2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

自民党石破茂氏「集団的自衛権とナショナリズムではなくリアリズム」 

石破茂氏が語る集団的自衛権

自民党幹事長で衆議院議員の石破茂氏が、集団的自衛権に反対する意見に対して再反論しています。

 

石破氏は、自民党の中でも…いや、国会議員の中でも防衛などに関する知識がズバ抜けています(正しいかどうかは置いといて)。集団的自衛権に関しても、本を一冊出してしまうほどに力を注いでいる人です。

 

安倍首相は、集団的自衛権や法律などに関する理解が十分とはいえない部分がありますから、割と簡単に反論できてしまいますが、本当に集団的自衛権に反対しようとするのであれば、石破氏の発言・反論を論破する必要があります。 割と長文のインタビュー記事で、読むのも厄介ではありますが、気になった点をいくつかピックアップして、論考してみたいと思います。



集団的自衛権の行使が許されないという現行の憲法解釈自体おかしい

その前に、集団的自衛権行使に関する私の立場を軽く述べておきます。 「現行の憲法9条のもとで、集団的自衛権行使容認という解釈をすることは十分可能。だけど、これまでの政府が維持してきた憲法解釈を変えるにはそれなりの理由が必要。理由がないのなら、改憲という方向で責めるのがスジ。」

 

石破氏は、防衛大学校名誉教授の佐瀬昌盛氏の見解を引用して、「集団的自衛権の行使が許されないという現行の憲法解釈自体が間違っている。間違った解釈を正すだけなら、憲法改正手続きによらなくてもいいはずだ」という論理を主張しています。

 

この論理自体、わたしは同意。あえて反論しようとするのであれば、憲法制定当時、集団的自衛権という概念は想定されていなかった云々だとか、9条は○○という内容だから集団的自衛権を含まないのは明白だ、とような論理を組み立てて反論する必要があります。

 

ナショナリズムではなくリアリズム

石破氏は、「集団的自衛権とナショナリズムを結び付けて批判するような見解」に対して、ナショナリズムとは全く無関係・リアリズムに過ぎないと反論しています。

 

この部分は、ちょっと論点のすり替えというか、「わら人形論法」のような気がしないでもない。集団的自衛権容認に向けた動きだけをとらえてナショナリズムと批判しているわけではなく、軍事力を増強している安倍・自民政権全体の動きに対して批判しているってのが実情じゃないかと思っています。

 

わたし自身は、「ナショナリズムで何が悪い」とすら思っている部分があります。自衛力を増強する動き自体は、結構賛成です。ただ、通すべきスジがとおっていない現状がちょっともどかしい。結論が正しくても過程や手続が正しくなければ正当性は主張できない。

 

記事引用

ブロゴス:「集団的自衛権はナショナリズムではなくリアリズム」 – 衆議院議員・自由民主党幹事長 石破茂 から

 

−一部マスコミは、集団的自衛権の行使に向けた政府・自民党の動きを「右傾化」や「ナショナリズム」の脈絡で批判しています。

 

石破 かつて江藤淳氏は、「保守主義にイデオロギーはありません。イデオロギーがない?これが実は保守主義の要諦なのです」と書きました(『保守とはなにか』文藝春秋)。皇室を敬い、家族や地域共同体を大切にし、歴史と伝統文化を守る。それが本来の保守でしょう。それと集団的自衛権の問題は、なんら関係がありません。

 

集団的自衛権をナショナリズムと結びつけるのは「国連憲章」をきちんと理解していない証拠です。集団的自衛権は、国連憲章によって「固有の権利」と規定されたものです。国連は、国際紛争を個別の国家間の戦争ではなく、国連加盟国全体で解決するという集団的安全保障の精神で作られています。

 

しかし一方で、憲章は安保理の常任理事国に拒否権を与えました。拒否権が行使されれば、国連は紛争に介入できす、集団安全保障体制は機能しません。だから中南米諸国などが「われわれ小国はどうなってしまうのか」と不安の声を上げたのです。

 

そこで集団的自衛権を規定した。そもそも集団的自衛権は、大国の横暴から小国が連携して自衛を図るための権利なのです。それを「侵略戦争」や「ナショナリズム」と結びつけるのは、かなり飛躍した発想ではないでしょうか。

 

関連記事

 

18d7b70d0d092ced4b3c777d434b8050 600x337 自民党石破茂氏「集団的自衛権とナショナリズムではなくリアリズム」 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る