2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

インドのスポーツ大会、大気汚染が酷くて選手が嘔吐しロッカーには酸素ボンベという事態に

中国をも越えるほどの急成長をしているインド、あらゆる開発国がそうですが環境問題で重大な被害が生じているようです。どうしてこうなっちゃうかなあ。



インド対スリランカのクリケットの国際試合が何度も中断を余儀なくされた。スリランカ代表選手らはマスクを着用して出場したが「フィールドから出て嘔吐していた」と代表監督は話している。

 在インド米大使館のウェブサイトによると、この日ニューデリーにおける人体に有害な微小粒子状物質の指数は一時384に達していた。これは、世界保健機関(WHO)の定める安全基準の約15倍に相当する。

ニューデリー市内のスタジアムで行われた試合は、複数のスリランカ代表選手が健康上の問題を訴えたため、審判団が主審やチームドクターらと協議して約20分間中断した。その後、試合は再開されたがスリランカ代表はさらに2回にわたって抗議。スリランカ側は野手が足りなくなってしまった。

 インドのクリケット協会は、ささいなことで騒ぎ立てたとスリランカ代表を非難し、同国の協会に対して抗議の書簡を送ると明言した。

 しかし、スリランカの代表監督は、フィールドの汚染レベルが「極度に高い」状況で自国の選手たちは体調を崩したと反論。「フィールドから出て嘔吐する選手が何人もいた」と報道陣に語った。「ロッカールームには酸素ボンベが設置されていた。試合中にあんな目に遭うなんて、選手にとっては普通じゃない」

 ニューデリーでは先月、大気汚染レベルがWHOの安全基準の40倍に達し、医師会が公衆衛生上の緊急事態だとして警告。市内の全学校が休校した。しかし、医師らが健康に著しい悪影響があるとして延期を求めたハーフマラソン大会は強行され、3万人以上が参加した。(c)AFP/Faisal KAMAL, Nick Perry

 

via: インド大気汚染、マスク着用でクリケット国際試合 嘔吐する選手も 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

magw151217 thumb 720xauto インドのスポーツ大会、大気汚染が酷くて選手が嘔吐しロッカーには酸素ボンベという事態に

 

途上国につきものの事態

これはもうなんだかジョークみたいなニュースですね。空気が汚すぎて国際スポーツ大会なのにみんなマスクを着用。文句を言っても「ささいなことで騒ぎ立てた」とインド側は反発。このレベルの異常な空気汚染をささいなことと言えるのはちょっと泥沼で生活している人位ではないかと思います。

 

更に医師らが大反対したハーフマラソンも開催したようですが、この2つにはどちらも重要な示唆があります。それは政府のメンツの問題です。もし空気が汚いこと、そしてそれが健康被害に繋がることを今の時点で政府が認めた場合、後々発生する疾病についての責任も取らなくてはならなくなるのです。

 

日本でもイタイイタイ病などの公害問題について未だに争いが続いているくらいです。国家が責任を認めるとなると当然賠償が関わってくることになり莫大な額が動くので国家もおいそれと認めることができないのでしょう。しかし、実際に健康被害は確実に生じていると見られ、これを無視するのはまさに国家としての責任から逃れていると言われても仕方がないでしょう。

 

先進国の二の舞いになってはならない

しかし、インドのような国にはこのような態度を取ってほしくなかったというのが正直な所。だって先進諸国でどれだけ失敗して、公害で国民を傷つけているかというのは知っているはずだからです。開発のための様々な不都合を無視していると、結局しっぺ返しが必ずやってきます。

 

先進諸国はみなその失敗から学んで環境に配慮した様々な施策を行うようになっていますし、それに伴って高い技術も持っています。そのような応用可能な技術は積極的にインドのような国に用いられるべきなのですが、おそらく高価なためコストパフォーマンスが悪く「そうしたほうが良いとはわかっているが使えない」という状態なのだと思います。

 

このような健康被害が明確な開発に対しては積極的な先進諸国の介入が必要だと私は考えます。健康的な成長、開発を目指して世界レベルで支援を行うべきでしょう。何回も同じような健康被害を世界で繰り返すのは実に馬鹿らしいことだと思いませんか?





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る