2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Inareckイヤホン「BH1105M」レビュー 木目調がハイクオリティサウンドを演出

今回紹介する商品は、Inareckのイヤホン「BH1105M」です。3.5ミリメートルのオーディオ再生ジャックを装備するスマホや携帯型音楽プレイヤーなどで使えます。

ハイクオリティなサウンドを売りにする一品です。果たして音質はどうでしょう。早速レビューしてみることにします。





梱包品をチェック

まずは同梱品を見てみましょう。送られてきた箱を開けると、本体のほかに予備のイヤーカバー、イヤホンを収納する袋、そして説明書が入っています。

160917hi 01 Inareckイヤホン「BH1105M」レビュー 木目調がハイクオリティサウンドを演出

説明書は英語などで書かれており、図もないため分かりにくいかもしれません。

160917hi 02 Inareckイヤホン「BH1105M」レビュー 木目調がハイクオリティサウンドを演出

イヤーカバーは大きさの異なるものが2セット入っています。自分の耳の大きさにフィットしやすいものを選べるようになっています。

イヤホン本体をチェックしてみましょう。

160917hi 03 Inareckイヤホン「BH1105M」レビュー 木目調がハイクオリティサウンドを演出

一番目立つのが木目調をした部分。材料は「ゼブラウッド」と呼ぶものを使っているそうです。高級感があって洒落ていますね。

160917hi 04 Inareckイヤホン「BH1105M」レビュー 木目調がハイクオリティサウンドを演出

またケーブルにはボタンを完備しています。ボタンの押し方によって曲を再生したり、スキップしたりできます。

160917hi 05 Inareckイヤホン「BH1105M」レビュー 木目調がハイクオリティサウンドを演出

通話に切り替えることもできます。着信があったらボタンを押すことで電話に出られるし、ボタンを長押しすれば通話を終えられるようになっています。

音質をチェックしてみよう

では実際に音を聞いてみましょう。

iPhoneに接続して曲を流してみます。ここからは個人的な主観が混じりますが、音質はかなり良いのではないでしょうか。高音と低音のバランスがよく、音が全体的に響き渡っている気がしますね。

160917hi 06 Inareckイヤホン「BH1105M」レビュー 木目調がハイクオリティサウンドを演出

メーカーの説明文を見ると、「低音駆動、ステレオサウンドに対応」かつ「φ8mmのドライバーを採用」とのこと。これらがどう影響しているのかはわかりませんが、少なくとも他の類似するイヤホンより音質は優れているという印象でした。

また、難聴を引き起こす可能性のある音周波数から耳を保護する「スマートテクノロジー」という技術が使われているそうです。

使ってみた感想

イヤホン選びの基準となるのは、何といっても音質。BH1105Mは音質を売りにするだけあり、高いパフォーマンスを発揮できるといえるでしょう。もちろんハイレゾなど、さらにクオリティの高い音質を再現するイヤホンはたくさんあります。しかし価格とパフォーマンスを評価するなら、BH1105Mは十分「買い」といえるでしょう。

しかし一方で、bluetooth非対応なため、無線で曲を聴くことはできません。iPhoneなどの端末とケーブルで接続して使うのが前提です。端末をカバンの中に入れて使うと、ケーブルが伸びきって使いにくいかもしれませんね。こうした利便性も考慮すべきしょう。

価格、音質、そしてデザインのバランスがよい品です。イヤホン選びで迷っているなら、高いパフォーマンスを持っている「BH1105M」をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る