2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

国際会議に合わせて物乞いを禁止するインドは間違ってる:抜本的対策をせよ

インドでイヴァンカ氏も訪問する国際会議に合わせて物乞いを禁止するとのこと。見栄えが悪いというのが理由でしょうが、どう考えても間違えています。



【11月10日 AFP】インド南部ハイデラバード(Hyderabad)は、今月末同市で開かれる国際会議に先立ち、公共の場での物乞いを禁止した。警察が10日、発表した。

 3日間の日程で開かれるこの「グローバル・アントレプレナーシップ・サミット(Global Entrepreneurship Summit)」には、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相や、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の長女、イヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)大統領補佐官も出席する予定。

 地元警察のトップが今週、物乞いは迷惑行為に当たる上、「自由な往来の妨害や車両交通および歩行者への危険」を招くとして、物乞いを路上から一掃するよう指示したとされる。

 ある警察幹部は10日、匿名を条件に取材に応じ、この指示は市が行っている「物乞いを取り締まる定期的な取り組み」の一環であり、イヴァンカ氏の訪問と結び付けて考えるべきではないと語った。

 また同幹部によると、物乞いをする人々が「普通の生活を送る」ことができるようになるまで、一時的な収容施設を市が設置したという。

 物乞いは来年1月7日まで禁止され、違反者には拘留または罰金刑が科される。(c)AFP

via: インド南部の都市、国際会議控え物乞いを禁止 イヴァンカ氏も出席 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

e0054329 2124947 国際会議に合わせて物乞いを禁止するインドは間違ってる:抜本的対策をせよ

 

臭いものには蓋、に良いことなし

今回、インドが国際会議の開催に向けて物乞いを禁止し罰金刑を課すといいます。どう考えてもこれは間違っているでしょう。物乞いをするような人達はどんな人達ですか。お金が無くて毎日の暮らしにも困っているような人たちです。このような人達に罰金刑を課して一体何が起きるというのか。苦しめるばかりの方法はやめるべきです。

 

物乞いでなんとか生きていた人達がその方法さえ奪われてしまったら次には何が待っているのか。貧困ビジネスや、犯罪に手を染めるしかなくなるかもしれません。それは仕方のないことです。生きるために小さな犯罪をすることを罰することは誰にも出来ないでしょう。しかも、そうなることがわかっているのに。これはインド政府は大変なことをしたと思います。

 

働けるようになるための設備をもうけたと言っていますが、どう考えてもあれだけ大量の人間を収容してちゃんと教育を与えるような準備をしていたとは思えません。一時的にご飯でも出してそこに閉じ込めておいて、国際会議が終わったらまた放出させるのでしょう。子供だましにもほどがあります。

 

でも日本も同じことやってた

しかし、こうやって色々批判しても、日本だって同じようなことをやっています。オリンピックの時や万博のときなど、ホームレスを公園から追い出したり、遠くに追いやったりして臭いものにフタをしたのは日本だってそうだったのです。なんというか、短絡的ですよね。そういう人達がいるのが問題なのではなくて、そういう人達を生んでしまう仕組み、社会の制度の方が問題なのに、そのアウトプットだけなんとかしようとしても、そのシステムを直さない限りずっと続いてしまう問題です。

 

日本のベンチなどもいまでは眠れないように随分意地悪な形のものが増えました。地べたに直接練ると凍死することもあるのですが、ベンチのようにちょっとでも地面から離れると随分暖かさが違うといいます。そういうギリギリの人達を更に追い込むようなデザインの公園というのはどうかと思いますね。

 

とにかく、こういう時に臭いものにフタをするのはダメ。ちゃんと抜本から解決する方向に力を注ぐべきです。インドなんてこれから大きく発展していくのですから、色々こぼれ落ちてしまっている人達のことも考える余裕を持てているはずですよ。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る