分 組合解散決定|信濃毎日新聞[信毎web]

 

 実習生という名の奴隷…劣悪な労働環境で働かされる外国人労働者。日本に移民は無理 スイスでも移民規制に向けた動きが…? 25%以上が移民の国はどう変わるのか。そして日本は? | キジトラ速報

 

 実習生という名の奴隷…劣悪な労働環境で働かされる外国人労働者。日本に移民は無理 EU離脱も視野に…イギリス初言及。移民に終わりはあるのか? 奴隷制度に反対 | キジトラ速報





情報整理

まずは情報を整理してみましょう。外国人技能実習生を受け入れていた組合が、東京入国管理局から5年間の受け入れ停止処分を受けたとのこと。理由は明確にはしていませんが、奴隷労働のような形で彼らを搾取していたことが問題のようです。

 

実習生が他の農家の実習生と話すことを禁じたり、寄宿舎を訪れることを禁止したり、それらに反した場合は罰金として給料の天引きが行われていたとも言われています。

 

外国人技能実習生とは

さて、そもそも外国人技能実習生とはどんなものなのでしょうか。ご存知の方も多いかと思いますが。医療や介護、工業や農業などの分野において、発展途上国の労働力を受け入れて、技術を教えることを目的とした国際貢献の一つです。

 

wikipediaを見てみると、「外国人研修制度(がいこくじんけんしゅうせいど)とは、開発途上国への国際貢献と国際協力を目的として、日本の技術・技能・知識の修得を支援する制度である」と書かれてあります。

 

もちろんお判りかとは思いますが、欺瞞です。現在のシステムでは、円満に技術を獲得して再帰国を望む人もいる一方で、事実「人身売買の一様態」として米国でも問題となっているのが現状なのです。

 

技術を教えるという嘘

問題は多くありますが、一番の理由はやはり「技術を教えるというお題目がまるで機能していない」ことでしょう。多くの農業、工業領域では「単なる安価な労働力」として見なされている事例が多く散見されます。

 

介護や医療の領域でも同じですが、満足な日本語教育も為されないまま教育したところで十分な成果を挙げられるわけもありません。

 

また、これは実習生側にも言えることでもあります。すなわち、「出稼ぎ」目的の実習生の存在です。技術供与を受けるというよりは、残業でもなんでもやるからとにかく稼ぎたい、という層が存在しているのも事実です。

 

しかしそうなるのも頷けるほどに、技術供与する側としての自覚が足りていない受け入れ側が多いと言えるでしょう。外国人労働者に関するルポは多いので一度読んでみることをお勧めします。

 

まとめ

研修生も移民も根幹は同じです。重要なことは労働力としての奴隷ではなくて、彼らの人権もまた保障されるべきだという事実を認めない限り、行われるべきではないという単純な事実です。

 

現にこういった奴隷的搾取を行わないと経営がままならないところも出ているようですが、安価な労働力に甘えた結果とすれば仕方のないことでしょう。

 

奴隷をもって栄える国に未来はないでしょう。(そもそも栄えるのかも不明ですしね) 豊かさとは、必ずしもGDPによって一義的に規定されるものではないと思いますが、皆さんはどうお考えでしょうか。

 

関連記事

 

143a3b9cf2448df317b90b9d799d7864 実習生という名の奴隷…劣悪な労働環境で働かされる外国人労働者。日本に移民は無理




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 軍荼利つまんねー
    • 2014年 12月 17日

    ここの管理人が早死にしますように(´・ω・`)

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る