2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

飲酒運転を無くしたいなら酔っぱらいは運転出来ない車を作ろう 

飲酒運転を法律で縛るのはおかしい

市井のサラリーマンブロガー・自由人さんが、「飲酒運転を法律で縛ろうとする愚かさ」というエントリーを書いていました。

 

  • ・酔っ払うと理性が飛ぶんだから、法律による縛りはきかない
  • ・酔うなら飲むな、という風潮にしていいくべき

 

というような主張。





ある程度は酔っぱらいにも効果があるのでは?

前者については、半分同意。アルコールは、脳の理性をつかさどる部分を麻痺させますので、酩酊状態にある人に理性・法律云々と言っても通じません。ただ、道交法は、酩酊状態に至らない程度の酔っ払いも処罰の対象としています。そういう酔っ払いには、理性に訴えかける法律による縛りもある程度効くはずです。代行運転業が成立しているのも、飲んだら乗るな、というルールがある程度の酔っ払いに効果を発揮している証明となるのではないでしょうか。とはいえ、人間の理性に期待をする仕組み・法制度ってのは限界があります。

 

アルコールへの強さは体質ではなく体重

では、具体的にどうしていけばいいのか、という話。自由人さんは、酔うなら飲むな、と「酒に弱い」人間に自制を訴えかけます。この部分について、わたしはあまり同意できませんでした。

 

酒に弱いってのは、アセトアルデヒド(アルコールが分解されてできる悪酔い物質)に弱いかどうかってことです。アルコールへの強さってのは、体質じゃなくて体重で決まります。「酒に強い」人間は、飲んでも吐き気や頭痛などが起きないので、「まだ酔っていない」と思いがちですが、アルコールは確実に脳を麻痺させていっています。 酔うか酔わないかってのは基準としては適切ではありません。飲めば誰しもが酔うって理解の方が適切。

 

酔っぱらいには運転できない車を作るのが良い

飲酒運転を根絶するためには、自由人さんが文末にチラッと触れている「酔っ払いには運転できない車」を作るのが一番です。これは、わたしが大学時代に受講した法医学の教授が主張していました。

 

息を吹いてアルコールが検出されなければ、エンジンが始動しない仕組みの自動車。これは、現在の技術でも十分実現可能らしいです。従来の車に取り付けるのにどれくらいお金がかかるのかはわかりませんが、飲酒運転による損失を考えると強制してもいいかもしれません。自動車の場合、車検があるんですから、装置を普及させることは割と簡単です。そこまで実現可能性が低い話でもないと思うんですが、どうでしょうか?

 

ドライバーとしては、エンジンをかけるたびに息を吐くってのは面倒ではありますが…自動車業界が反発するかな…?

 

記事引用

今週、北海道小樽市で発生した飲酒運転によるひき逃げ事故によって女性4人が死傷するという痛ましい事故が発生した。これまでにも飲酒運転による交通死亡事故は幾度となく起こってきたが、事故が発生する度に飲酒運転の厳罰化が行われてきたことは周知の通りだ。しかし、その甲斐なく何度も何度もこのての事故は繰り返されてきた。

 今回の事故を巡っても、結果的には更なる厳罰化が為されるのかもしれないが、はっきり言うと、これ以上の厳罰化を行ってもあまり効果は望めないような気がする。
 現状でも、飲酒運転の罰金は50万円(酒気帯び運転)、100万円(酒酔い運転)単位なので、一般のドライバーは飲酒運転には充分に注意しており、実際に多くの飲酒運転の歯止めになっていることは間違いない。これが、罰金500万円、1000万円になったからといって、更なる飲酒運転の防止に繋がるのかというと、疑わしいと思う。

 では、なぜ法律を厳罰化しても飲酒運転は無くならないのか? その単純な答えを以下に述べよう。

■酔っぱらいに「飲んだら乗るな」は通じるか?

 よく、「飲んだら乗るな」というスローガンを耳にする。一見、もっともらしい言葉だが、この言葉を聞いて、あなたは何も疑問を感じないだろうか?

 「飲んだら乗るな」、確かにそれはその通りであり疑問を挟み込む余地が無い正論に聞こえる。しかし、その言葉が機能するには条件がいる。それは理性が機能している場合に限られるということである。
 素面(しらふ)の人間が、「罰金50万円」などと聞くと、「そんなリスクはとても冒せない」と考える。しかし、泥酔(酩酊)して理性が麻痺状態にある酔っぱらいには、「飲んだら乗るな」という言葉は通用しない。このことは、記憶を失うまでお酒を飲んだことがある人なら、よく解るのではないかと思う。
 
 法律とは理性が存在して初めて機能する代物なので、理性を失っている人間相手には機能しない。飲酒運転問題には、実はそういう盲点が存在しているのである。

 最近は「脱法ドラ○グ」による暴走事故というものも問題視されているが、実はこれも同じで、理性が麻痺状態にあるという意味では、酔っぱらい運転とほとんど大差がない。理性的に物事の善し悪しを判断できない状態に陥った人間には、法律は全く機能しないということは「脱法ドラグ」事件を見てもよく分かる。この場合も、「吸ったら乗るな」という言葉が通用しないことは言うまでもない。

 つまり、根本的な事故の発生原因は法律の脆弱化に有るわけではなく、個人のモラルによるところが大きいということである。いくら法律を厳罰化したところで、理性を失うまで飲んでしまうというような行為が無くならない限り、飲酒運転は無くならないし、飲酒運転を原因とした交通事故も無くならない。

■「飲んだら乗るな」ではなく「酔う(泥酔する)なら飲むな」

 世の中にはアルコールに強い人もいれば、弱い人もおり、その個人差には大きな違いがあるが、アルコールを飲むとすぐに酔っぱらってしまうような人は、自らの限界というものを知り、正気を失うまで飲まないように自ら注意する必要がある。その自己管理ができていないと、理性が麻痺して我を忘れ、自分自身が何をしているかも分からず記憶も残っていないというような泥酔(酩酊)状態に陥り、気が付いた時(正気に戻った時)にはトンデモない事件や事故を起こし、後悔しても後の祭りということになってしまう。

 最近でも静岡地検の検事正が酔っぱらって破廉恥なセクハラ行為を行い更迭されるという事件があったばかりだが、あれも基本は同じである。「法の番人」とも言える人物であろうとも、理性が麻痺してしまえば、法律が通じなくなってしまう。「法律は理性が無ければ機能しない」という格好のケース・スタディだとも言える。
 
 少し話は違うが、ベネッセの顧客情報漏れ事件にしても、根本的な問題は雇用制度や法律にあるわけではない。当初は「派遣社員だから事件が起こった」というようなデタラメな妄論が飛び交っていたが、実際は、賭け事を理由とした借金で首が回らなくなり犯行に及んだというのが真相だった。「派遣社員に顧客情報を扱わせるな」とか「派遣社員は給料が安いから犯行に及んだ」というような意見は、全くの的外れだったわけだ。

 正社員であっても借金苦を理由として犯行に及ぶことはあるだろうし、正社員だからといって職場に何の不満もないというようなことは有り得ない。この事件に「派遣社員」という言葉を結び付けること自体が極めて短絡的であり幼稚な議論というしかない。この事件の場合は、借金するまで賭け事にのめり込んでしまったという個人的な問題であることは疑いの余地がない。事件の本質は結局のところ、個人のモラルの問題なのだ。

 1人のモラルを欠いた人物の理性なき事件をとらえて、その他多くのモラル有る人間を十把一絡げで取り扱うのは愚かな行為である。それは全ての人間をモラル無き人物ととらえているに等しい。
 厳罰化を行って国民全体のモラル向上に役立つのであれば良いのだが、残念ながらそう簡単にはいかない。「飲んだら乗るな」「飲んだら罰金だ」ではなく、「泥酔するまで飲んではいけない」という当たり前のモラルある社会にすることの方が重要だと言える。

 それができないということであれば、「酔っぱらいには運転できない車」でも作ることを考えた方が良いもしれない。

 

via: 飲酒運転(酔っぱらい)を法律で縛ろうとする愚かさ: 生きた経済ブログ

 

関連記事

 

a4952a9873bb20def23b0de5e9cad341 飲酒運転を無くしたいなら酔っぱらいは運転出来ない車を作ろう 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (7)
    • ななっしー
    • 2014年 8月 04日

    同乗者なり他人なりに息吹いてもらえばいいんじゃね。
    バッカジャネ

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    同乗者が飲んでないならそいつが運転するだろ。
    というか、一緒にいるなら飲んでるだろそいつも。
    バッカジャネ

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    同乗者が飲んでないならそいつが運転するだろ。
    というか、一緒にいるならほぼ飲んでるだろそいつも。
    バッカジャネ

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    一人で飲んで運転する場合は防げるだろ
    バッカジャネ

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    こんな安はずっと前からある
    なのに実用化されてないってことは何かしら壁があるってすぐ分かりそうなものだが

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 07日

    はぁ????
    宗教上、体質上、飲めない人間にもそのコストを負担させる根性が飲酒脳だよ‼︎‼︎

    • 青柳 克守
    • 2014年 8月 31日

    私は常に飲酒運転手が椅子に座りハンドルを握ったらエンジンを掛けようとしても掛からない車は簡単にできると思っている 。それをしないのは車業界「製作所、教習所 車検所 警察関係 まだまだいくらでも出てくる 要は居酒屋じゃないが日銭が入ってこないからだ?最近では幾らでも安全車だとか 低燃費車などと購買者によだれの出るような車を作り大いに宣伝しているではないか 政界とも癒着があるのではないかとも考えさせられる。
    加害者「酔っぱらい運転車」をけっしてホロ-する訳ではないが彼らも車業界の被害者に過ぎないと思う

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る