2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

保毛田保毛男をテレビに出せちゃう人達は内輪で盛り上がりすぎて社会を見ていない

タイムマシーンの乗り物酔いのせいか、頭がクラクラします。こんな前近代的なお笑いを未だにテレビでやっていることに最早軽蔑どころか恐怖を覚えます。

28日夜、フジテレビが、バラエティー番組の中で「保毛尾田保毛男」という30年近く前に人気だったキャラクターを登場させ、同性愛をネタに共演者とやり取りするシーンを放送したことに対し、LGBT=性的マイノリティーの人たちで作る団体などは、「差別や偏見を助長する」としてフジテレビに抗議文を送りました。

フジテレビは、バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の30周年を記念した特別番組の中で、かつて人気だった青ひげにピンク色のほおの「保毛尾田保毛男」(ほもおだ ほもお)というキャラクターを復活させ、同性愛をネタに、共演者とやり取りをするシーンを28日夜、放送しました。

これに対して、LGBTの人たちで作る団体などは「性的少数者への差別や偏見を助長し、特に学校で子どもたちが危険にさらされる可能性がある」として、フジテレビなどに謝罪を求める抗議文を出しました。

via: フジテレビ番組の同性愛キャラクター LGBT団体が抗議 | NHKニュース

bfa3d4b2 e53b 4c60 856b 40879de0a8ba 保毛田保毛男をテレビに出せちゃう人達は内輪で盛り上がりすぎて社会を見ていない

 

一体誰がこれにokを出すのか

私がこの一連の報道-すなわち80年代のLGBTを侮蔑したような古臭く現代の倫理に適わないキャラクターがテレビに出演するという歴史的な怪事件-に触れて最初に思ったことは「一体だれがこの企画にgoサインを出したのだろうか」ということだった。

 

このような笑いが存在することは認めよう。特定の人達にとって非常に面白く、また懐かしい存在であることも認めよう。そう、たしかに笑いやジョークというのは人を傷つけうるものだということを前提として受け入れよう。

 

しかしながら、世の中には当然ある種の建前が存在している。知的障害を持った人を家の中で馬鹿にするならまだしも、その人を公的な場で侮蔑することは許されない。黒人を馬鹿にしたジョークも、少なくとも黒人の前では許されないし、それはテレビで放映出来ないことも意味している(黒人はテレビを見ているのだ)。

 

それらと同じように、このキャラクターも取り扱われるべきだろう。こういう笑いがあることもわかる。こういう笑いが好きな人がいることも許容しよう。ただし、それは公共の電波で行うべきことでは決してないのだ。

 

あなたの周りにも必ずいる

先程、黒人の前で黒人を馬鹿にしたジョークを言わないと言ったのと同じように、私たちは最低限のモラルというものを持っていることを信じたい。ハゲた人を馬鹿にするようなジョークを禿げた人の前でわざわざ言うまい。個人的には当然ながらハゲを馬鹿にしたようなジョークがお茶の間に流れることにも抵抗を覚える。

 

今回のジョークでターゲットとなったのは戯画化された「オカマ」「ホモ」的キャラクターだ。同性愛者というのはこのように戯画化する必要もなくあなたの前に存在していて、このジョークを見て傷つく人も少なからずいる。黒人を馬鹿にしたジョークを目の前にして、傷つかない人もいるが傷つく人もいるのと同様全員とは言わないが、やはり傷つく人がいるのは間違いない。

 

でも、ハゲや黒人と違うことが一つある。それは、あなたは一目でそうだとわからないのだ。人目でそうと分かる人の前では、ジョークの分別の付く人のほうが多いだろう。でもLGBTの人はわざわざ「私はLGBTです」と書かれたTシャツを着てはくれない。あなたの周りに当たり前にいて、あなたのジョークで知らないうちに傷ついているのかもしれない。

 

「自分の周りにはそんなやついない」というあなたに言えることは、人類の10%近くがセクシャルマイノリティであるという事実を提示するだけで事足りるだろう。「あなたのような差別主義者には怖くて言えていないが、あなたの周りには間違いなく存在している」ということを知っていて欲しい。

 

つまりこれは想像力の問題なのだ。あなたの周りにそれで傷つく人がいるということを知らないだけなのだ。知らないから出来ているのだろう。このテレビの企画にgoサインを出した人の周りにも、必ずいるはずなのだけどなあ…。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2017年 10月 05日

    もう“とんねるず”に新しいお笑いを作り出せる力は無いべ。いまだに冠番組持ってるのが不思議。

    • とり
    • 2017年 10月 05日

    どうなんだろうね「保毛尾田保毛男」ってあまりにもキャラが立ち過ぎているからLGBTのイメージが繋りにくいいんだよんね、実際、LGBTの人ってあんなに攻撃的なイメージがないよね

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る