2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「引用」でブログコンテンツのボリュームを簡単に増やす

引用を活用する方法

これまでオリジナル性の高い記事の作り方を紹介してきました…が、完全オリジナルで記事を量産するってのは慣れが必要ですし、そうそう簡単なことではありません。

 

根性論ばかりを説いてもしょうがないので、今回は「引用」を活用して比較的楽してコンテンツのボリュームを増やす方法を紹介します。



まず、引用について

まず、引用について確認を…(詳しくは、以下の記事を参照)

 

 「引用」でブログコンテンツのボリュームを簡単に増やす ネット上で記事を書く際に留意する法律②著作権法 「引用」のルールについて | キジトラ速報

 

「引用」は、合法的な無断転載のことです。著作権者が転載NGと主張しても、著作権法に定められた引用ルールを守っていれば、自由に無断転載することができます。大雑把に引用ルールを紹介すると…

 

  • 1.出所の明示(どこのサイトから引用してきたのか)
  • 2.引用部分を明確に(かっこで括るなど)
  • 3.引用の分量と主従関係・必然性

 

主従関係が大事

特に3が大事です。引用の目的上正当な範囲と言えるかどうか…オリジナルコンテンツが「メイン」で、引用文は「サブ」といえるかどうか、その引用に必然性はあるのか、などを考慮しなければなりません。 簡単にいえば、記事の流れ的に必要なら、合理的で必要な範囲内で記事をコピペしてきてもOKってことです。

 

上記のルールを守っていれば、マンガのコマなども引用することができます(ゴー宣を批評するために、マンガのコマを引用してくるなんてのもおk)。ただ、絵が欲しいってだけの理由でマンガなどを持ってくるのはアウトかなぁ。TVのキャプチャーなども引用と認められない可能性が高いみたいです。

 

引用を使えるシチュエーション

一般ブログを見ていると、引用を使っている人が多いのに気付くはずです。ブロゴスで紹介されているブログなんかは、引用のオンパレード。引用していない記事の方が少ないほどです。

 

引用すると楽にボリュームを増やすことができますし、知識や主張などを簡単にリライトすることなく紹介することができます。引用を使えるシチュエーションを紹介すると…

 

  • ・用語の定義をWikipediaや辞書から拝借
  • ・人の意見、主張をブログからもってくる
  • ・事件の詳細などについてニュースサイトから引用

 

などなど…(実際には引用ルールを満たさないだろうなってケースでも割と引用されています。この辺は、空気を読むことが大事です。著作権者が文句を言わないような「引用らしい引用」をすること。)

 

わざわざコピペしてデザインを整えるのも面倒…そんな方は、ブラウザのお気に入りに入れておいてクリックするだけで一瞬で引用タグを作ることができる「ブックマークレット」を活用するといいでしょう。キジトラ速報でも活用しています。

 

 「引用」でブログコンテンツのボリュームを簡単に増やす [ブックマークレット] コレ抜きではブログ書けねェ!! ブロガーにオススメの厳選ブックマークレット!! | ヨッセンス

 

文字数は多い方がいい

ちなみに、オリジナルコンテンツじゃなくて引用・転載であっても、記事の分量・ボリュームは多ければ多い方が評価が高い傾向にあります。2ちゃんまとめサイトでも、抽出レスは多い方がSEO的に強い。オリジナル記事で1000文字書くのは大変ですが、「引用」なら2000~3000文字もあっという間に…できるだけ引用をするようにして、ボリュームを増やすってのもSEOのコツなんですっ。

 

関連記事

 

3b61c966c812fd61ee56d86871376f0b 「引用」でブログコンテンツのボリュームを簡単に増やす




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る