2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

処女を義務付け。インドネシアでの婦人警察官に対する検査は許されない。

信じられない現実はが、いつも存在しています。今回はインドネシアでの「処女検査」について。どうやら女性が警察に入るためには処女でなくてならなず、また実際にその検査が行われているとのこと。気絶する者が出るほどの痛みを伴い、恥辱を与えるような検査に人権団体が問題視しています。



 

ジャカルタ(CNN) インドネシアの国家警察が警官を志願する女性に苦痛をともなう「処女検査」を義務付けていることに対し、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)が「人権侵害だ」と非難する報告書をまとめた。

報告書によると、この検査は女性警官になるために必要な健康診断の一部として、国内各地の警察病院で長年行われている。

国家警察のウェブサイトには「女性警官は処女を守らなければならない」と明記され、既婚女性の応募は認められていない。

警察の報道官はCNNに、警官志願者には男女を問わず、生殖器も含めた徹底的な身体検査を義務付けていると説明。「警察に入った後で体調を崩さないか、職務に影響を及ぼすような感染症にかかっていないかを確認するのが目的だ」と語り、HRWの報告書は一面的だと批判した。

これに対してHRWは、複数の女性警官や志願者、警察の保健、採用部門などの話に基づいた報告だと反論。検査は「差別的、残酷かつ屈辱的」であり、「主観的で非科学的」だと主張する。

ある志願者は「検査は本当に痛かった。痛みで気を失った友人もいる」と話したという。同国で女性の人権擁護を訴える活動家によると、一部の女性たちは検査の苦痛と恥辱によるトラウマを今も抱えている。

HRWは、この検査が優秀な女性を警察から遠ざけていると指摘し、即刻中止するよう求めた。HRWによれば、同国では女子生徒への処女検査が問題になったこともあり、さらにエジプトやインド、アフガニスタンの警察でも同様の問題が指摘されているという。

via: CNN.co.jp : インドネシア、警官志願の女性に「処女検査」 人権団体が非難

 

状況の確認

まずは状況を整理していきましょう。インドネシアでの警察に志願する女性は「処女」でなくてはならず、それ以外を禁じる規定が存在しているとのこと。そして、それを確かめるための気絶するほどの痛みを伴う「検査」が長年実施されているようです。

 

これに対して国際的人権団体ヒューマンライツウォッチが非難しています。健康診断の一部として実行されているもので、これは「生殖器も含めた徹底的な身体検査は、警察に入った後で体調を崩さないか、職務に影響を及ぼすような感染症にかかっていないかの確認」が目的であり、男性に対しても行われていると警察側は反論しています。

 

それに対しての再反論としては、「差別的、残酷かつ屈辱的であり、主観的で非科学的」だとかなり舌鋒鋭いものの様子。これは果たして人権侵害と呼べるものなのでしょうか、考えていきましょう。

 

処女検査、は人権侵害か

まずここで最初に浮かぶ重要な疑問は「果たして、処女かどうかを確認すること自体は人権侵害か」ということが挙げられるでしょう。これは男性に対して「童貞かどうか確認していない」ということから、女性に対してのみに行われる特別な検査だと考えられます。

 

性体験という共通の事象に対して、男性は問題ないけれども女性の場合は問題あり。という判断がまず許されるかどうか、というのがポイントです。外務省のデータを見てみると、ほとんどの国民がムスリムのようですし、女性に男性よりも厳しい基準を設けているのもうなずける部分があります。

 

 処女を義務付け。インドネシアでの婦人警察官に対する検査は許されない。 インドネシア基礎データ | 外務省

 

文化によって「善悪」の基準がかなり違うことは、ことさら声を大にせずともみなさんお分りのことでしょう。ですから、ここはあえて「処女かどうかを検査するかどうかは、宗教的な観点からも認めざるを得ない」と考えることもできるとしましょう。

 

処女検査の方法は、人権侵害か

ここでは焦点をその「方法」に変えてみました。宗教的な問題から「処女であるかどうかがものすごく重要である」のならば検査が許されるとしても、果たしてその現行の手段までもが正当化されるわけではないでしょう。

 

記事の表現を見る限りでは、「あまりの痛さに気絶するものもいる」「差別的、残酷的かつ屈辱的」と述べられていることから、その方法がかなり痛みを伴うものであることは間違いないようです。そしてその目的が、「健康状態や、病気の確認」となってくると、疑念が湧いてきます。

 

処女検査をすることの目標を、一応お題目としては「健康状態、病気の確認」としているのであれば、果たしてそのような痛みの伴う検査が必要なのでしょうか。特に性感染症のことを念頭にあげているとしたら、「痛みを伴わないような診断方法」を取らなくてはいけない責任があることからは逃れられないでしょう。

 

まとめ

ざっと状況を確認してみると、やはり結論としては「処女検査は宗教的に認められる可能性がないとは言えないものの、健康状態や病気の確認という目的のために著しい苦痛を与える方法で検査をすることは正当化されない。と言えると思います。

 

つい、宗教や文化の違いというものを考えてしまうと、許されるものと許されないものとの間が見えにくくなってしまうことが多いですが、このようなケースに対してはこういった主張が可能でしょう。

 

「価値観が違う」のマジックワードだけで済まないこともたくさんあるということを、忘れないようにしたいですね。

 

関連記事

 

89254a921d8adbe1a8043d83035fdfe5 300x344 処女を義務付け。インドネシアでの婦人警察官に対する検査は許されない。




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る